公邸(官邸)の幽霊と都市伝説が怖い!岸田文雄はお化けに恐れられてる?

公邸(官邸)の幽霊と都市伝説が怖い!岸田文雄はお化けに恐れられてる

公邸(官邸)の幽霊と都市伝説と岸田文雄はお化けに恐れられてることについて詳しく説明します!

公邸はその昔「官邸」と呼ばれていて、幽霊が出るという都市伝説があります。

昔から公邸には幽霊がでると噂されてますが、岸田文雄首相が公邸に引っ越しをしたことで、公邸の幽霊都市伝説が話題となっています。

古くから言い伝えのある、公邸の幽霊と都市伝説と岸田文雄さんが幽霊にどう見られているのかまとめました。

公邸(官邸)の幽霊と都市伝説が怖い

公邸には、古くから幽霊が出る都市伝説があります。

ちなみに、現在、官邸は公邸と呼ばれています。

公邸(官邸)の幽霊と都市伝説が怖い

公邸の幽霊と都市伝説・5.15事件

幽霊の都市伝説の始まりは、1932年の5.15事件です。

青年将校たちが突然官邸を襲い、当時の犬養毅総理が凶弾に倒れる事件が起きています。

孫の道子氏によると、犬養毅さんは青年将校らに「話せば分かる」「まあ、靴でも脱げや、話を聞こう」と話したところ「問答無用」と撃たれてしまったみたい。

このときから、幽霊の都市伝説が始まったとされています。

まぁ、凶弾に倒れた経緯からして幽霊の噂が立つのもわからないでもないです。

公邸の幽霊と都市伝説・2.26事件

続いて、5.15事件から4年後の1936年に起きた「2.26事件」。

官邸は、反乱将兵の襲撃を受けることに。

青年将校が1483名の兵を率いて、統制派の打倒と国家改造を目指し首相官邸等を襲撃したのです。

このときの総理大臣は岡田啓介さん。

岡田啓介総理は、襲撃の中、とっさに公邸の使用人部屋の押入れに隠れ、難を逃れています。

クーデター未遂事件ではあつものの、正面玄関ガラスには銃痕が残っていました。怖!

国会の象徴である、レッドカーペットですが元々はこの公邸に何ヶ所もある焦げ跡を隠す為に敷かれた後に、見栄えも良いという理由から廊下に敷いたのが始まりなのです。

公邸の幽霊と都市伝説・公邸に住むと短命

公邸の幽霊と都市伝説の中には、住むと短命な運命になるとの噂もあるようです。

これまで、7人の首相が官邸に住んでおりますが、小泉氏を除く6人のあ1年前後で退陣に追い込まれているそうです。

永田町では、公邸に入ると政権が短命になると、都市伝説となっているんだとか。

そんな、怖い幽霊と都市伝説がある公邸に岸田文雄さんはどうして引っ越したんでしょう…

綺麗な嫁もいるのに、幽霊に導かれたのでしょうか。

公邸では岸田文雄はお化けに恐れられてる?

岸田文雄さんが幽霊と都市伝説のある官邸に引っ越した理由は、災害時などに素早い対応で、危機管理を重視する姿勢もアピールするためのようです。

怖いもの知らず…

首相が公邸に入るのは、民主党政権時代の野田佳彦元首相以来の9年ぶり。

ひっくり返すと「6」。

666といえば新約聖書『ヨハネの黙示録』で「獣の数字」として記述されていて、有名なホラー映画『オーメン』でもモチーフになるなの不吉な数字…多少のこじつけ感はある…

いっぽうで、お金や物質的なものへの執着から離れ、輝いていくといっポジティブなメッセージが込められているともいわれています。

とにもかくにも、本人の岸田文雄さんいわく、「おかげさまできのうもゆっくり寝られたような気がします。きょうから予算委員会も始まるので新たな気持ちで頑張りたいと思います」と。

もしかしたら、幽霊にも恐れられてるんじゃなでしょうかねぇ…

いろんな意味で、将来を期待しちゃいますが幽霊の都市伝説のように短命になるのかチョッと気になったりするのでした。

今回は、公邸(官邸)の幽霊と都市伝説と岸田文雄は幽霊に恐れられてることについてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました