GLOBAL ARK 2021・主催者DJ MIKUの経歴wikiや画像!ドレスコードが激ヤバ!

global ark 2021・主催者DJ MIKUの経歴wikiや画像!ドレスコードが激ヤバ
DJ MIKUさんの本名や画像の経歴wikiと、GLOBAL ARK 2021の主催者のドレスコードについて詳しくご紹介します!

DJ MIKUさんて誰?何者なの?とネット上で話題となっているようです。

群馬県のほたか牧場キャンプ場で開催される音楽イベント「GLOBAL ARK 2021」のマスクドレスコードが大炎上となっています。

GLOBAL ARK 2021の主催者は「DJ MIKUさん」ですが、経歴wikiや本名、画像などが気になります。

DJ MIKUさんの本名や画像の経歴wikiと、GLOBAL ARK 2021の主催者が主張した、マスクのドレスコードについてまとめました。

「GLOBAL ARK 2021」のドレスコードが大炎上

群馬県のほたか牧場キャンプ場で行われる音楽イベント「GLOBAL ARK 2021」がSNS上で、大炎上となっています。

密を避ける昨今ではありますが、群馬県のほたか牧場キャンプ場で開催される音楽イベント「GLOBAL ARK 2021」。

facebook上でドレスコードを確認してみると以下のとおりです。

「GLOBAL ARK 2021」のドレスコード画像1

「GLOBAL ARK 2021」のドレスコード画像2

不織布マスクはご遠慮ください。と記載されていますね。

この時点で、皆さん「おや?」って思っていたことでしょう。

専門家の方のご意見のもと、公開された内容なのでしょうか?誰もが??だったと思われます。

イベントは公式サイトでも、「おしゃれマスク」がドレスコードで、「不織布マスクはNG」となっています。

今年10周年を迎える同イベントは公式サイトにて、「おしゃれマスク」がドレスコードで、「不織布マスクはNG」と明記している。「マスクも昨今はファッションの一部。デザインマスク、手作りマスク、夏用冷感マスク・クールマスク、ネックゲイターなど、思いっきりカッコイイマスクをつけてマスクファッションを楽しみましょう」と来場者に呼びかけた。

引用元:ヤフーニュース

ちょっと、「え!?」って思ったので、専門家からのご意見も記載しておきましょう。

マスクの効果的な着用方を研究する「環境管理センター」(東京)の飯田裕貴子技術部長は「どれも一般的な使用なら問題はない」とした上で「密な場所や病院など、より注意が必要な場所では不織布、寒気の良い場所で長時間使う場合はウレタン」と使い分けを提案してます。むしろ鼻を覆わないなど「誤った着用で性能は大幅に低下する。材質より正しく使う方が大切」と強調します。

会場は屋外であるため、換気が良く、イベントは長時間のため、当野外イベントに於いては不織布マスクではないほうがいいと言うことに当てはまります。

また、不織布マスクを着用すると、マスク内部が蒸れやすいこともデメリットでしょう。
その為マスクを外して顎にかけてる人や鼻の下にずらしている人も多く見かけます。
更に不織布マスクは横の隙間が空いてしまう特徴があります。布やウレタンの場合口鼻全体を覆ってフィットするものが多いので、その天を考えると一長一短もあり、必ずしも不織布マスクの方がいいとは言い切れません。肝心なのは正しくマスクを着用することだ、と専門家は念をおします。

