深田恭子のサーフィンの腕前は下手?上手い?インスタ動画の場所と先生情報!

深田恭子のサーフィンの腕前は下手?上手い?インスタ動画の場所と先生情報

深田恭子さんのサーフィンの腕前は下手なのか、上手いのか、気になりますね。

深田恭子さんのサーフィン動画を見て、上手い!って思いましたね。

それもそのはず、教えてくれた先生も有名人でした。

今回は、深田恭子さんがサーフィンが下手なのか上手なのか、サーフィンの腕前を分析したことや、サーフィンを教えた先生や動画の撮影場所についてまとめました。

ちなみに、私はサーフィン歴20年なので、上手いか下手かはすぐにわかります。

スポンサーリンク

深田恭子のサーフィン歴

深田恭子さんのサーフィン歴は7年だそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

サーフィン歴7年というと、けっこうやり込んでますね。

普通に考えても深田恭子さんほどの売れっ子さんだと、忙しくてそうそう海に出ることもできないでしょうから密度的には濃くないかもですが。

深田恭子さんは、30歳になったらサーフィンを始めると決めていたそうです。有言実行したんですね。30歳を節目に新たなことにチャレンジしたくなったんでしょうね。

7年間もサーフィンをしているところから察するに、普通に波乗りバカだといえますね。

それにしても、女優をされていながら、よくサーフィンをする気になったなぁ~って思います。サーフィンて、お肌に良くないことばかりですから。

紫外線、塩水…髪の毛は潮焼けしてバリバリになるし、肌のメンテを念入りにしても酷いありさまとなります。

そんなことを思うと、深田恭子さんは相当のサーフィンに魅了されてたのでしょうね。その気持ち分かるなー!

深田恭子さんがインスタに投稿動画で使用していたボードは下の写真の向かって左側の長いロングボードです。右がショートボードです。

深田恭子,サーフィン,ロングボード

ロングボードは、ショートボードより浮力がありますので比較的やさしいことから、サーフィン初心者や非力な年配者、女性にはピッタリなボードのカテゴリーになります。

ちなみに、深田恭子さんは、レギュラーフッターでしたね。

レギュラーフッターとはライディング時に左足が前になるスタンスのことをいいます。右利きの人はレギュラーフッターが多いのです。
スポンサーリンク

深田恭子がインスタに投稿したサーフィン動画

深田恭子さんのサーフィン動画を見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

インスタに投稿されたサーフィンの動画は1本だけでしたけど、こんなに上手なら、もっとたくさん動画投稿して欲しいなぁと。

今はドローンで空撮できますけど、昔はロングライドの画像はヘリからの撮影でしたからね。

波質も良くて、ロングボードに最適ですし、BGMが入ることでミュージックビデオみたいになってますね。globeのマークパンサーにでもプロデュースしてもらうといいかも。彼もサーファーですからね。マークパンサーの現在は?仕事マルチで自宅も豪邸!嫁と娘も可愛い成功者!

このロングボードのデザインも、「KYOKO」ってロゴがデカデカと入っていて撮影用なのでしょうけど思い切りベタですね。

深田恭子サーフィンの腕前は下手か上手いか徹底解説!

深田恭子さんのサーフィンの腕前は下手なのか上手いのか、サーフィン歴20年の私が徹底的に解説しましょう。

ワックス塗り

まず深田恭子さんのサーフィンの腕前が地味に凄いなぁって感じたところにボードのワックス塗りがあげられます。これですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

サーフィンをしてる人なら気が付いたかと思いますが、ワックスを塗るときのワックスの使い方が絶妙です。

つい、ワックス塗りを早く終わらせたくて、いろんな角度からワックスを塗る人が多いのですが、深田恭子さんの塗り方は面を広く使っていて完璧です。撮影用に構えただけかもですが…

