マスク転売の逮捕事例・実例!違反者の罰金や懲役の実態を調査

マスク転売禁止の逮捕実例・事例!実際に罰金や懲役を受けた事件を調査

マスクの転売禁止を強化するために3月15日から法律で禁止され罰則が設けられました。

実際にマスクの転売禁止で逮捕された事件の事例や実例はあるのでしょうか?

今回は、マスク転売事件で逮捕された逮捕事例・実例と、実際に罰金や懲役を受けた事例について、まとめました。

スポンサーリンク

マスク転売の逮捕事例・実例!罰金と懲役について

マスク転売禁止における「国民生活安定緊急措置法」の内容と罰金と懲役について見てみましょう。

マスク転売は国民生活安定緊急措置法で法律違反

マスクの転売禁止は国民生活安全緊急措置法施行令により法律として定められました。

国民生活安定緊急措置法とは、簡単に説明すると、生活に欠かせない、生活必需品が品薄になり、買い占めや売り惜しみ、価格の高騰が起きた場合に、販売者に常識範囲内の「標準価格」で売ることを義務付けるための法律のことです。

詳しく知りたい方は>>参照:e-Gov 国民生活安定緊急措置法

3月10日に「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」を閣議決定され、マスクの転売に規制を設けることになり、施行する3月15日以降、購入価格を超える価格でマスクを転売は法律で禁止となりました。

マスク転売は法律違反!実際の罰金と懲役

懲役:
違反者への罰則は、1年以下の懲役。罰金:
100万円以下の罰金。

懲役と罰金:
※場合によっては、懲役と罰金の両方が科せられる

スポンサーリンク

マスク転売の逮捕事例・実例!罰金や懲役の「対象となる行為」と「ならない行為」

マスクの転売禁止は、品薄状態が続くマスクを転売目的で購入するのを防ぐのが狙いです。

逮捕の対象となる行為や対象にならない行為の違いと実際の罰金と懲役の内容を見てみます。

マスクの転売は法律違反!逮捕(罰金・懲役)の「対象となる行為」

家庭用、医療用、産業用のマスクを購入した値段よりも高値で転売する行為は法律違反

になったことで転売する転売をしてスーパーやドラッグストアネットショップなど 小売業者から購入したマスクを 購入価格を高値で転売する行為のことをいいます。

※今回は手作りのマスクの10倍も対象になります。

マスクの転売は法律違反!逮捕(罰金・懲役)の「対象とならない行為」

知人やお友達に安く販売する場合はマスクの転売禁止に当たりません。

スポンサーリンク

マスク転売の逮捕事例・実例!実際に罰金や懲役を受けた事件

2020年3月16日時点ではまだ逮捕者はの事例や実例はありません。

しかし、今後は悪質な抜け道を見つけている「転売ヤー」という人達も存在するので、逮捕者が出てくる可能性もあると思われます。

マスク転売の逮捕事例・実例!悪質な「転売ヤー」の存在

しかし、マスクの転売禁止が15日から施行され、仕入れ価格を超えた転売が規制されましたが、早くも、ネット上では抜け道とみられる商法が出始めてきています。

現在はマスクの転売が繰り返されているネットオークションのヤフオクやフリマアプリのメルカリではマスクの出品を全面禁止しているにもかかわらず…「中国工場から直接仕入れで転売品ではありません」「海外直輸入の正規品です」と明記して、転売ではないことが強調されていた。

品薄ピーク時は実勢価格の約10倍で「100枚8万円」や、中には10万円を超える高額の転売の実例もあったそうです。ネットの報道内でインタビューを受けた転売ヤーの話ですと数千万円もの利益を得ている人もいると語っていました。

マスク転売禁止の規制をすり抜けようとする新手の販売も浮上しているそうです。

抱き合わせ販売・「転売ヤー」のマスク転売方法が悪質!

新たな転売方法として、別の商品にマスクをセットした「抱き合わせ販売」があります。化粧品などの購入者にマスクをプレゼントするケースです。

政府は「独占禁止法が禁じる不公平な取引方法につながる恐れがある」と警告していますが、「おまけやプレゼントだ」と主張された場合、犯罪と判断するのが難しいということです。

替え玉販売・「転売ヤー」のマスク転売方法が悪質!

「替え玉販売」も登場しているといいます。

マスクとして出品すると削除対象となるため「ペン」などと偽って出品する行為です。

高額出品で注目を集め、実はマスクとのセットであることを巧みに推測させて購入に結びつけます。

関係省庁では警戒を強めていますが、規制する側と「転売ヤー」との、いたちごっこが続いている状態です。

今回は、マスクの転売禁止に関することでしたが、ティッシュペーパーやおむつ、トイレットペーパーなどの生活必需品も、品薄になった場合、この法律の品目に追加される可能性もあると思っています。

トイレットペーパーやティッシュ同様に、マスクも買い占めたりしなければ、無くなることはないとしていますので、転売目的ではないとしても買い占めはしないようにしたいものです。そしてマスク転売事件が起きないことを願います。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました