東京オリンピックの中止はいつわかるの?延期の場合はいつ開催?

東京オリンピックの開催も近づいてきましたが、同時に中止の可能性も出てきてしまいました。

東京オリンピックが中止になるのはいつわかるのでしょうか?

また東京オリンピックが中止になった場合はいつ開催されるのでしょうか?

スポンサーリンク

東京オリンピックの中止はいつわかるの?

現段階では東京オリンピックの中止や延期の報道はされていませんが、 少し気になるニュースが出てきました。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事が、アメリカメディアのインタビューで、「東京オリンピックが開催できずに中止になった場合、1年か2年、延期が現実的だ」という内容がネットニュースに報道されました。

アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、組織委員会の高橋治之理事は、「理事会で議論はしていない」としています。

また、中止や無観客での開催は、経済的な損失が大きすぎるので、最も現実的な選択肢は、東京オリンピックを1年か2年延期することだと述べたそうです。

さらに、来年のスポーツイベントの日程は、ほぼ固まっているため東京オリンピックが中止になった場合、2年間の延長が調整しやすいとしています。

3月下旬の理事会までに影響を検討する見込みだとしていることが報道されています。

大会の延期は検討しておらず、準備は計画通り進めます」とコメントしています。

つまり、現段階では東京オリンピックの中止や延期は議論もされていないということです。

東京オリンピックの中止はいつわかる?

東京オリンピックの中止はいつわかるのか?

現段階では東京オリンピックの中止はありませんが、ネットニュースの報道の内容に少し示唆するようなことが書かれています。

報道内容には…

組織委員会の高橋治之理事は、「理事会で議論はしていない」とした上で、「3月下旬の理事会までに影響を検討する見込みだとしている」

とも報道されていましたので、東京オリンピックが中止かどうかは3月下旬以降の議論になると思われます。

NEWS JAPANの報道では、IOCで長く委員を務めているディック・パウンド氏によりますと、遅くても5月には、大会を中止するかどうかの最終決定が行われるだろうとしています。

無観客での開催も議論されるところでしょうが、経済な損失を考えれば、赤字をしてまで無観客の開催は考えられないのではないでしょうか。

専門家の見方だと…

まずは保険業界。大会が中止となれば、少しでも損害を回復しようとする放送局、広告会社、スポンサー、ホテル、そして日本の組織委員会によって、保険業界は突然、数億ポンドもの申し立てを受けることになるだろうとしています。
大会チケットをめぐる損害については保険をかけていたとしても、このオリンピックを、東日本大震災からの復興のきっかけにしようと考えてきたために、過去7年にわたって行ってきたインフラ投資や大会の準備費用、合わせて10兆ポンドは戻ってこないかもしれない。低迷する日本経済にとっては、観光収入の減少も大きな打撃となるだろう。

東京オリンピックが、もし中止となれば、かなりの経済的損失となるのは必至のようです。

東京オリンピックが、もし中止になれば、 オリンピックのために準備をしていた各企業や団体が経済的に、かなりのダメージを受けるのは必至です。

とはいえ、結果的に中止となるようなことでもあれば、早めの対応が望ましいという考え方もあります。

スポンサーリンク

東京オリンピックが中止で延期になったらいつの開催になるのか?

現段階では東京オリンピックは中止になっていないので、延期の話も、もちろんありませんが、もし東京オリンピックが中止になりなった場合は延期になる可能性もあります。

そのこともネットニュースには示唆されています。

組織委員会の高橋治之理事は、「理事会で議論はしていない」とした上で、「来年のスポーツイベントの日程はほぼ固まっているため、2年間の延長が調整しやすい」として、3月下旬の理事会までに影響を検討する見込みだと報道されています。

この報道からわかることは、もし東京オリンピックが中止になり延期になった場合は2年間の延長が検討されることになりそうです。

また、2020年3月3日にのNEWS JAPANの報道で、橋本聖子五輪相が東京オリンピックを年後半に延期する可能性があると発言して話題となっていました。

最新情報が入り次第また追加していきます。

スポンサーリンク

東京オリンピックの中止の決定権は誰にあるのか?

東京五輪について、東京都とIOCが交わした契約の第66条「契約破棄」の項ににより、IOCが参加者の安全性が危険にさらされると判断した「いかなる理由」がある場合も、「開催都市から大会を撤退させる」権限はIOCが持つと定められているそうです。

また、大会が2020年内に行われなかった場合には、IOCが契約を破棄できると書かれていることで、延期についての言及はないそうです。

つまり、IOCが権限を握っているけれども最終的には、IOCはWHOの専門家や日本政府の助言に従って動くことになるそうです。

東京オリンピックの開催はまだ少し先の話ですが、 日本に限らず世界的にスポーツの自粛が余儀なくされている状況が続いています。

早くこの状況が好転して東京オリンピックを中止せずに開催できることを願ってやみません。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました