宇垣美里の演技が下手?『彼キレ』の演技力でドラマ視聴率どうなる?

宇垣美里の演技が下手?『彼キレ』の演技力でドラマ視聴率どうなる

宇垣美里さんが、ドラマ『彼女はキレイだった』で本格的に女優に参戦するそうです。

へ?そんなに宇垣美里さんの演技力あった?演技下手じゃなかった?

宇垣美里さんの演技力が気になるところです。

今回は、宇垣美里さんの演技が下手で演技力が下手で『彼女はキレイだった』の視聴率はどうなる?ってお話しです。

宇垣美里の『彼女はキレイだった』役どころ

宇垣美里さんが出演するドラマは、カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『彼女はキレイだった』です。

原作は、同タイトルの韓国の大ヒットドラマで、イケメンエリート宗介と、優等生だったの残念女子の真逆の成長をした同士の「すれ違い愛」を描いたくラブストーリーです。

宇垣美里の『彼女はキレイだった』役どころ

宇垣美里さんの役どころは、ヒロイン佐藤愛が働くファッション誌『ザ・モスト』編集部の若手編集部員でビューティー・エディターの須田絵里花役を演じます。

宇垣美里さんは、「普段から仕事で美容誌やファッション誌のビューティー担当することも多いので、私にぴったりな役柄だなと思います。」と自信満々だそうです。

さすが中学時代は成績オール5の生徒会長、同志社大学だけあって、自己表現はうわさ通りのみごとなものですね。

出演が決まってからは、雑誌の撮影がある度にビューティー担当をリサーチしたり役作りにも気合が入ってるようです。もはや女子アナじゃないですね。

演じる絵里花は勝気な役柄で、けっこうな強気なシーンがあるするそうですから、なかな監督も見る目があるなぁと…

劇中の絵里花の性格は、意思がはっきりしていて、憎めないおもしろキャラクターなんだそうで、ってことは、寄せて演じる必要がない?まんま宇垣美里でOKなんじゃないですかと。

女優に本格デビュとか騒がれていたから、てっきり主役か!?と思ってましたが違うんですね…マスコミもチョイ大げさすぎです。まぁ、いきなり宇垣さんを主役に抜擢するほどギャンブルはできませんのでお手並み拝見といったところでしょうか。

とはいえ、ドラマは主役の他バイプレーヤーの演技力に支えられてますから、宇垣美里さんの演技力も重要となってきますので、今回のドラマは女優の道が開けるかどうか分かれ目ともなりそうですね。

宇垣美里の演技力は?そもそも女優志望だった?

宇垣美里さんは、そもそも女優志望だったのかな?

宇垣美里の演技力は?そもそも女優志望だった?

最近は、女子アナなんだか女優なんだか線引きが難しくなってますよね。

宇賀なつみさんは元々ドラマ好きで、今回のドラマ初挑戦でも、自分とは異なるキャラクターになりきって演じているので、新たな宇垣美里に驚いてもらいたいとおっしゃっております。今でも十分おどろいてますけどね。

宇垣美里さんは、アニメオタクとしても知られていて、完成度の高いコスプレを披露したり、グラビアを飾るなど、局にいる時代からスター性を発揮してましたから、女優になりたがっていたことはみえみえですね。

宇垣美里さんの愛称は、「ウガッキー」ですからね。ガッキーにウ付けられるぐらいですから、そこそこ行くかもよ~。

宇垣美里さんは「見てくれる人が、キュンキュンして元気になれる作品だと思います。」田中みな実さんとポストを競ってる感もありますので、今回のドラマも気合が相当入ってるはず。

田中みな実さんと肩を並べるほどの女優になれるのかは正直わかりませんが、最近は眼内にコンタクトレンズを入れるICL治療もしてますからね。相当見てくれにも気合が入ってます。

Hey! Say! JUMの伊野尾慧さんとの熱愛報道もされてるし、所属事務も大型女優の宝庫オスカープロモーションですから、もはや普通の女子アナじゃないですね。

宇垣美里さんは、同志社大在学中にアナウンサー職向けのセミナーを受講しており、当時はアナウンサーが雲の上の存在だったとおっしゃってますけど、女優として成功すれば雲を突き抜けて違う惑星の存在になるかも知れません。

宇垣美里の演技が下手?今までの演技力

宇垣美里さんの演技力は下手なの?演技力はどうなのよ?てなことですけど、過去にはCMや声優などで、女優じみたことも経験しております。

例えば、宇垣美里さんが「泣いた演技」で話題になったミュゼのCMがありますね。

このときの宇垣美里さんの演技力は、「下手」っていう意見と、「自然な演技が上手い」という意見に分かれてましたね。

「誰だろう?この人。あんまり美人じゃないし、演技もヘタだな」と…

演技が下手すぎて全てのCMが嘘くさく感じると…これはスポンサーもヤバいですね…

宇垣美里さんの演技力について上手いのかどうかコメントしてる人はいませんでした…ただただ宇垣美里さんが可愛いと…可愛いだけでは女優は務まりませんけどね。

中には、活舌を指摘している人もおりまして、女子アナですから活舌は良いはず!と思いきや、以前、爆笑問題の太田さんが宇垣美里さんは「原稿を必ず噛む」「宇垣は滑舌が悪いから」ってTBS内で評判になっているとか暴露してましたが…

活舌については、2020年にアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』で花の妖精役で声優デビューもしていますから、現在は完璧になってるんじゃないかと…歯でも矯正したか…

今回のドラマでも演技力や活舌に注目したなぁって思っています。

それから、深夜番組でもなんちゃって女優になってたみたいですね。演技力まではわかりませんが…

以前、Paraviのドラマ「SICK’S 覇乃抄」の舞台あいさつで、 女医の植田もも子を演じた宇垣美里さんに堤監督が、「毎朝、出発の準備をしているときにニュース番組で宇垣アナの姿を見ていて、今回の女医役にお願いしたいと思いました」と起用の経緯をかたっておりました。

また、フリーアナウンサーになったらまた出ていただきます。って演技力を高く評価してくれてましたね。笑いを取りたかったからなのかはわかりませんが…

宇垣美里出演『彼女はキレイだった』の視聴率は?

宇垣美里が出演する『彼女はキレイだった』の視聴率は、ドラマがスタートしてませんので、おあずけですね。

宇垣美里出演『彼女はキレイだった』の視聴率は?

分かり次第追記するかもしれません。普通の演技力で上手くも下手でもなかったら追記はしません。面白くないから…

爆発的に人気が出るか、級落下するかどっちかだったら追記ましょうね。

宇垣美里さん女優デビューの気迫が感じられる今回のドラマと、その後の演技につながるのか楽しみです。

今回は、宇垣美里さんの演技が下手で演技力が下手で『彼女はキレイだった』の視聴率についてご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。当ブログは宇垣美里さんを応援します。

タイトルとURLをコピーしました