引用元:時事ドットコムニュース

ヤフコメを覗いても、「不織布マスクがNGなんてどうかしてる!!」などと、一斉にコメントされておりました。

中には、医療従事者の方が大変な思いをされている時期なのに、音楽業界の評判が悪くなることを心配している人も多くいらっしゃいました。

で、「GLOBAL ARK 2021」主催者は誰で何者なの?とネット上では話題となっています。

global ark 2021・主催者はDJ MIKU!画像&経歴wiki

「GLOBAL ARK 2021」の主催者は「DJ MIKU」さんと音楽仲間達です。

こちらがDJ MIKUさんの顔画像です。

global ark 2021・主催者DJ MIKUの画像1

DJ MIKUさんの経歴・プロフィールを調べようと、公式サイトにも寄ってみたのですが、現在はエラー表示で見ることができません…

おそらく、アクセスが集中しすぎているか、メンテナンス中だと思われます。

「おしゃれマスク」のドレスコードを確認したくて、皆さんがアクセスしているのかもね。

なので、2021年の情報は見る事ができないなので、過去の開催情報を調べてみました。

すると主催者に「DJ MIKU」さんの名前が出てきました。

DJ MIKUさんのHPはまだ、パンクしてないみたい…で、覗いてみると…

2012年からは野外パーティー「GLOBAL ARK」を仲間と共に主宰。
(引用:DJ MIKU Official Site)

てなことが書かれており、「GLOBAL ARK 2021」の主催者は「DJ MIKU」さんと音楽仲間達で主催していることがわかります。

DJ MIKUさんは、東京都世田谷区出身の日本のDJ兼音楽プロデューサーです。

global ark 2021・主催者DJ MIKUの画像2

ご本人のfacebookアカウントがありましたが、残念ながら、本名や年齢は公開されておりませんでした。

ただ、facebookのアカウント名が、「DjMiku Mahiro Kazu」となっておりますので、もしかしたら、「まひろ かず」さんあたりが本名なのかなぁと。

Facebookの内容からは、「ミック」という愛称で呼ばれているみたい。

経歴についても詳細データがありませんでしたが、1980年代からクラブやディスコなどで活動されてきたそうです。

1990年頃からは、エレクトロニック・ミュージックを中心としたDJ活動にシフトしており、マルチな才能で、日本国内外の数々のフェスティバルに出演をされています。

1996年にはテクノ・ユニット「LOTUS」で作品を手掛けており、東京、ロンドンを拠点にレーベル作品も発表しています。

2016年に初のオリジナル作『Basic & Axis Plus』をリリースし、プロデュース、楽曲提供など幅広い音楽活動を展開しています。

中央に写ってるのが、DJ MIKUさん。

global ark 2021・主催者DJ MIKUの画像3

野外パーティー「GLOBAL ARK」は、2012年から仲間と共に主宰しており、今年で10周年の節目でした。

「GLOBAL ARK 2021」指定管理者が謝罪!世間の評判がヤバい

「GLOBAL ARK 2021」が設けた、不織布マスクNGといったルールにSNS上は大炎上となったことを受け、会場の指定管理者の「武尊山観光開発株式会社」が同牧場のホームページ上で経緯説明と謝罪コメントを出しています。

片品村が28日、公式ホームページで同イベント会場施設の指定管理者に対して下記のように、開催延期や中止などの検討要請を行ったことを明らかにしております。

「今回のイベントについては、コロナウイルス感染防止の観点から、片品村様からの開催延期や中止等の要請を受け、弊社としても主催者に対して強くその要請を行ってきたところでしたが、主催者側の開催に対する強い考えから、感染防止対策を最大限に行うことを条件に施設利用の許可をいたしました」

「緊急事態宣言が出されている状況下でのイベント開催は、強硬にでも延期や中止とするべきところでありましたが、結果的に、新型コロナウイルスの感染リスクを増やし、皆様にご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことにつきまして深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」

引用元:日刊スポーツ

どおやら、片品村の延期・中止要請を受けて強く要請したようですが、主催者の開催の考えが強く最大限の感染予防をすることで許可をしたようです。

会場となった片品村のむらづくり観光課でも、キャンプ場の指定管理者を通して注意を呼びかけてきたそうで、住民からの苦情も寄せられているそうです…

自粛要請の昨今、しばらくは「GLOBAL ARK 2021」の主催者に対する炎上はおさまりそうにないかもね。

しっかし、ここのところ野外フェスのトラブルが増えてますけど、主催者の裏事情イベント支援補助金が関係してるのかなぁ…NAMIMONOGATARI波物語の主催者・富永基煥の経歴wikiと開催裏事情が激ヤバ!

今回は、DJ MIKUさんの本名や画像の経歴wikiと、GLOBAL ARK 2021の主催者のドレスコードについてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました