安倍晋三のSP警護は誰?会社名や人数と本部長問題発言の評判と反応

安倍晋三,SP,誰,警護,会社名,人数,本部長,問題,評判,反応

安倍晋三さんのSPや警護は誰なのか、会社名や人数と問題発言の評判と反応をご紹介!

元安倍総理が銃撃を受けた事件で警護していたSPが誰なのか人数や会社などが話題になっているようです。

というのも、奈良県警本部長が、警護に問題があったことは否定できないとコメントしたからです。

今回は、安倍晋三さんのSPや警護は誰なのか、会社名や人数と問題発言の評判と反応をまとめます。

現場には何人のSPと警護がいたの?画像と動画検証

2022年7月8日の午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説していた安倍晋三さんがが、左胸に2発手製の銃で銃撃されました。

奈良市消防局によると、安倍晋三さんは血を流して倒れ救急搬送されました。

取材していた記者によると、安倍晋三さんの後ろ側から銃声のような音がしたということで、気づけば、安倍氏の背後に立った男が銃のようなものを手にしていたそうです。

そして、破裂音がさらにもう一度鳴ったその後、安倍氏が倒れ、胸元から血が流れているのが見えたということです。

また、別の読売新聞の記者によると、安倍晋三さんが聴衆に囲まれて台の上で演説中に、銃のようなものを持った山上容疑者が後ろから近づき「ドーン」という大きな発砲音がして、安倍元首相がその場に倒れ込んだということです。

3m~5mくらいの至近距離から犯人は安倍晋三さんを撃ったようです。

目撃者によると、銃声のような音を3発鳴り「危ないので避難して」という声が聞こえ、画像にも写っていますが、周囲には煙が上がっていたそうです。

事件当初は、現場では警護していたSPが20人~30人ほどいて、撃った犯人は銃をその場に置き取り押さえられましたとされていました。

ところが、安倍晋三さんの警護はSP1名と奈良県警数名によって行われていたと報道されています。

警護人数の詳細については公式に発表されてないものの、現場の画像や動画からは奈良県警の私服の警察官20名ほどの警備員がいたとの情報もあります。

警視庁のSPが1人だけというのは少ないとの指摘もあり現総理と元総理の違いという説明が各報道でされています。

安倍晋三のSPと警護は誰?名前や画像は?

元安倍首相が誰なのか、現在のところは公開、特定されていません。

銃撃犯人の手足をSPもしくは、警護の4人で取り押さえているのこちらの動画ではよく分かります。

ただ、SP達もマスクをしていることや犯人と自身の顔も映らないように訓練されているようですね。

現場でマスク着用のため、SPや警護人の画像も不明となっており、名前なども公開されていません。

各続報でもSPや警備の人数は明確になっておらず現段階では、数十人の警備態勢だったと不透明な人数となっています。

噂になっているSPと警備を含めて30名くらいだったのでしょうか…

安倍晋三のSP警護の会社名は?

安倍晋三さんのSPの会社はどこなのでしょう。

調べてみたところ、安倍晋三さんを警護していたSPは、警視庁警護課の人物だそうです。

SPとは

セキュリティポリスの略称で、警視庁警備部警護課で、要人警護任務に専念する警察官のことを指します。

SP主に、首相や閣僚、国賓など要人の身辺警護などにあたっています。

SPは、首相や閣僚、国賓など要人の警護を行うため、エキスパートな知識や訓練を受けているとされています。

今回、安倍晋三さんのSPがイケメンという噂も広がっていますが、顔の良し悪しはSPの条件には関係ないことですね。

そんなことより、今回の安倍晋三さん銃撃事件では銃撃後の7月8日に警護についての指摘コメントがされています。

かつて警視庁の特殊部隊に所属し、元SPの伊藤鋼一氏も、非常に手薄だなと。見せる警備、見せない警備って2通りある。それがなされていないのではと思ったと指摘していました。

安倍晋三のSPや警護の問題発言

7月8日に奈良県警の鬼塚友章本部長が会見を行い「警護上の問題があったことは否定できない」と警護の問題について言及しています。

また後日、警察庁の中村格長官も記者会見を開きコメントを発表。

「警察としての責任を果たせなかった。極めて重く受け止めている。慚愧(ざんき)に堪えません」

引用元:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20220713/ddp/001/040/004000c

警察としての責任を果たせなかったこを反省しているという内容ですね。

安倍晋三さんが8日午前11時25分ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で銃撃された直後から動画や画像が拡散されています。

世間の目は事件の悲惨さとともに、警護をしてるSP達にも目が行きます。

現場に遭遇した人の証言でも安倍晋三さんの背後(後方)の警備が手薄ではないかとコメントされておりSPを含めた警備の問題がささやかれておりました。

そうした背景から奈良県警の鬼塚友章本部長が7月8日に警備について下記のようにコメントを発表しています。

 さらに当日の警護については、「このような重大な結果を招いたことについて、警護上の問題があったことは否定できないと考えている。警護員の能力なのか、早急に確認し、具体的な策の検討、見直しを行う必要がある」と述べました。

奈良県警の鬼塚友章本部長は、「このような重大な結果を招いたことについて、警護上の問題があったことは否定できないと考えている」とコメント。

警察庁の中村格長官は「警察としての責任を果たせなかった。極めて重く受け止めている。慚愧(ざんき)に堪えません」とコメント。

安倍晋三のSPや警護の評判と反応

安倍晋三さんのSPや警護の評判と反応をまとめておきます。

今回の安倍晋三さんの警護は手薄だったのではないかという人が多い。

さらに、背後の警備がしっかりできていれば2発目撃たせず止められたのでは?という評判や反応をしている人が多いです。

安倍晋三さんの護衛を強化すべきだったと…

また、1発目の銃声の後にSPや警護が安倍晋三さんと同じ方向を向いており、確保が遅れたのでは?という反応も多くありました。

平和ボケ?の日本だから…SPや警護の気が緩んでいたのでは?と手厳しい評判も多く見うけられます。

安倍晋三のSPや警護の評判と反応には、このような手厳しい内容が多いようです。

国葬が話題になってますけど、歴代首相は誰がいたのでしょうか…国葬された日本人一覧!歴代首相と国費(税金)負担額やメリット!

今回は、安倍晋三さんのSPは誰なのか、警護の会社名や人数と問題発言の評判と反応をについてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました