相棒の歴代相棒一覧!卒業理由と5代目寺脇康文の抜擢と評判も!

相棒,歴代相棒,一覧,卒業,理由,5代目,寺脇康文,抜擢,評判

相棒の歴代相棒一覧と、卒業理由や5代目寺脇康文さんの抜擢と評判をご紹介!

相棒の歴代相棒って誰だか忘れた…

ドラマ相棒の相棒も5代目と引き継がれることになりました。

いったい誰が5代目の亀山薫に抜擢されるか注目されてましたが、初代の寺脇康文さんに決定。

今回は、相棒の歴代相棒一覧と、卒業理由や5代目寺脇康文さんの抜擢と評判をまとめました。

相棒の歴代相棒一覧

相棒の歴代相棒一覧からまいりましょう。

相棒の歴代相棒一覧は以下のとおりです。

1代目相棒⇒「寺脇康文」亀山薫(かめやま かおる)役

2代目相棒⇒「及川光博」神戸尊 (かんべ たける)役

3代目相棒⇒「成宮寛」甲斐享(かい とおる)役

4代目相棒⇒「反町隆史」冠城亘(かぶらぎ わたる)役

5代目相棒⇒「寺脇康文」亀山薫(かめやま かおる)役

2000年6月からスタートした相棒は実に歴代相棒が5代目をむかえました。

歴代相棒の俳優名と期間や評判

相棒の歴代相棒1代目から5代目までの俳優名と期間や評判をまとめてご紹介します。

歴代相棒1代目「寺脇康文」亀山薫役

相棒の1代目相棒は、寺脇康文さん演じる、亀山薫役(かめやま かおる)です。

寺脇康文の相棒出演期間

相棒、寺脇康文さんが亀山薫役で出演していたのは、2000年6月~2008年12月の約8年間です。

相棒シリーズの相棒としては期間が一番長い出演となおり、相棒season1の第一話~season7の第9話まで出演しています。

寺脇康文の相棒卒業理由

歴代相の1代目は亀山薫は、ドラマ中にミスをして、責任を取らされる形で警察を辞職し、海外へ旅立つという急展開で卒業をむかえています。

あまりの急展開に、寺脇康文さんと水谷豊さんの不仲説まで噂され水谷豊さんに降板させられたのではないかととも言われておりました。

5代目が再度、寺脇康文さんに抜擢されたことから不仲説はなかったようですね。

海外でボランティア活動をするため、警視庁を退職して2代目相棒へとバトンタッチをしています。

寺脇康文の相棒の評判

歴代相棒1代目、寺脇康文さんの評判はこんな感じです。

伊丹刑事との掛け合いが最高という人の評判が多いですね。

母親世代にも超愛されている寺脇康文さんなのです。

トレードマークは緑のフライトジャケットで、誰にも左右されない一直線の熱血漢が一番の魅力です。

杉下右京との衝突も見せ場のひとつとなっていて、リアリティーあふれる人間模様が見るものを惹きつけます。

歴代相棒2代目「及川光博」神戸尊役

相棒の2代目相棒は、及川光博さん演じる、神戸尊役です。

及川光博の相棒出演期間

相棒、及川光博さんが神戸尊役で出演していたのは、2009年3月~2012年3月まで。

season7~9の約3年間を相棒を務めています。

歴代相棒の1代目とは趣がガラリと変わり、及川光博さん演じる相棒2代目は神戸尊。

及川光博の相棒卒業理由

及川光博さんの相棒卒業理由もさまざまな憶測が流れてました。

ドラマとは関係ないのですが、及川光博さんが奥さん以外の女性とデートをしたことが報じられています。

その直後に相棒からの卒業が決まったことから、水谷豊さんの逆鱗に触れたと言う噂もあるようです。

及川光博の相棒の評判

神戸尊は、実は杉下右京の監視役として配属された謎の人物設定。

徐々に杉下右京の信頼を得ていく姿や、対立する姿勢に見事がありました。

及川光博さんの歴代相棒も、人気がありましたね~。

及川光博さんの相棒は、なんといってもインテリ感が良いという評判が多いです。

