ウォーキングで高齢者が注意すること!コレを知らないと危険!

高齢者の人がウォーキングするために注意したいことがあります。

快適にウォーキングしたい方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

高齢者が快適にウォーキングために注意すること!コレを知らないと危険!

体調不良のときには無理をしない

当然と言えば当然のことですね、何事も無理は禁物です。

膝や腰の具合が悪かったり、身体に異常が感じられるときには決して無理をしないで見送るようにしましょう。

無理をして歩いて体調を崩してしまっては、健康のために楽しくウォーキングつもりが本末転倒です。

もし外科的・内科的な疾患で病院に掛かっているのであれば、主治医の先生に歩いても大丈夫かを、相談することも忘れないでくださいね。

高齢者が快適にウォーキングために注意すること

暗い時間帯はNG

暗い夜道や早朝のお日様が出ていない暗い時間帯は、交通事故や防犯上、危険に遭遇する可能性が高まりますので、なるべく避けたほうが良いでしょう。

私は夏場は早朝にウォーキングをすることがありますが空が明るくなってからウォーキングようにしています。夏場の早朝は涼しくて気持ちが良いですよね。

夏の暑さ対策

地球温暖化だからなのでしょうか、近年、酷暑と言う表現がピッタリな日が多くなってきたように思えます。

熱中症にならないように小まめに水分を補給することや日陰で小まめに休憩を取るようにしましょう。

高齢者になると厚さの自覚症状が薄れてくると言われていますので喉が渇くのを待って水分補給をするのではなく、時間で定期的に水分を取るようにすると良いと思います。

また、水分補給には体内に吸収されやすいスポーツドリンクなどを選ぶと良いでしょう。

濡らしたタオルを首に巻いたり、濡らすとヒンヤするリグッズなども100円ショップにあったりしますので利用すると良いと思います。

濡らして首に巻くひんやりグッズを100円ショップで買って使ったことがありますが役に立ちました。

スポンサーリンク

5月~9月紫外線対策

お天気の良い日は紫外線対策も必要ですね。

温暖化が進むにつれて気温の上昇だけでなく、紫外線量も増えています。

紫外線量は、5月頃から増え始め9月頃まで続きますので、夏場だけでなく春先から秋にかけて注意が必要です。

特に高齢者になってくると強い紫外線を浴びるのはシミの原因になったり身体に良くありません。女性なら、なおさらです。

日焼け止めを使ったりツバの大きい帽子をかぶるなどして予防をしましょう。

冬の寒さ対策

防寒対策として厚手の洋服にマフラー、手袋などで防寒対策をします。

アウターならダウジャケットが軽くてウォーキングのには最適ですね。

冬と言えば、もはや定番のヒートテック素材の肌着や洋服も暖かいですよ。私は冷え性なので、寒い季節はヒートテック素材の肌着は手放せません!

それから、使い捨てカイロ。これも冬の定番アイテムですね。

以外と長時間、暖かさが持ってくれますし、張るタイプもあるので腰に張ったり工夫できるので便利です。張れないタイプも左右のポッケに入れて。これで完璧です。

おわり。thank you for reading.

コメント

タイトルとURLをコピーしました