快適グッズ

足袋(たび)スニーカー

更新日:

先日、ラジオでおもしろいスニーカーの話題を取り上げていました。
その名も足袋(たび)スニーカー。
聞き始めは旅スニーカーだとばかり思って聞いていたら、何と「旅」じゃなくて「足袋」ですよ!

さっそく調べちゃいました(^^)
で、その名の通り、足袋の形をしたスニーカーです。

何でも、ラジオのパーソナリティの方の話だと、あるスポーツ選手が練習で履いていて、それを見た外国選手が「何だこれは!履き心地も良いし練習にはもってこいだぁ!」と話題になったんだそうです。

さらにネットで調べてみると、足袋(たび)のランニングシューズを制作した会社を題材にしたドラマ「陸王」の放送がきっかけで、ますます話題になったんだそうです。

何年か前から流行ってたみたですけど、私は全然知りませんでした~^_^;
あ!そこのあなた、冷ややかな目で「いまごろ足袋スニーカーを知ったのー!」っていいました~?

良いんです!田舎の中年には流行がやってくるのが遅いんです!(^^)

そもそも原型となっている地下足袋(じかたび)は足の指が親指と残りの二股に分かれていて、底に滑り止めの薄いゴムが付いています。
工事現場で高いところで作業をされている方たちが履いているのを見かけますよね。

足袋(たび)は親指が独立しているため、地面を掴んで歩くような器用な動作が可能になるので底にゴムを付けた地下足袋(じかたび)は昔から作業用の履き物として使われていたんだそうです。

これをスニーカーに応用するとは!凄い発想です!

当然、器用に履きこなせるから地面の上を走る競技などでは、かなり使いやすそうです。

人は歩くときに地面を掴んで蹴りながら進むわけですが、主に親指と人差し指の二本に力がかかるといわれています。
そこの部分が独立していて、それぞれが足の指と一体化しているわけですから、そりゃ器用に使えるわけです。

何となくお猿さんの足の指を想像しちゃいます(^^)
足の指って木につかまったり器用ですもん。

ただ少し気になったのは、アスリートのようにタイムの向上や競技能力を高めるような時には底の薄い方が適していると思いますが、ウォーキングや軽い運動程度で履くなら「標準装備その1靴」のところでも説明していますが、足袋スニーカーを履くにも膝の関節や腰にかかる負担をなるべく軽減するために底の厚みが適度にあった物が良いと思いました。

ファッション的には和装にはぴったりな感じはしますね(^^)
女性にも人気があるようなことがネットにも載ってましたが皆さんはどう思いますか?
ファッション感覚は人それぞれなので何ともいいようがありませんが男性的な感じがするのと、もし私の彼女がこれを洋装で履いていたら少し引くかも…^_^;

どなたか履いる方がいらしたら感想を送って頂きたいです。

-快適グッズ

Copyright© 50代からの生き方情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.