神戸尊と杉下右京の絶妙な距離感のバランスが良いいう評判が多かったです。

歴代相棒3代目「成宮寛」甲斐享役

相棒の1代目相棒は、成宮寛さん演じる、甲斐享役です。

成宮寛の相棒出演期間

相棒、成宮寛さんが貴甲斐享役で出演していたのは、2012年10月~2015年3月の約3年間です。

甲斐享がダークナイトという正義を守る悪役を演じており、最後は逮捕されるという衝撃の歴代相棒卒業の仕方でした。

season11からseason13まで出演で、最終回はスペシャル版として放送され、平均視聴率20.3%をたたき出しています。

成宮寛の相棒卒業理由

ドラマの中では、甲斐享はがダークナイトと呼ばれる正義を守る悪党を演じていて、最後は上司の杉下右京逮捕されるという驚愕の結末でした。

いっぽうで、私生活はというと、もともと、水谷豊さんは成宮寛さんを気に入っていたそうです。

ところが成宮寛さん、薬物使用疑惑報道で芸能界を引退し、正義の味方である甲斐享とは本末転倒な事態も起きて残念だったことでしょう。

成宮寛の相棒の評判

成宮寛さん演じる甲斐享は旅先で出会い、杉下右京から引き抜かれて特命係に配属されます。

父親は警察官僚の甲斐峯秋で、東大以外は大学ではないという偏ったエリート意識を持つ人格設定。

甲斐享の真っすぐな正義感が人気がありましたね。

歴代相棒としては、一番年齢も若くフレッシュな相棒として好きという評判も多かったです。

歴代相棒4代目「反町隆史」冠城亘役

相棒の4代目相棒は、反町隆史さん演じる、冠城亘(かぶらぎ わたる)役です。

漢字が読めない…

反町隆史の相棒出演期間

相棒、反町隆史さんが冠城亘役で出演していたのは、2015年10月~2022年3月の約7年間歴代相棒として活躍しています。

seasonでいうと14~20で、歴代相棒としては反町隆史さんが歴代最多となる出演回数となっています。

反町隆史の相棒卒業理由

反町隆史さんも歴代相棒は7年と長いですね。

歴代相棒としては安定した人気を誇ってましたが、自ら相棒卒業を切り出したそうです。

水谷豊さんも「分かった」と一言だけ言ったそうです…

卒業理由は、マンネリ化で役のイメージが強くつことを払拭したかったのではないかと噂されていますが、俳優アルアルですね。

反町隆史の相棒の評判

反町隆史さん演じる冠城亘は法務省のキャリア官僚出身で、歴代相棒の中では唯一警察官の経歴を持たない経歴設定。

つかみ所のない性格で、上司の杉下右京にも物怖じしない態度が印象的な役どころで頭脳明晰で捜査能力も優秀。

杉下右京からも信頼される存在だった冠城亘で有名ですね。

評判を見ても、こんな感じで圧倒的人気があります。

反町隆史さんの相棒は安定感のある評判が多いですね。

歴代相棒5代目、寺脇康文の抜擢理由

なんと歴代相棒5代目は、寺脇康文演じる亀山薫がカムバックです!

亀山薫ファンは熱狂。

フライトジャケットは健在なのか!?気になる~。

寺脇康文さんが、初代歴代相棒を卒業するさいには、水谷豊さんとの不仲説も噂されてましたが、この5代目相棒が決まって、不仲ではなかったことが判明しました。

それどころか、水谷豊さんは当時寺脇康文さんに独り立ちをしてほしくて卒業を促していたこともわかりました。

関係者によると、水谷豊さんは今年で70歳を迎えて原点回帰をしたということらしいです。

水谷豊さんも、亀山くんが帰ってくると喜んでいるそうですので、成長した歴代相棒5代目の活躍が楽しみですね。

今回は、相棒の歴代相棒一覧と、卒業理由や5代目寺脇康文さんの抜擢と評判をお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました