悠仁さまが筑波大学附属高校に入学した理由は?偏差値の差が凄い?

悠仁さまが筑波大学附属高校に入学した理由は?偏差値の差が凄い

悠仁さまが筑波大学附属高等学校を受験しました。

学習院に進むという噂もありましたが…

悠仁さまが、どこの大学に進学するのか、世間の注目の的でしたが、なぜ筑波大学附属高等学校を受験したのでしょうか。

悠仁さまが進学する筑波大学附属高校の偏差値の差

悠仁さまが進学する筑波大学附属高校の偏差値は、78です。

筑波大学附属高等学校は、東京都文京区にある中高一貫の国立高校。

通称、「筑附(つくふ)」と呼ばれており、都内で随一のトップ校として知られています。

筑波大学附属高等学校は、その名の通り筑波大学の附属校。

進学実績としては東京大学などの国公立大学、早慶上理などの難関私立大学、東京慈恵会医科大学などの医学部へ進学も多い名門校。

お茶の水女子大学附属中学校の偏差値

悠仁さまが通っていた、お茶の水女子大学附属中学校の偏差値は「男子53・女子72」となっています。

この差により、ネット上では今回の受験では頑張って欲しいとの声も多く見受けられます。

2017年から5年間限定で設けられた『提携校制度』を利用されるのではないかとされていましたが、筑波大学附属高校の正門で画像をキャッチされています。

少し髪の毛が乱雑になってましたけど、堂々と受験に挑んだということです。

学習院の偏差値

悠仁さまの進学先は、学習院ではないかとされていましたが、学習院の偏差値は、学習院大学の偏差値は55.0~60.0。

学部によっての偏差値は以下の通りです。

文学部は偏差値57.5~60.0

経済学部は偏差値57.5~60.0

法学部は偏差値60.0

国際社会科学部は偏差値57.5

筑波大学附属高校の校風

は自主・自立・自由をモットーとしているため、厳しい校風はありません。

学習意欲の高い生徒が多いので、自主的に勉学に励む高校としても有名。

部活動では強いところは少なく、勉学に少しウエイトがある高校といえるでしょう。

筑波大学附属高等学校出身の有名人

筑波大学附属高等学校の卒業生には、元内閣総理大臣の鳩山一郎氏や、片山さつき氏など政治家が多くいます。

さらに、作歌や大学教授、研究者、タレントなど以下の方たちが名を連ねています。がいます。

羽田惠理香(タレント)
星新一(小説家)鳩山邦夫(元総務大臣、元法務大臣、元労働大臣、元文部大臣)
片山さつき(参議院議員)
芥川也寸志(音楽家)
遠藤良平(元プロ野球選手)
羽田惠理香(タレント)
岡田新一(建築家)
岩井克人(経済学者)
吉住渉(漫画家)
金井憧れ(アナウンサー)

などなど、筑波大学附属高等学校の出身者は他にも68名の有名人がいらっしゃいます。

悠仁さまが筑波大学附属高校に入学した理由はなぜ?

悠仁さまが筑波大学附属高校に入学した理由はなぜでしょうか。

世間の評判では、学習院に進学するとの見方が多かったはず。

皇室ジャーナリストによると、書類提出と面接などで審査される推薦制度利用の批判を避けるために一般受験したのではないかということです。

ちなみに、悠仁さまは、他校は受験せず、筑波大学附属高校一本ということです。

学習院に行かない理由はなんだろう?とネット上では話題となっています。

悠仁さま自身が、筑波大学附属高校高校受験を決めたのであれば立派だと、ネット上では応援メッセージが多くありました。

筑波大学附属高校高校から将来は何を目指すのか?といった意味深なメッセージもありました。

ネット上では、学習院に行くべきという声が多いですが、選択の自由は皇族でも同じことなので頑張ってほしいといった感じみたいです。

悠仁さまの筑波大学附属高校に入学の評判

悠仁さまが入学する評判についてもまとめておきます。

今回は、悠仁さまが筑波大学附属高校に入学した理由や偏差値の差についてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました