ADとYDの違いとは?アシスタントがヤングで効果と何が変わる?

ADとYDの違いとは?アシスタントがヤングで効果と何が変わる

AD(アシスタントディレクター)とYD(ヤングディレクター)の違いや、呼び名が変わることでどんな効果があるのか詳しくご紹介します!

テレビ局がADという呼び名を廃止してYDと改名しています。

昔から、何でも屋的な雰囲気のADという名がYDに変わることでどんな効果と何が変わるのでしょうか。

ADとYDの違いや、呼び名が変わることでどんな効果があるのか調べてみました。

テレビ局のADの仕事内容は?

まずは、テレビ局のADの仕事内容についてサクッとご紹介しておきましょう。

テレビ局のADの仕事内容

ちなみにADとは「Assistant Director」の略語です。

ADの仕事内容は、ひとことでいうと、「なんでもこなす雑用係」的な存在とされているようです。

もう少し細かく見てみると、ADの仕事内容うは以下のような大枠となります。

  • 番組を制作する際に重要な情報リサーチ
  • ロケ場所の提案
  •  編集フォロー
  • 収録準備

そして、ADが雑用係といわれるのは、下記のような隙間の作業も含まれているのです。

  •  取材先との関係を構築する
  • 新企画などの立案

もっと細かくいうと、番組ロケ先のリサーチをしたり、シミュレーション、さらにロケの準備やスタジオ収録のリハーサル、さらには収録の編集作業を行うことさえあります。

ADの仕事内容をザっとみるだけでも「雑用係」などといわれる理由がわかります…

しかし、テレビ番組を構成するうえでは、ADさんがいないと番組制作がスムーズにできないので、マルチな才能が必要とされる仕事なのです。

ADとYDの違いと効果

テレビ局がADの呼び名を変えてYDとなりますが、違いはなんなのでしょうか。

ADとYDの違いと効果

まずは、単純に正式名が違います。

AD→Assistant Director(アシスタントディレクター)

YD→Young Director(ヤングディレクター)

アシスタントからヤングに変わり、ちょっとイメージが若く?なりました?

で、仕事の内容の違いについて調べてみましたが、仕事内容的には違いはなくまったく同じことらしいです…

ただ呼び名を変えただけみたい…

ちなみに、海外ではYDという呼び名は一部ではヤングディレクター賞なるものがありますが、一般的な呼び名ではないみたいです。

日本発信のYD。今後はインターナショナルになっていくんでしょうか。

意欲ある若いスタッフを募集するには、適当な呼び名かもしれません。

ADがYDに変わった経緯

最後にADが廃止されYDに変更された経緯についてサクッとご紹介しておきましょう。

ADがYDに変わった経緯

テレビ局では昔から、権力があるのはプロデューサーで、下っ端がADといったイメージ。

ADの仕事ないようも多岐にわたるし、雑用係と称されるように忙しすぎて家にも帰れないこともあるとか…

寝泊まりの長時間労働は当たり前?で時には危ないことさえあると言われていて、テレビ関係でも敬遠されがちな職業みたい。

このような風潮は昔から言われているみたいで、長時間労働はさすがになくなったみたいだけど、こうした過酷なイメージが染みついたADの呼び名を変えようとしてるらしいです。

名前をYDに変えることで意識改革をすることが目的らしいです。

いざADが廃止されることで、ちょっぴり寂しい感じがするね。

昔のビデオやドラマのADという呼び名が懐かしくなる時代になりました。

YDなら知ってるけどADって何?って第〇世代な世の中になるんでしょうね。

今回は、ADとYDの違いや、呼び名が変わることでどんな効果があるのかについてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました