お散歩の提案

体力と健康維持の研究結果

更新日:

少し固い内容になるかも知れませんが、歩くことが老化防止に役立つと言う記事が、週刊朝日の2017年11月24日号に載っていましたので運動の部分を抜粋して、ご紹介します。

国立社会保障、人口問題研究所によると2035年には65歳以上の高齢者の3人に1人が一人暮らしになると予測されています。
また、6割以上の人が最期を自宅で迎えたいと希望しています。
そして、それをかなえるためには自分が老いていく姿を見越して、自宅暮らしを続けられる心身の状態を維持することが何より大事だとしています。

老化の進行が自分の暮らしにどう影響するかを段階的に見越してみると次のようになります。
個人差によって早い遅いはありますが、誰もがたどる道です。


【第1段階】(65歳~74歳)
老化は始まっているが、多くの人が健康寿命を保っており日常生活はできる。
※この段階になるべく長くとどまることが大切

【第2段階】(75歳~84歳)
身体機能の低下が一段と進み、自宅では暮らせるものの、できないことが増え生活は縮小。
※最期まで自宅を望むならば、この第2段階のレベルにとどめる努力が必要

【第3段階】(85歳~)
ひとりでは外出できなくなり、認知症も増える。
生きるために最低限必要な食事、排泄、入浴ができなくなれば、多くの場合一人暮らしは断念せざるを得ない。
※自宅で最期を迎えるためには人の助けを得ることになる

このように、おおよそ現在の自分が老化のどの段階にあり、その後どうなるかがわかるかと、覚悟のほども決まってくるでしょう。

老化の第2段階で踏みとどまるためには、老いの進行を見越したうえで、逆算して今からやるべきことを用意周到に準備しておくことが重要です。
準備には、「人付き合い」「家事」「運動」の三つの習慣があります。

①「人付き合い」を失うと、生きる張りをなくし、生活は硬直化する。必要なときに人の助けが得られない。

②「家事」ができなくなれば、日々の暮らしは成り立たなくなる。

③「運動」により足腰の衰えを食い止めなければ、家事も人付き合いもできなくなる。

「人付き合い」「家事」「運動」はこのようにつながっており、どれか一つが欠けてもだめで、三位一体での習慣形成が鉄則です。

③の「運動」については1日8千歩、歩くことで体力維持に役立ちます。
体力水準、健康水準を反映するのは歩行能力です。
歩行能力を維持すれば、病気、寝たきり、認知症などの予防につながり自宅暮らしが長く続けられる、ということが青柳幸利氏(東京都健康長寿医療センター研究所)の中之条研究により実証されています。
この研究は群馬県中之条町の65歳以上の認知症、寝たきりになっていない人5千人の1日24時間の生活を15年間追跡調査し、高齢者の体力と健康の要因を分析したもです。
その結果「1日8千歩、そのうち速歩20分」の運動を習慣化すれば、体力と健康の維持ができることがわかっています。

週刊朝日  2017年11月24日号より引用


いかがだったでしょうか、歩くことで体力と健康維持ができることがお分かりになったのではないかと思います。
私も、最期は周りに迷惑をかけず自宅で迎えたい派です。
妻や子供がいないので特にそういう気持ちが強いかも知れません(^^)

あなたも老後を楽しくして過ごすために、お散歩を趣味として始めてみませんか。

-お散歩の提案

Copyright© 50代からの生き方情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.