スポンサーリンク

パドリング

パドリングというのはボードに腹ばいになって、水泳のクロールのように両手でこいで前進する動作のことです。

深田恭子さんのサーフィン動画のパドリングを分析すると、素早く波待ち姿勢に映ったり動作がスムーズなので、普通に経験豊富な上手なサーファーですね。

波待ち姿勢

ボードにまたがって波を待っている時を「波待ち」といいます。

一見なんてことなさそうなんですけど、平衡感覚が必要ですし、姿勢を保つために全身の筋肉を地味に使うんですね。

勝手に動き回るバランスボールにまたがってる感じかな…深田恭子さんの波待ち姿勢も完璧で上手いです。

カメラを意識して上を向いた時もバランスが崩れないし、パドリングから波待ち姿勢に移る動作も素早いです。

ボードに乗るテイクオフ

サーフィンでは、ボートに乗る瞬間を、テイクオフと言います。

サーフィンを始めて、真っ先にぶち当たる壁がテイクオフです。 何度やってもボードに全然立てない!ってやつですね。

難なくテイクオフをして波の斜面を駆け下りていく深田恭子さんの姿は、既にベテランの域に達していると思います。

見ていても不安要素が全然ありません。

ちなみに、サーフィンの醍醐味はこのテイクオフから波の斜面を駆け降りるところにあったりします。

ライディングの姿勢

深田恭子さんの波サーフィンの動画で最も感心したところがライディングの姿勢ですね。

へっぴり腰になっていない。

サーフィンて、ライディング経験を積まないと、へっぴり腰がなかなか抜けないんですけど、深田恭子さんのライディング姿勢は完璧です。上手い。

ちなみに、深田恭子さんのライディング姿勢が安定していることから、足腰の筋肉も、しっかり鍛えていることも分かります。

体重移動

深田恭子さんが上級者だなと思ったのが、ライディング中の体重移動ですね。

絶妙です。おもわず「上手い」と言いたくなります。

体重移動は主に方向転換をするときに使いますが、深田恭子さん、何気にフロント側に体重を移動して、浮力を最大限に引き出す技術もなんなくこなしています。

サーフィンをやり込まないと身に付かない感覚なんですね。

ちなみに、一緒に写っている男の子はパドリングをしても波に置いてかれてます。

ワイプアウト仕方はイマイチ…

ワイプアウトというのは波乗りの滑走が終わってボードから降りることですが、実はこれはイマイチでした。

サーフィン歴が長いサーファーはワイプアウトの仕方もカッコよかったりするのです。例えば、そのままボードを降りてドボンと海にワイプアウトるのではなくボードを方向転換しながら粋なワイプアウトをするのです。

ここまで深田恭子さんのサーフィンの腕前が凄いと言っておきながらなんなんですが…ワイプアウトの仕方だけはイマイチでしたね…詰めが甘いといったところでしょうか。

以上がサーフィン歴20年の私からみた深田恭子さんのサーフィンの腕前です。

結論としては、安定感や高度なテクニックも使えてるし、かなり腕前としてはお上手だといえます。

深田恭子のサーフィン・インスタ動画の場所

深田恭子がインスタに投稿したサーフィン動画の場所

深田恭子さんがインスタに投稿したサーフィン動画の場所も気になりますね。

当然、日本じゃないことはすぐに分かります。あんな波が立つシーグラウンドは日本には離島にいかないとありません。

撮影場所はハワイのワイキキビーチです。私もあそこでサーフィンをしたことがあるので、すぐに分かりました。

細かく言いますと、ワイキキエリアの、カハロア&ウルコウ・ビーチですね。ワイキキ周辺でサーフィンできるのは、そもそも、そこしかないです。

ちなみに深田恭子さんが投稿した動画を見る限りで、はまだサーフィンのオフシーズンの暖かい次期だと思われます。オンシーズンになると、もう少し波のサイズが上ってきます。

スポンサーリンク

深田恭子のサーフィンの先生は有名人!

深田恭子さんのサーフィンの先生が有名人でしたのでご紹介しますね。

深田恭子さんはサーフィンのプライベートレッスンを受けたことがあるそうです。

深田恭子さんほどの有名人ですと、そのへんのサーフショップの教室には通えないでしょうから、当然プライベートレッスンになると思いますが、どこでレッスンを受けたのでしょうか。

深田恭子さんのサーフィン指導をした先生は、こちらの糟谷未都さん(かすやみと)です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I am Mito(@mitokasuya)がシェアした投稿

糟谷未都さんは、元プロのボディボーダーで、現在はハワイに住んています。

なるほど、インスタに投稿されたサーフィン動画もハワイでのロケだったんですね。

糟谷未都さんは、ハワイで『Surfer Girl Academy 』おオーナーとしてとサーフィンのレッスンを行っています。

なるほど、元プロの先生から教われば上達も早いわけです。腕前が凄いことに納得です。

今回は、深田恭子さんがインスタに投稿したサーフィンの動画を見ながら、なかなかな腕前だなぁと思ったポイントや、サーフィンを教えた先生と撮影場所についてお伝えしました。

それにしても、こんなに美しいサーファーガールは、今までお目にかかったことがありません。そういえば、深田恭子さん、顔のことでカミングアウトしてましたね。深田恭子 整顔カミングアウトの内容は?UQの鼻筋が整形っぽくて不自然…

今回は、深田恭子さんがサーフィンが下手なのか上手なのか、サーフィンの腕前を分析したことや、サーフィンを教えた先生や動画の撮影場所についてお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。当ブログは深田恭子さんを応援します。

タイトルとURLをコピーしました