ディーンフジオカと嫁の年収比較!ギャラ収入と富豪資産格差は逆玉?

ディーンフジオカと嫁の年収比較!ギャラ収入と富豪資産格差は逆玉

ディーンフジオカさんと嫁、ヴァニーナアマリアさんの年収比較とギャラ収入や富豪資産格差について詳しくご紹介します!

ディーンフジオカさんの年収が増収してるみたいです。

ドラマや映画、シンガーとしても活躍中でギャラ収入が凄そうですからね。

ディーンフジオカさんの年収もさることながら、嫁のヴァニーナアマリアさんも年収や資産が凄いといいます。

今回は、ディーンフジオカさんと嫁、ヴァニーナアマリアさんの年収比較と格差についてまとめました。

ディーンフジオカの年収とギャラ収入

気になるディーンフジオカの年収とギャラ収入からまいりましょう。

ディーンフジオカさん2022年には自身の企画・プロデュース・主演の3拍子そろった映画『Pure Japanese』が公開で年収もさらに高額になってる感じです。

結論:ディーンフジオカさんの年収は8500万円ぐらいと推測されています。

一時期はドラマや歌の勢いが凄まじく以下のような年収推移となっています。

  • 2016年:1億8,720万円
  • 2017年:1億5,570万円
  • 2018年:8,470万円
  • 2022年:8500万円

ディーンフジオカさんの年収の内訳をサクサクご紹介してまいります。

CM出演の年収とギャラ収入

芸能人の年収の土台となっているのがCM出演のギャラ収入です。

一流芸能人だと、CM1本のギャラが3000万円を超えてきますから、大手のCMに継続して出演すると、とんでもない年収額となります。

ディーンフジオカさんが出演しているCMは大手の「花王」が有名ですね。

ディーンフジオカさんクラスですと、1本あたりのギャラは1000万円~2000万円と予想されています。

ちなみに、2016年の全盛期には、6本のCMに出演していたので年収額も1億8720万円と凄いことになっていました。

ディーンフジオカさんは、花王のCMに2本出演しているので、年収額は2000万円~4000万円と推測されています。

ドラマの年収とギャラ収入

お次は、ディーンフジオカさんのドラマの年収とギャラ収入です。

ドラマはCM出演より、金額は落ちるものの人気を保ち年収をあげるためには不可欠。

ディーンフジオカさんが2021年に出演したドラマは以下の通りです。

  • 大河ドラマ「青天を衝け」
  • 木曜劇場「推しの王子様」

大河ドラマの出演は年収に大きく寄与してますね。

最近はドラマの本数が減ったのは、音楽活動や映画の仕事が増えてきたことがあげられます。

ディーンフジオカさんクラスだと、1話あたりのギャラ収入は約100〜200万円と予想されています。

結果、ディーンフジオカさんのドラマの年収は、仮に22回続くドラマ換算で、年収額は2200万円~4400万円ぐらいと予想されています。

年収をアップさせるには人気のバランスを保つことが求められますので、メインストリームに登場する機会が少なくなるとドラマ出演も減っていく傾向にあります。

音楽活動の年収とギャラ収入

ディーンフジオカさんの音楽活動も年収には欠かせない収入源となっています。

俳優業と音楽をこなし、年収を上げてる星野源さんタイプですね。

ディーンフジオカさんは、「”Musical Transmute” Tour 2021」全国ホールツアーも開催。

外出自粛のあおりで、収容人数は半分程度となっていたようですが、これは音楽業界全体の問題で年収に響きますね…

とはいえ、シンガーとしても人気のあるディーンフジオカさんの音楽関係の年収は2000万円ぐらいと予想されています。

テレビ出演の年収とギャラ収入

人気があがればテレビ出演のギャラも高額となりますので、年収にも大きく影響がでてきます。

ディーンフジオカさんのテレビ出演番組をザっと拾うとこんな感じ。

  • NHK「シブヤノオト」
  • TBS「音楽の日」
  • フジテレビ「全力!脱力タイムズ」
  • フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」
  • 日テレ「バズリズム02」
  • テレ朝「あざとくて何が悪いの?」
  • NHK「チコちゃんに叱られる!」
ディーンフジオカさんだと番組のギャラ収入は1回10万円程度とよそうされていますので年収は100万円ぐらいになると予想されています。

