自粛警察(自粛ポリス)とは?意味を解説!目的や何をするのか調査

自粛警察(自粛ポリス)とは?意味を徹底解説

自粛警察(自粛ポリス)とは何?どんな意味があるの?という方のために、今回は、自粛警察(自粛ポリス)の意味を解説します。

警察っていうから、良いことなのか?と思いましたが、少々違っているようです。

スポンサーリンク

自粛警察(自粛ポリス)とは?意味を解説!どんな組織で何をするのか

自粛警察(自粛ポリス)とは?意味と、どんな組織で何をするのでしょうか解説します。

自粛警察(自粛ポリス)とは下記の人達のことを指します。

まず、自粛警察(自粛ポリス)とは警察官のような国家公務員ではありません。

自粛警察(自粛ポリス)は、あくまでも民間の人達のことを指す俗称となります。

自粛警察(自粛ポリス)とは、自粛をしていない営業中の店舗などを見つけて、休業を促す張り紙を作成し、その張り紙をお店に張ったりする人達のことです。
今のところ、組織的に活動をしていることはないようです。

外出自粛期間のご時世ですから、自粛警察(自粛ポリス)どんなことをしているのかは、何とな~く想像はつきますね。

「道徳自警団」や「自粛警察(自粛ポリス)」の人達は、しばしば「地域を守るため」「家族を守るため」善意でやっていると分析しているそうです。

自粛警察(自粛ポリス)のとは?意味を解説

東京都にあるライブハウスには「次発見すれば、警察を呼びます」という自粛を求める紙が張り出されていたそうです。

張り紙に「近所の人」と書かれています。

ですのでこういった個人が行う場合でも、自粛警察(自粛ポリス)呼ばわりされることになります。

また、店舗だけでなく、他県から県内に入ってきたナンバーの車にも紙を張ったりしています。

「今は、外出自粛期間なので、それを守ってね!」と言ったメッセージのようです。

張り紙による自警団みたいなものでしょうか。

スポンサーリンク

自粛警察(自粛ポリス)の特性と問題点

自粛警察(自粛ポリス)という名で、一般人が私的に取り締まる行為が社会問題化しています。

特に、行き過ぎた自粛警察(自粛ポリス)による下記のことが問題となっています。

自粛警察(自粛ポリス)の問題点、その1
彼らは『やって良いこと』と『悪いこと』を法律とは無関係に決定し、それを守らない人間を罰する権限と資格があるとなぜか信じていること。自粛警察(自粛ポリス)は民間人なので、法的に取り締まったりすることはできません。

自粛警察(自粛ポリス)の問題点、その2
その行為は正義であると信じている。正義であることと信じるのは個人の勝手ですが、それを社会秩序と勘違いして行動することで問題となっています。

自粛警察(自粛ポリス)の問題点、その3
医療関係者を盾に取って指摘をする。例えば、「あなたがコロナにかかっても病院行くなよ」などと本末転倒な発言や張り紙をすることが問題となっています。

自粛警察(自粛ポリス)ができた経緯!外出自粛が原因

自粛警察(自粛ポリス)とは?自粛警察(自粛ポリス)という言葉ができた経緯をまとめます。

まず、自粛警察(自粛ポリス)という単語を発見し、広めてくれたのは経緯脳科学者の茂木健一郎氏さん。

今回の騒ぎで「自粛警察(自粛ポリス)」というワードがトレンド入りしていることに気付いて、自身のツイッターで不快感を示したことが発端です。

『自粛警察(自粛ポリス)』は営業中の店舗などに休業を促す張り紙をしたり、張り紙に文言を書き込んだりすることを指すとされる。ただし、緊急事態宣言下で外出自粛要請が出されており、「営業中の店や他県ナンバーの車に紙を張ったりするために歩き回ること自体が変。自粛警察(自粛ポリス)なのに、自分たちが自粛していない」と矛盾も指摘。本末転倒な行為をいさめた。

「自粛警察(自粛ポリス)なのに自分たちが自粛していない」とコメントしたそうです。

スポンサーリンク

自粛警察(自粛ポリス)(張り紙)に対する世間の評判

自粛警察(自粛ポリス)の張り紙行為などのついて世間はどのように感じているのでしょうか?

ネット上の評判をまとめました。

著名人による自粛警察(自粛ポリス)の評判

落語家の立川志らくさんが「グッとラック!」の放送内で自粛警察(自粛ポリス)について、自粛警察(自粛ポリス)みたいなのはよくない傾向と述べていました。

柴田阿弥キャスターも、ABEMA『けやきヒルズ』で自粛警察(自粛ポリス)について、下記のこのように述べています。

この件から自粛しない人を晒していわば取り締まる“自粛警察(自粛ポリス)”に思うことがあるとし、「その晒し上げに何の意味があるのだろうと正直思ってしまう。自粛で疲れやストレスが溜まって、心が荒んでくる感じもわかる一方で、人を叩くことを正義という言葉でコーティングして行うのは許されないことだと思う。

フリーアナウンサーの徳光和夫さんも、ニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」に出演したさいに、自粛警察(自粛ポリス)について、営業を続けている飲食店などに対しする自粛警察(自粛ポリス)について「昨今では、世の中が他人に対して寛容でなくなっているんじゃないかなぁっ」と言っておりました。今は、見えないものが敵なんだと。

ツイッター上の自粛警察(自粛ポリス)に対する評判

自粛警察(自粛ポリス)が行っている行為は、宜しくないという方が大多数のように思えます。

しかし、一方では

このように、擁護している訳ではないにせよ、自粛警察(自粛ポリス)を生み出したプロセスに問題があると言っている人もいらっしゃいました。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました