マツケンアリマの作詞家は誰?振付師や製作者情報!語呂合わせ最高

マツケンアリマの作詞家は誰?語呂合わせ振付師も最高すぎる

マツケンアリマの作詞は誰なのか製作者や振付師について詳しくお伝えします!

第66回、有馬記念にマツケンサンバとコラボ!

馬やミラーボールにマツケン登場!

その歌詞が絶妙にツボります。

芝も歌うよ、愛のパドックの作詞には感動で泣けてくる…

こんなおもろい作詞家は誰なんだと。

マツケンアリマの作詞は誰なのか、振付師情報と合わせてお伝えします。

マツケンアリマの軌跡と製作者情報

マツケンアリマまでの軌跡と製作者情報をサクッと紹介。

日本国民なら誰でもご存じ「マツケンサンバ♪」

その歴史は意外と古い。

マツケンサンバがメジャーヒットとなったのは2004年のこと。

2006年まで、「マツケンサンバ」旋風を巻き起こし日本国中が明るい雰囲気で熱狂したものです。

ところが、実は、マツケンサンバは1994年に作られ、公演の歌謡ショーの中や舞台版「暴れん坊将軍」のエンドロールで歌われていたのです。

あの、暴れん坊将軍、松平健さんがあそこまでくだけるとは…往年のメキシカンルックのようです。

1999年には、CDが制作されましたが、鳴かず飛ばずだったのでした。

ところが、2004年夏、松平さんがきらびやかな衣装をまとい、マツケンサンバを熱唱。

これに、マスコミが飛びつき一躍有名になったのです。

調子に乗ったマツケンサンバ…同年7月にシングル「マツケンサンバⅡ」も急遽発売。

これが、世に言いうマツケンサンバフィーバーとなります。

ちなみに、マツケンサンバⅡの作詞家は、吉峯暁子(よしみね きょうこ)さん。

マツケンサンバの作詞家

作曲家は、宮川彬良さんです。

作詞家の吉峯暁子さんは、宝塚市生まれ。

大阪大学文学部卒業で、大阪シナリオ学校シナリオ脚本科を修了しています。

日本歌劇団の唯一の座付き脚本、演出家として40作以上の作品を発表している有名な方です。

で、マツケンサンバフィーバーは過熱の一途…ついに松平健さんは「第55回NHK紅白歌合戦」と「第46回日本レコード大賞」にも出場をしています。

なんと、松平さんの出場シーンは、男性歌手の中で、最高視聴率を記録したといいますから、恐るべしマツケンサンバなのです!

そして、ついに日本中央競馬会は、第66回 有馬記念に先駆け「マツケンアリマ66」コラボを決行!

ミュージックビデオやマツケンサンバで踊り明かしてしまうというゲームも公開されたのです。

2021年のNHK紅白にの出場!?って期待しちゃうよね。

マツケンアリマ66の振付師は誰?

マツケンアリマ66の振付師は、かの有名なレジェンドダンサーの真島茂樹さんが監修しています。

1954年生まれのダンサーの真島茂樹さん。

年齢的にもマツケンさんと息もクオリティーもぴったり。

マツケンサンバⅡはもとより、「元気・川口御成道サンバ」や「東デ協音頭」、映画「プリキュア」の振付まで担当している大御所でございます。

気になるのは、作詞が誰なの?ってことです。

マツケンアリマ66の作詞家は誰?

ミラーボールに乗り走り去るマツケンアリマ!

歌詞の語呂合わせが最高にいかしてて、頭から離れない…

特に、「サンバ ビバ サンバ」が「牡馬 牝馬 せん馬」になってるとこは最高!

これほどまで、ハッピーにさせてくれる歌詞があっただろうか。

馬ファンはもとより、日本中の皆を幸せにしてくれる歌詞を考えた作詞家は誰なのか。

現在のところ、マツケンアリマ66の作詞家に関する情報は公開させておりませんが、マツケンサンバⅡ同様、吉峯暁子さんなのか…

マツケンサンバはもともと、往年のスタッフで脇を固めてますので吉峯暁子さんあたりかもしれません。

もしや語呂合わせ上手なラッパーだったりして…

いずれにしても、競馬のこととマツケンサンバを知り尽くしている作詞家であることは間違いないでしょう。

年末にきて、差し込んでくるかマツケンアリマ66!

行け!語呂合わせが最高のマツケンアリマ!

今回は、マツケンアリマの作詞は誰なのか、振付師と合わせてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました