カイヤの年収は?収入アップと高額ギャラの秘策は離婚後のアレだったw

カイヤさんの年収(収入)は?全盛期の高額なギャラの稼ぎも離婚騒動で減少して今後はどうなるのでしょうか?

川崎麻世さんカイヤさんと離婚しましたが、今までの年収(収入)やギャラも気になります。

離婚したことで今後のカイヤさんの年収やギャラの稼ぎはどう変化するのでしょうか?

スポンサーリンク

カイヤのファッションモデル時代は超人気で年収(収入)が凄かった?

カイヤさんは1962年5月25日、アメリカはイリノイ州のお生まれで1983年頃から「キャロリン・ハイガー」という名でファッションモデルとしてアメリカやイタリア、フランス、ドイツ、日本などで大活躍をしていた売れっ子モデルでした。

高齢となった今でもモデルのオーラがプンプンのこってますw

1990年に川崎麻世さんと結婚をして「川崎至恩さん」と「川崎恵斗さん」のお二人のお子さんがいらっしゃいます。

川崎麻世さんと結婚してからはバラエティー番組にもちょくちょく顔をだすようになり「鬼嫁キャラ」ぶりがウケてカイヤさんに鬼のイメージを定着させることになります。当時の鬼っぷりは超面白かったですけどw ご本人はテレビ用と釈明をしておりますが、どうだか…

その後、に川崎麻世さんと斉藤由貴との不倫が発覚してカイヤさんの鬼の逆鱗にふれ結婚生活に亀裂が生じてまいります。その後も川崎麻世さんの浮気癖はなおることはありませんでしたのでカイヤさんの鬼っぷりは、益々か激似なる一方でした…

私は以前、別居中の川崎麻世さんが住んでいたマンションの近くに住んでいたことがありますが、その頃からカイヤさんとは離婚騒動で揉めていたので、かなり長きに渡ってもめていたのですね。別居生活から離婚まで16年だそうです。長すぎませんか!と。

モデル時代の年収(収入)ですが明らかにはされてはいませんがフリーランスの有名モデル年収は1000万円ほどだと言われていますので、少なくともこれ以上の収入だったと予想することができます。

まさに鬼の形相?…麻世さんのせいです!本当はお綺麗なのに…

カイヤの年収は?収入アップと高額ギャラの秘策は離婚後のアレだったw

カイヤの人気が落ちた頃から最近の年収(収入)は?ギャラは高額?

カイヤさんがモデルを辞めたばかりの頃は、とても人気があり、バラエティの仕事も多かったので、モデル時代よりも年収やギャラの収入は多く推定3000万円ほどだったといわれています。

しかし、あまりの鬼嫁っぷりに世間の視線も冷ややかなものと変わってきて、徐々に人気が下がってきてしまいます。芸能人夫婦でもお互いに稼いでいることが多いのですが、カイヤさんの場合は悪い鬼のレッテルを貼られてしまったようで、収入は激減することになります。

推定3000万円からどれほど少なくなったのかは未だに不明ですが半分以下かそれ以下かも知れません。

ちなみに、川崎麻世さんも同様に世間の風当たりが強くなり収入が激減して年収(収入)は1000円から400万円台と激減したと言われています。

夫婦仲が悪くなって収入やギャラが減ってしまう典型的な例だと思いますが、400万円といったら普通にサラリーマンの方が上回っているかもしれません…

モデル時代は、とてもお綺麗で人気があったというのに、不倫騒ぎからは鬼全開…人気もガタ落ち…芸能界っていうのは人気商売ですので、人気ががた落ちになると収入もガタ落ちになるのが常です。

スポンサーリンク

離婚をしてからのカイヤの年収(収入)は?ギャラアップの秘策とは

さてさて、気になるのは離婚をしてからのカイヤさんの年収です。

私はカイヤさんは「鬼」の冠を博したまま、お二人の子供を持つ「ママタレ」として挽回した後に「お笑い芸人」に転身した方が良いと思っています。そもそも元はといえば川崎麻世さんの浮気癖のおかげで鬼に変貌してしまったのですから…

「麻世さんをハイヒールで頭を殴ったら流血…」

「麻世さんを自分の車でひきそうになった…」

「いつか殺されると思った」

などといった、笑えないような笑えるような…嘘のような本当の話の張本人であります…展開されております。

ゆえに、この他にも口には出せなかったエピソードが山ほどあるはずですので、苦しかった頃の涙を笑いに変えてみてはいかがでしょうか?

離婚をしてしまえば後の祭り。身から出た錆である「鬼嫁」を芸の肥やしとして恐怖のエピソードをネタにしたら、かなり人気が出るのではないかと勝手に思っています。

テレビがダメなら YouTube という手もありますので是非年収(収入)アップ、ギャラアップに活かしてみてはいかがでしょうか。

この離婚がカイヤさんの年収や収入にどう響いてくるかは、今後の活躍にかかっていますので、期待したいところです。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました