エテリ・トゥトベリーゼの経歴wiki!旦那と子供の家族構成や指導選手!

エテリ・トゥトベリーゼの経歴wiki!旦那と子供の家族構成や指導選手

ワリエワ選手のコーチであるエテリ・トゥトベリーゼコーチの経歴wikiや旦那と子供の家族構成と指導選手をご紹介します!

北京オリンピックでワリエワ選手のコーチを務めているロシアのエテリコーチ。

ワリエワ選手に叱責したことでも話題となり、どのような人なのか気になりますね。

今回は、エテリ・トゥトベリーゼコーチの経歴wikiや旦那と子供の家族構成と指導選手をまとめました。

エテリ・トゥトベリーゼのプロフィール

生年月日:1974年2月24日(47歳 2022年現在)

出生地:ソビエト連邦

エテリコーチの身長は、ワリエワ選手が160㎝なので、175㎝ぐらいだと思われます。

もともと、エテリ・トゥトベリーゼコーチもスケート選手なので手足が長い。

エテリコーチの指導は唯一無二の存在で、3大会連続でオリンピックから金メダルを持ち帰った伝説的な指導者。

記憶に新しいところでは、2019年のGPファイナルで表彰台を独占した、アリョーナ・コストルナヤや、シェルバコワ、トルソワの「ロシア3人娘」の指導もしています。

エテリ・トゥトベリーゼの旦那や子供の家族構成

氷の女王と呼ばれている、エテリ・トゥトベリーゼさんの経歴や家族構成につていご紹介します。

エテリ・トゥトベリーゼの家族構成

エテリ・トゥトベリーゼさんの家族構成は、父親と母親、そして5人兄弟の7人家族です。

エテリさんは、1974年2月24日に5人兄弟の末っ子として誕生しています。

1/2がグルジア人、1/4がロシア人、1/4がアルメニア人というオリエンタルな血筋の家庭で誕生しています。

エテリ・トゥトベリーゼの旦那と子供

トゥトベリーゼさんの結婚しておらる旦那はいないよいうです。

しかし、エテリ・トゥトベリーゼさんには娘が1人いて、未婚の母のシングルマザーでした。

2003年に、ラスベガスで娘のダイアナ・デイビスさんを出産しています。

また、娘のダイアナ・デイビスさんもアイスダンス選手で、母親のトゥトベリーゼさんがコーチを務めています。

トゥトベリーゼさんの子供は、現在19歳のアイスダンス選手ですので、フィギュアスケーターとは違い、これからも活躍しそうです。

エテリ・トゥトベリーゼの経歴wiki!若い頃はスケート選手

エテリさんの選手時代からコーチまでの経歴wikiをご紹介します。

ちなみに、こちらの画像がトゥトベリーゼさんの若い頃の画像のようです。

エテリ・トゥトベリーゼが選手からロシアの鬼コーチに

エテリ・トゥトベリーゼさんさんは現在、ロシアのフィギュアスケートコーチですが、若い頃はシングルのスケーター選手でした。

18歳の時にアメリカに移住をして、6年間居住する過程でアイスダンス選手に転向しています。

その後は、アイスショーの「Ice Capades」で3年ほどアダージョペアスケーターとして参加。

本格的にコーチをする前に、ロシアに帰国しゼレノグラードにあるアイスホッケーのリンク「Serebrianyi」で指導をしていた経歴があります。

しかし、そこではフィギュアスケート選手にとって限られた時間の制約があり、活動先をモスクワの「SDUSSHOR 37」に変えています。

その、「SDUSSHOR 37」でセルゲイ・デュダコフと共に指導に当たり、サンボ70と統合され、サンボ70 フルスタリヌイ(クリスタル)と統合名となっています。

卓越したスケーター技術で選手やアイスショーを経験した後に、アメリカでコーチに転身している強者コーチです。

そのコーチぶりは厳しく、多くの選手をメダルに導いた証でもありますが最近は、選手を追い込みすぎと批判を浴びているようです。

年収についても、北京オリンピックのでのコーチの報奨金は1200万円といいますから、指導した選手の分だけ年収額も凄いことになるのです。

金に輝いたさん…シェルバコワの体型変化!痩せすぎ理由と年代順の画像比較で違いを検証

かわいいワリエワさん…カミラ・ワリエワかわいい!スッピン画像と私服姿が妖精すぎる!

銅メダルに輝いた坂本花織さん…坂本花織の昔と今の体型変化!画像比較と筋肉維持や食べ物が凄い!

トゥトベリーゼコーチが指導した選手

さすが世界的にも有名な名コーチのエテリ・トゥトベリーゼさん。

指導した選手たちの数が凄くて、「エテリ組」とも言われていて、大きなエテリファミリーとなっています。

ザギトワ選手や北京オリンピックで金メダルに輝いたシェルバコワ選手も、現在の指導選手に名を連ねています。

トゥトベリゼコーチは2018年の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手や、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ選手のコーチもしています。

現在指導している選手

モリス・クヴィテラシヴィリ(2009年 - )
ダニエル・サムソノフ(2016年 – )
エフゲニア・メドベージェワ(2007年 – 2018年、2020年 – )
アリーナ・ザギトワ(2015年 – )
アンナ・シェルバコワ(2013年 – )
アレクサンドラ・トゥルソワ(2016年 – 2020年、2021年 – )
アリョーナ・コストルナヤ(2017年 – 2020年、 2021年 – )
マイア・フロミフ(2017年 – )
カミラ・ワリエワ(2018年 – )
ダリア・ウサチョワ(2018年 – )
アリョーナ・カニシェワ(2019年 – )
ソフィア・アカチエワ(2017年 – )

過去に指導していた選手

ユリア・リプニツカヤ(2009年 – 2015年)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(2012年 – 2013年、2018年 – 2021年)
ポリーナ・ツルスカヤ(2013年 – 2018年)
アナスタシア・タラカノワ(2017年 – 2018年)
ダリア・パネンコワ(2016年 – 2018年)
ベロニカ・ジリナ (2018年 – 2020年)
セラフィマ・サハノヴィッチ(2014年 – 2015年)
ポリーナ・シェレペン(2000年 -2012年)
ポリーナ・コロベイニコワ(1999年 – 2000年)
アディアン・ピトキーエフ(2010年 – 2016年)
セルゲイ・ボロノフ(2013年 – 2016年)
イリヤ・スキルダ(2014年 – 2018年)
アレクセイ・エロホフ(2011年 – 2020年)

エテリ・トゥトベリーゼがドーピング疑惑で経歴が終わる?

北京オリンピックでは、教え子のカミラ・ワリエワさんにドーピング疑惑が勃発!

当初は、ワリエワ選手が自覚して使用していたのかという論争でしたね。

ところが、ロシアの組織で行われているのではないかとされ、つまりはコーチのエテリ・トゥトベリーゼさんの責任も追及されています。

となると、もしドーピングにエテリさんが関与していたとなると、メダル剝奪となり信用も失墜することになります。

数々の妖精を生み出してきたトベリーゼコーチですが、経歴に傷がつくことになるのでしょうか。

ヤケになったのか、ドーピング疑惑に動揺したワリエワ選手は4位になり、リンクから戻ってきたワリエワ選手に叱責…

15歳でドーピングに動揺しながらも演技をしたワリエワ選手に…鬼コーチたるゆえんです。

こうしたことでも、今後の処分や経歴の行方が気になるところです。

今回は、エテリ・トゥトベリーゼコーチの経歴wikiや旦那と子供の家族構成と指導選手についてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました