仲川遥 インドネシアの人気度!JKT時代にブレイク秘話があったw

仲川遥香さんがインドネシアで大人気と話題になっています。

なぜ仲川遥香さんがなぜインドネシアで国民的大ブレイクしたのか?

現在は国民的スターとされていますが、どれほど人気なのでしょうか?

今回は、仲川遥さんのインドネシアでの人気度とJKT時代にブレイクした理由と秘話をお伝えします。

かなり笑えますw

スポンサーリンク

仲川遥香はインドネシアで大人気!昔はAKB48グループのJKT48!

仲川遥香さんは施設で育ったり、お姉さんとの別れがあったりと、悲しい生い立ちがありますが、現在では元気にインドネシアで活動をしております。

仲川遥香さんは1992年2月10日、東京の生まれで、アラサーの世代です。

仲川遥香さんは言わずと知れたAKB48の元メンバーですね。2006年から2012年までAKB48で活動していました。

その後はインドネシアのJKT48に移籍しています。

仲川遥香さんはJKT48移籍する1年前の2011年に、AKB48の一員として、一度インドネシアのジャカルタ公演に参加しています。このときの楽しい体験が心残っていたそうです。

JKT48は、秋元康の総合プロデュースによって2011年に結成され、ジャカルタを中心に活動しているインドネシアの女性アイドルグループで、日本国外で初めて結成されたAKB48グループになります。

AKB48もグループ展開していたんですね。なんともグローバルなアイドルグループです。

ちなみに、海外のAKB48グループには…

2011年にインドネシア・ジャカルタに「JKT48」、
2012年に中華人民共和国・上海に「SNH48」、
2017年にタイ・バンコクに「BNK48」、
2018年には、台湾・台北の「TPE48」、
フィリピン・マニラの「MNL48」、
中華人民共和国・上海の「AKB48 Team SH」、
ベトナム・ホーチミンの「SGO48」

が存在します。凄!

東京まで足を運ばなくても、楽しんでもらうのが狙いだそうです。秋元康さんらしい、ぶっ飛んだ発想です。

仲川遥香さんは、AKB48としてデビューして6年が経ち、仕事も少なくなってきていたそうで、そんな時に、親友の当時AKB48のトップだった前田敦子さんがグループ卒業することに…

仲川遥香・インドネシアのJKT48時代の画像

そのときの、親友の大きな決断をしたのを見て、自分も次のステップに進もうとインドネシア移籍を考えたそうです。

思いたつと即実行型の仲川さんは、「AKB48メンバーが上も下も詰まっていて、未来が見えなくなっちゃって…」とプロデューサーの秋元康さんに直談判して、移籍の希望を伝えています。

海外生活の経験もなければ、JKT現地メンバーの共通語であるインドネシア語も、さっぱりわからなかったといいますから、即実行型もいいですが、よくインドネシアへの移籍という大きな決断をしたものだと関心します…

この頃はAKBの大幅な組織改革が行われた時期で、ジャカルタのJKT48には高城亜樹さん、仲川遥香さんが、同時並行で結成が進められていた上海のSNH48に宮澤佐江さん、鈴木まりやさんも移籍しています。

当初は、移籍期間を、半年から1年を予定していたらしく、経験を積んで一回り大きくなって日本に戻ってくるつもりだったらしいです。戻ってきませんでしたけど…

仲川遥香がインドネシアのJKT48メンバー移籍で大人気!

秋元康の総合プロデュースによるJKT48は、2011年11月に1期生がインドネシアで、お披露目されています。

2012年9月には、ジャカルタのショッピングモール「FX」に専用劇場をオープンしています。

「FX」の4階にあるJKT48劇場の現在の様子は、公演前になると現地ファンで超満員になるそうです。超満員は、日本とあまり変わりないかもしれません。

仲川遥香がインドネシアで人気が出たJKT48時代

インドネシアにいながら、日本のアイドルを見ることができるという秋元康さんの発想が大当たりです。

インドネシアの現地のファンはYouTubeや多くのサイトでAKB48グループの情報を入手していて、AKB48についてもよく知っているのでかなり盛り上がっているそうです。

たとえ、日本語であってもGoogle翻訳などを活用してチェックしているほど熱狂的なファンも多いといいます。好きなアイドルだったら言葉の壁なんてありはしません…

「あるある」なのですがインドとインドネシアの違い分かります?意外とこれ、あるあるなんですがインドとインドネシア同じだと思ってる人もいるんですよね。実は私もそうでしたから…一応念のために位置関係を…

