三吉彩花の脚が長い!美脚を保つ禁断のトレーニング法が超過激!

三吉彩花さんの脚って超長くてキレイだと思いませんか?

脚が長いことでも有名な三吉彩花さんですが美脚を保つために何かトレーニングをしているのでしょうか?

今回は三吉彩花さんの脚の長さと美脚を保つためのトレーニング方法を調査しました。

スポンサーリンク

三吉彩花の脚が長い!美脚作りはどんなトレーニングをしてるの?

三吉彩花さんは身長171cm、体重49kg、 股下は驚きの85cmだそうです!信じられないほどの脚の長さの持ち主です。おまけに美脚!

小学1年生のモデルデビューの頃から「正座禁止」をしない生活を徹底していたそうです。私も子供の頃から、そういう生活をしていたら今頃は美脚だったのかなぁ、などとタラレバ妄想をしています…

また、食事も動物性食品をいっさい口にしない「ヴィーガン」に変えたり、サラシア茶を飲んだりと美に対する姿勢は美を作るためのものか、作られた美を維持するものなのか、それとも両方なのか、いずれにしても美意識が半端ない感じです。

今回はその中でも脚に注目をして話を進めていきます。

人間誰しも太れば、上から下まで満遍なくサイズアップしていくわけですが三吉彩花さんも食べるのが大好きなので、撮影のロケとかでたくさん食べるシーンがある前日とかは必ずトレーニングを行うそうです。

腹筋運動やストレッチをよくやっているそうですが、それ以外にもキックボクシングをやられているそうです。

そうです女性なのにキックボクシングです!見てくださいこの脚の長いこと!股下は私のウェストあたりだと思われます。羨ましすぎです。

三吉彩花

このキックボクシングが脚の長さと美脚を保つ秘策だと私は思ってるのです。

三吉彩花の脚が長くて美脚の秘密はキックボクシング?

撮影のロケとかで、たくさん食べるシーンがある前日とかに必ず行うキックボクシングのトレーニング。正直ストイックすぎだと思いますが、あれほどの長く美しい脚を身につけたら誰しも保ちたくなるのが自然でしょう。

あいにくトレーニングシーンの画像はありませんが ニュースに乗っていた画像がありました。

これを見て私は瞬時に「こいつできる!」と思いました。なぜなら、実は私は少林寺拳法三段位なのでハイキックについては少々詳しいからです。

まず右手の振り下げた腕の形ですが、これはキックボクシングをやる上で一番重要な動作で、蹴る力が最大化するように上半身を反対にひねる動作になります。

笑顔でキックをしていますが、なかなかの破壊力だと思いますよ。

そして私が感心したのは左手の位置です。

通常キックを経験したことのない人がやると、左手は絶対に顎のあたりには位置しません。

なぜなら、あそこにない方が蹴りやすいからなのですが、キックボクシングというのは攻撃と防御を同時に行いますので、必ず左手を降り上げて(ガードを上げて)防御している体勢になります。

一度やってみるとわかるのですが、左手をあの位置に置いておきながら右脚にパワーを伝えるのは相当、腹筋や背筋、腹斜筋が強くない限りできない芸当です。非常に美しい形で様になって見えるのは、本物の格闘家と同じレベルの姿勢になっているからです。

さらに、この蹴りを笑顔でやってのけるということは三吉彩花さんは、かなりの使い手です。

超脚が長くて素敵だなって思いますが、正直この蹴りはくらいたくないですw

スポンサーリンク

キックボクシングの美脚と運動効果!あなたも脚が長くなるかもw

キックボクシングもあまり過度にやると筋肉がついてしまいますが適度に行えばかなり美脚になるトレーニングだと思います。ただ、相当ハードなので、それなりの覚悟が必要です。

キックボクシングは蹴るだけではありません。パンチも繰り出すために全身運動となります。ひとつのトレーニング方法で効果的に全身運動ができますので、キックボクシングはダイエットにも体型維持にも、とても良い方法だと思います。

さらにキックボクシングはパンチやキックを打ち続けることで、有酸素運動にもなりますので効果も抜群に期待できます。ダラダラやらなければの話しですがw

心肺機能も上がり、めぐりがよくなり脂肪が燃焼されやすくなるため効果は絶大でしょうね。

テレビとかではキックボクシングって、あまり目にすることはありませんが、例えばボクサーなんかにしても、かなり締まった体をしていますよね。ボテボテしたボクサーって見たことありませんし。

あの脚の長い美脚をキックボクシングでトレーニングをしながら保っているのかと思うと感心する反面、末恐ろしいですw

ちらっと三吉彩花さんのトレーニングウェア姿のウエスト部分の画像を見ましたが、やはり腹筋が割れていました。半端ないです。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました