【沖縄バイク失明事故】嘘は少年か警官どっち?警棒で眼球破裂の真相

【沖縄バイク失明事件】嘘は少年か警官か?警棒で眼球破裂の真相

沖縄県バイク失明事故で嘘は少年か警官どっちなのか警棒で眼球破裂の真相について解説!

2022年1月27日未明に、沖縄市宮里の路上でバイクに乗っていた男子高校生が巡回中の警察官と接触。

高校生は眼球破裂で右目を失明と報道されています。

手に警棒を持っていたことが県警関係者への取材で分かっています。

沖縄バイク失明事故の真相

沖縄バイク失明事故の真相にせまります。

沖縄バイク失明事故の発生現場と時刻

沖縄バイク失明事故発生現場と時刻について。

失明した高校生は1月27日午前0時50分ごろ、沖縄市宮里のコンビニの前で友人と一緒にいました。

近くで暴走行為があり、パトカーが接近してきたことから、補導を恐れて友人らとばらばらにその場を離れたそうです。

ところが、友人らと落ち合う場所に向かってみる、今回失明した高校生が路肩で倒れているのを発見。

失明した高校生は自損事故を起こしたなどと自ら、119番通報したとはなしていました。

沖縄バイク失明事故で眼球破裂

沖縄署は27日に、暴走行為警戒中だった地域課勤務の男性警官(29)とバイクの男子高校生(17)が接触し、高校生が右目の眼球破裂と眼底骨折の重傷を負っていたと発表しています。

眼球破裂となると、相当な勢いで負傷したとされていました。

沖縄バイク失明事故で400人の暴徒化

高校生が「警官に殴られてけがを負った」と訴えている一方、「自損事故でけがをしたと発表されている」といった情報が錯綜し、SNSでまたたくまに拡散。

沖縄署前の国道330号線の両側には、見物人を含め400人近くが終結し、物を投げ入れ暴徒化。

構内に入り、棒などで警察車両2台のフロントガラスも破損させる大惨事となりました。

28日午後1時まで一般の立ち入りを規制して窓口業務を停止しています。

沖縄バイク失明事故で嘘(偽証)は少年か警官かどっち?

沖縄バイク失明事故では、警官と少年の証言が違っているため、どっちが嘘なのかが気になるところです。

県警捜査1課によると、警察官は「おい、止まれ」と声を出して制止させようとした。

いぽうの、高校生は周囲に「急に警察官が現れ、停止は求められていない」と話しているという

引用元:沖縄テレビ放送

もう少し詳しくバイク事故の状況をみてみると。

その後、高校生の親族は琉球新報の取材に対し、接触後の高校生の主張として「突然、警察官が暗闇から出てきて、警棒のような物で殴られた」と主張しています。

一方の、警察官は署の調べに対し「バイクに停止を求めたが止まらず、接触した」と証言。

また、捜査関係者らによると、接触時の状況について「一瞬のことで分からない」とし、故意にけがを負わせる行為はしていないと主張しているそうです。

事故当初は、警棒は出してないと証言されていたそうで、それが少しずつ変化していると情報番組「ゴゴスマ」でも放送されていました。

勢いよく警棒が当たったのではないかとも議論されてましたね。

最初の証言と2人の現在の証言も違てきてる…?

コメンテーターの話していたとおり現在、警棒の鑑定を進めて科学的に接触状況を調べてるそうです。

眼球破裂と眼底骨折をした高校生と警察官の証言に食い違いがあり、真相は現在のところ調査中となっており真相が待たれます。

今回は、沖縄県バイク失明事故で嘘は少年か警官なのか警棒で負傷の真相についてまとめました。

タイトルとURLをコピーしました