仲川遥香がインドネシアで人気

JKT48のライブではスマートフォンでの撮影を許可していることが多いのだそうです。良いですね!この特典を聞いただけでもちょっとインドネシアのジャカルタまで行ってみたいと思っちゃいます。

インドネシアのファンは、当然撮影した動画をYouTubeなどにアップして拡散!インドネシアでのJKT48の認知度向上に貢献してくれているそうです。人気が上昇してくると、今後は撮影も禁止になる可能性もありますね。

JKT48は、基本的に日本のAKB48グループの歌をインドネシア語に訳して歌っています。なので、メロディは当然分かりますが、歌詞は全てインドネシア語なので。日本人の我々が聞いてもちんぷんかんぷんです…

インドネシアのファンの人たちのほうが日本に歩み寄ってくれているそうで、日本語で「超絶かわいい」などとメンバーに向かって叫んでいます。それほどJKT48はインドネシアで人気があります。

スポンサーリンク

仲川遥香がインドネシアのJKT48メンバーを卒業した理由

2016年2月27日にジャカルタで開催されたJKT48の『リクエストアワー』でJKT48からの突然の卒業を発表しました。

そろそろいいお年頃だし彼氏でもできたのでは?などと噂されましたが最後にこんな言葉を残しています。

「日本の皆さん、わたしはもうちょっとジャカルタで頑張っていきます! 見守っててくださいね!」

仲川遥香さんは、卒業後もインドネシアで活動していくことを決めていたのです。

さらに…

「ジャカルタで活動しているうちに、もっともっといろんな国で新しい事にチャレンジしたくなり、新しい世界を知るための次のステップとして卒業を決意しました」

という前向きなコメントもありました。

後のインタビューでも…

「思い切って日本を出たから、新しいことが経験できて、人生を変えることができたと思います。20代や30代は最も自由な時期だと思ので、多くの人に気軽な気持ちで飛び出してみてほしい。チャンスは待っているだけでなく、ぜひ自分からつかみ取りに行ってほしいです」

とも語っています。

よほど、インドネシアでの海外ライフが気に入ったらしく、現在ではAKB48グループのメンバーにも、「日本で暇しているなら、絶対に海外に行った方がいい!」と海外グループへの移籍を本気で勧めているそうです。

仲川遥 インドネシアの人気の秘密!JKT48メンバーとのジャカルタ生活

仲川遥香さんは、インドネシアのJKT48を卒業しても、現地では国民的スターとしても大人気を保っています。

なぜそこまで人気が出たのか?それはJKT48時代のあることがきっかけになっています。

インドネシアに移籍する際に、このチャンスを逃しちゃいけない。新しいことに挑戦したい!といった根拠はないけれど、絶対に楽しいに違いない。そういう予感だけで、チャレンジしたインドネシアJKT48生活。

初めて会ったJKT48のメンバーは、仲川遥香さんを見るなり無邪気に話しかけてきてくれたそうです。

さらに、手づかみで現地の料理を食べ、距離を縮めたということも…

メンバーのお母さんが作ってくれたインドネシア料理は食べたこともなくて、どうやって食べて良いのか、わからなかったそうです。

意を決して、インドネシアの人と同じように、手づかみで何でも食べたそうです。まるで大食い選手権の赤坂さん…

すると、メンバーも家族も、手を使って食事をする日本人は見たことがなく、驚きと喜びで、距離が無くなったといいます。

JKT48の成功がなければ、現在のインドネシアでの国民的スターの座ははありませんので、この頃の大胆な行動も、インドネシアで人気が出た理由のひとつでしょう。
スポンサーリンク

仲川遥 インドネシアの人気の秘密!JKT時代の爆笑トーク!インドネシア語が…

仲川遥香さんは JKT48時代、インドネシア語の勉強は独自で行っていたそうです。

とにかく聞きまくることだと言っています。まるでスピードラーニングのようです…

また、会話を聞くのはもちろんのこと、「あれは何?「「これは何?」と相手が嫌がるまで質問したそうです…ちょっとって感じですが…

そして覚えた言葉は間違っていてもいいので、どんどん使うようにしたそうです。

そんな仲川遥香さんに、インドネシアで大ブレイクするチャンスが訪れます。

あるトーク番組に出演した時のことです…

番組で曲を披露した後に、司会者とトークを繰り広げるという構成番組

メンバーも緊張のせいで、型にはまったトークしできなかったそうです。特に仲川遥香さんは、インドネシア語をペラペラ喋れるわけじゃないですからよけいですね。

どうやらすっかり、盛り下がってしまったらしく、「なんとかしなければ!」と必死に考えた仲川遥香さん。

ついには、仲川遥香さん、片言のインドネシア語で、トークをつなげちゃったそうです。凄!