出演する番組と事務所「アミューズ」の関係性でギャラ収入は変わりますの一概に年収額の計算が難しいところでしょうか。

ユーチューブの年収と広告収入

ディーンフジオカさんの、これから期待される年収額はユーチューブの広告収入でしょうね。

ちなみにディーンフジオカさんのユーチューブは音楽家として、いわば硬派な運営してます。

専門家の話では、ユーチューブ広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われています。

仮に、0.05円の広告収入単価で計算すると、月間100万回の再生で5万円となります。

ディーンフジオカさんの現在のユーチューブ登録者数は4500万人程度。

お笑いの江頭さんでさえ、1億を超える年収をたたき出してますので今後に期待がかかります。

でも、事務所の取り分もあるから、そこまで身が入らないのかなぁ…

最新動画は、「DEAN FUJIOKA – Hiragana」 (Visualizer)

TikTokの広告年収と広告収入

ディーンフジオカさんの年収が右肩上がりなのは、トレンドを取り入れるアンテナが凄い。

ディーンフジオカさん、ユーチューブにとどまらずTikTokも開設しています。

TikTokの現在のフォロワー数は23万人越え。

広告収入や投げ銭での年収も見込まれるので、今後の増収に期待がかかります。

ディーンフジオカさんの「CM」「ドラマ」「音楽活動」「テレビ出演」「ユーチューブ」「TikTok」の年収総額をまとめると8500万円ぐらいと予想されています。

ディーンフジオカの嫁、ヴァニーナ・アマリアの年収と資産額

お次はディーンフジオカさんの嫁、ヴァニーナアマリアさんの凄い年収についてご紹介します。

結論:ヴァニーナアマリアさんの年収は公開されていません。

でも、ヴァニーナアマリアさんはインドネシアのレコード会社「Delapan Naga Angkasa」の経営者をしています。

福建省の華僑で活躍しているということもあり、成功者として相当な年収があるとされています。

レコード会社の経営は、旦那のディーンフジオカさんの音楽活動を支えるために設立したという噂もあります。

とはいえ、レコード会社設立ともなると年収や収入が見込まれなければ運営が難しいのでは?

ディーンフジオカさんの嫁、ヴァニーナアマリアさんには、桁外れのとんでもない大富豪の実家が存在しているのです。

嫁のヴァニーナ・アマリアさんの実家が大富豪の資産家

嫁のヴァニーナアマリアさん父親は、インドネシアで有名な大手企業の製薬会社「シドムンチュル」のCEOであるイルワン・ヒダヤットさんだそうです。

CEOは会社の統括役で、最終的な責任を負う社長並みのポジションですから、相当の権力者ということになります。

その年商額は、約184臆円とも言われておりディーンフジオカさんの嫁は、天文学的な大富豪の家に生まれておりました。

海外メディアでも、シドムンチュルのCEOイルワン・ヒダヤット氏の娘がディーンフジオカと結婚した。と報じられるほどの有名人にして大富豪なんですね。

ヒダヤット家の資産は、約360億円を超えるとも言われています。

嫁の経営するインドネシアのレコード会社にも実家から資本が投入されていることも想像できたりして…

父親のイルワン・ヒダヤット氏には男の子もいるので、先々の財産については不透明ながら、嫁のヴァニーナアマリアさんも相当額の資産を継ぐことになるかもしれません。

ディーンフジオカと嫁の年収比較と格差は逆玉?

ディーンフジオカさんさんの年収は8500万円ぐらい。

残念ながら、嫁のヴァニーナアマリアの年収比較は正確な金額が出てないので、なんともいえないところ…

ネット上でも、ディーンフジオカさんよりレコード会社の経営者のほうが年収は上をいってるのではないかととも噂されています。

ディーンフジオカさんを支えるためにレコード会社を設立したとされてますから、まさに縁の下の力持ちならぬ、縁の下のお金持ちと。

嫁のヴァニーナアマリアさんの年収が多いとなると、ディーンフジオカさんは逆玉なのかもしれません。

今回は、ディーンフジオカさんと嫁、ヴァニーナアマリアさんの年収比較と格差についてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました