花見2020年東京の開花状況!見頃の時期はいつからいつまで?

年明け早々、日本気象株式会社から2020年の開花桜開花予想が発表されました。

お花見スポットも「目黒川」「新宿御苑」「千鳥ヶ淵緑道」「上野恩賜公園」「代々木公園」と数々ありますが、今年のお花見東京都でのお花見の見頃の時期はいつからいつまでなのかを調べてみました。

スポンサーリンク

花見2020年東京の開花状況!今年も早まるのか

日本気象株式会社の開花予想によりますと東京の桜の開花は3月19日だそうです。

平年より7日早い開花予想となっており、毎年早咲きの記録を更新しているように感じますね。

全国的にみますと、東京以外の高知も3月19日の同日と予想されています。

私は桜を見ると、なぜかワクワクする質でございましてして、学生だった頃の思い出が蘇ってくるといいますか、社会人になりたての希望に満ちていた頃を思い出すといいますか…私のように感慨深い人は多いのではないでしょうか。

お花見は一年の節目も感じられる時期でもあり、一生、思い出に残る楽しいイベントだと思っていますので、開花予想は見逃さないようにしたいものですね。

こんな満開の桜が待ち遠しいです~♪

花見2020年東京の開花予想

満開(10分咲き)見頃の時期は?

満開は3月27日頃と予想されています。平年よりも3日早い予想です。

実は満開は八分咲きのことを言いまして10部咲きの見頃の時期は桜にも品種によって変わるのだすです。で、満開は開花からし5日後と言われています。

どうせお花見をするのであれば満開を狙ってやりたいものですよね。

おまけに今年はオリンピックが行われますので、かなり盛り上がるのではないかと思っています。

江戸時代東京都では隅田川堤や品川御殿山、王子飛鳥山に桜を植樹して、満開の桜を武家や町民、庶民も楽しんでいたそうです。
今も昔も変わらず、飲んで食べて大騒ぎをしていたのですねw

スポンサーリンク

桜が散るのはいつからいつまで?

桜は咲き始めて2週間程度で散ると言われておりますのでまで開花予想日の3月19日から2週間後の4月2日あたりが散る頃ではないかと予想されます。

老若男女の皆さん今年のお花見はオリンピックも行われこともあり盛大に計画を立てている方も多いと思います。

しっかり準備をして、くれぐれも近隣に迷惑をかけないように楽しみましょう!

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました