アイネ婚って何?結婚したいならアイネクライネナハトムジーク観るべし

アイネ婚!って令和元年しょっぱなの結婚ミステリー?いやいや、良縁を呼ぶ縁結び映画の誕生ですよ。(笑)

これは映画「アイネクライネナハトムジーク」のことですが、共演者が相次いで結婚したことで「アイネ婚」と呼ぶわけです。

そのアイネ婚にあやかれたアイネクライネナハトムジークの共演者は「矢本悠馬さん」「貫地谷しほりさん」そして「多部未華子」の三名です。今のところ(^^)

三名のご利益者を時系列に並べて簡単にご紹介してみます。

スポンサーリンク

アイネ婚、ご利益者其の1:矢本悠馬さん

令和元年1月27日に結婚発表。

公式サイトと自身のSNSで結婚を発表していますね。

「私事ではございますが、本日1月27日、かねてよりお付き合いさせて頂いておりました方と結婚を致しましたので、ご報告させて頂きます」
「そして、同時に新しい命を授かることとなり、大切な家族がひとりふえる事になります」

と、どさくさ紛れに妊娠まで発表したのでした。

完成披露舞台挨拶で「結婚とか家族とか楽しそうだなという発想になって、今年結婚したんだと思います。とてもいい影響を得た作品になりました。」とご利益じみたことを言っていたのが印象的です。
アイネ婚,結婚,アイネクライネナハトムジーク

アイネ婚、ご利益者其の2:貫地谷しほりさん

令和元年9月24日に結婚発表。

所属事務所を通じて次のようにコメントしています。

「家族以外で初めて、どんな時でも私の味方でいてくれる、そんな安心感を与えてくれる人と出会いました」
「彼と自然な時間を重ねていく中で、これからの人生に対して更なる夢を持てるようになり、自分の置かれた環境や日常への感謝の気持ちが生まれました。」
「まだまだ未熟な私たちですが、このご縁を大切に、お互いを高め合い、更に精進していきたいと思っております。」

これまたご利益的なメッセージだと思いませんか?え、思わない?ま、それはそれとして次行きます(笑)

スポンサーリンク

アイネ婚、ご利益者其の3:多部未華子さん

令和元年10月1日に結婚発表。

モデルプレスのFAXでより次のようにコメントしています。

「私事ではございますが、私多部未華子は、かねてよりお付き合いしておりました写真家の熊田貴樹さんと結婚いたしましたことをご報告させていただきます」
「今日に至るまで公私共に沢山の方々に支えていただきましたことを、心より感謝しております。これからも温かく見守っていただけましたら幸いです」
「今後とも変わらぬご指導ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」

皆さん仕事も続けられる様子ですし、全てがハッピー!いやーご利益、ご利益!

さてさて、アイネクライネナハトムジークから始まったアイネ婚、見過ごす訳にはいきませんね。
芸能人だけでなく、我々一般大衆の人でもご利益があると考えたくもなりますよね。

今後は令和を代表する縁結びの映画として歴史に残るかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

「アイネクライネナハトムジーク」井坂幸太郎と斉藤和義の絆が生んだ恋愛小説集を映画化

肝心のご利益映画のご紹介です。
現在も放映中ですよ。

公開日・キャスト、その他基本情報
公開日 2019年9月20日
キャスト 監督:今泉力哉
原作:伊坂幸太郎
音楽:斉藤和義
出演:三浦春馬 多部未華子 矢本悠馬 森絵梨佳 貫地谷しほり 原田泰造
配給 ギャガ
制作国 日本(2019)
上映時間 119分
公式サイト https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

こちらが公式ページの予告編です。

【公式】『アイネクライネナハトムジーク』9.20(金)公開/本予告

インフォメーション

ベストセラー作家・伊坂幸太郎による小説を、三浦春馬と多部未華子の共演、「愛がなんだ」の今泉力哉監督のメガホンで映画化した恋愛群像劇。仙台駅前で街頭アンケートを集めていた会社員の佐藤は、ふとしたきっかけでアンケートに応えてくれた女性・紗季と出会い、付き合うようになる。そして10年後、佐藤は意を決して紗季にプロポーズするが……。佐藤と紗季を中心に、美人の同級生・由美と結婚し幸せな家庭を築いている佐藤の親友・一真や、妻子に逃げられて途方にくれる佐藤の上司・藤間、由美の友人で声しか知らない男に恋する美容師の美奈子など周囲の人々を交えながら、不器用でも愛すべき人々のめぐり合いの連鎖を10年の歳月にわたって描き出す。映画の中でもキーとなる主題歌「小さな夜」と劇中音楽を、シンガーソングライターの斉藤和義が担当した。

ストーリー

仙台駅前。大型ビジョンを望むペデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに人々が沸いていた。そんな中、訳あって街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の本間紗季(多部未華子)と目が合い、思いきって声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出す佐藤に紗季は微笑む。
元々劇的な〈出会い〉を待つだけだった佐藤に、大学時代からの友人・織田一真(矢本悠馬)は上から目線で〈出会い〉の極意を説く。彼は同級生の由美(森絵梨佳)と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている。変わり者ながらも分不相応な美人妻と出会えた一真には不思議な説得力がある。佐藤は職場の上司・藤間(原田泰造)にも〈出会い〉について相談してみるが、藤間は愛する妻と娘に出て行かれたばかりで、途方にくれていた。一方、佐藤と同じく〈出会い〉のない毎日を送っていた由美の友人・美奈子(貫地谷しほり)は、美容室の常連客・香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めていた。
10年後―。織田家の長女・美緒(恒松祐里)は高校生になり、同級生の和人(萩原利久)や亜美子(八木優希)と共にいつもの毎日を送っている。そして佐藤は、付き合い始めて10年になる紗季に、意を決してプロポーズをするが…。 果たして佐藤と紗季の〈出会い〉は幸せな結末にたどり着けるのか。美奈子の恋は、藤間の人生は―。思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす。

さあ、ご利益に、たんとあずかりたい方は是非ご覧あれー♡

タイトルとURLをコピーしました