スタジオのセットを利用して、司会者にいたずらしたり、セット用のお菓子を勝手にムシャムシャ食べちゃったりと…無謀なアドリブの連発!

この行動に、司会者や観客が大爆笑したそうです。

仲川遥香がインドネシアの番組で大ブレイク

ご本人いわく、「なぜ、あそこまで暴走したのか分かりません。一つ言えるのはJKT48を知ってもらうために番組を盛り上げようと必死だったことと、インドネシアの人のことが良く分からず、アイドルでも、いじっていいんだよ!という方向に自分から持っていきました」と。

この大胆な行動がインドネシアの心を鷲掴みにしたようで、この番組出演を機に、ほうぼうから出演依頼が相次いだといいます。

国民的な人気番組からも声が掛かるようになり、片言のインドネシア語がさらにウケたのだそうです。

時折、テレビ向きじゃないスラングも混ざっていたそうですが、知らないからこそできる大胆な発言だったに違いありません…

それはまるで、お笑い芸人のようなキャラ扱いでしたが、日本と違うキャラで行けるところまで行こうと覚悟を決めたんだそいうです。

こうして、偶然と覚悟が重なり仲川遥香さんはインドネシアで国民的なスターに成登りつめることなったのです。

仲川遥 インドネシアの人気度!インドネシアではCM女王

仲川遥香さんはJKT時代にインドネシアの人気スタートとなって、卒業後もその人気は衰えずインドネシアのCM女王として、国民的アイドルとして現在活躍されています。

なんと、CM29本、レギュラー番組9本も受け持っています。さすが国民的スターだけありますね。

ちなみに、インドネシアの人口は約2億6000万人、日本人口の2倍以上もあります。日本の倍の人達からスタート認められているのですから、日本のアイドルどころの騒ぎではありません。

仲川遥香さんがインドネシアの国民的スターと言われているのは、2018年に日本インドネシア国交樹立60周年親善大使にも選ばれ、国家間の架け橋を担っているからです。

それから仲川遥香さんはCM女王という異名もお持ちです。インドネシアのオロナミンCのアンバサダーをしていたり、umamiという日本味の素食品や、大塚製薬のポカリスウェットなどのCMにも出演しています。日本製品のCMは、ほぼほぼ仲川遥香さんで決まりじゃないでしょうか。

こうなると中川はるかさんの年収も気になりますね。

現在の仲川遥香さんの年収は推定1500万円から2000万円と言われています。

インドネシアの物価は日本の約5分の1程度なので日本円に換算すると約1億円ほどの年収があることになります。驚きの年収です。これでは日本に帰ってくる気がおきませんね。

高収入なので、派手にお金を使っているのかと思いきや、趣味が貯金らしく、普通の生活をしているそうです。偉いな~!しっかり者なのですね。

仲川遥香のインドネシアの自宅が凄い!

かなりの年収額がある中川遥さん、無駄遣いはしないようですが住んでる家は高級マンションになんだそうです。

正確な場所まではわからないのですが、以前パーティーをした時の画像をSNS上にアップしており、お部屋の様子からは、ベッドルームが2つあって、かなり広いお部屋だそうです。

仲川遥香さんは愛車にランボルギーニを乗っているのでは?という噂もありましたが、これはデマのようです。

そもそも、貯金が趣味な仲川遥香さんですから、そんな贅沢品を所有するをはずがありません。

なぜかというと、インドネシアでは車は超贅沢扱いされていて輸入税と自動車税が高額なのです。

仮に安めの2000円万円のランボルギーニを買ったとしても、税金込みの合計額は5300円ほどになってしまいます。貯金が趣味な人がこんな車を乗るでしょうか?と。

JKT48を卒業して、インドネシアの国民的スターまで上りつめた仲川遥香さん。インドネシアを活動の場として日本を離れて成功している仲川遥香さんの勇気と行動力は見習うものがありますね。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました