わさビーフ・リニューアルの変更は何?味や値段、容量と理由を調査!

わさビーフ・リニューアルの変更は何?味や値段、容量と理由を調査

大人気のわさビーフのキャラクターが変更になります。

キャラクターの変更やリニューアルにともなって、味や値段、容量も変わってしまうのか気になったので調べてみました。

また、キャラクターがまるで豚のようだとSNS上では炎上していますw

スポンサーリンク

リニューアル前のわさビーフ「わさっち」は3種類!

リニューアル前のわさビーフ「わさっち」には3種類あるのはご存知でしたか?

違いは容量で中身は、当然一緒です。

容量の小さい順から小さい順から並べてみます。

わさビーフ商品説明

濃厚なビーフの旨みに、ツンとくるワサビの風味という意外な組み合わせのポテトチップスが1987年に発売以来、ずっと皆様に愛され続け、「わさビーフの山芳製菓」と言っていただくようになりました。

ビーフのコクにピリっとさわやかな後味がくせになる、山芳製菓にしかないオリジナルの味わいをぜひお召し上がりください。

ポテトチップス 小袋 わさビーフ
25g/1袋わさビーフ,小袋想定小売価格 60円わさビーフの小袋サイズ(25g)です。
ポテトチップス わさビーフ
55g/1袋わさビーフ,普通サイズ想定小売価格 130円わさビーフの大袋サイズ(55g)です。
ポテトチップス BIG わさビーフ
100g/1袋わさビーフ,大袋想定小売価格 230円わさビーフの大袋サイズ(100g)です。

わさビーフ・リニューアルの変更点!味や値段、容量も変わるの?

わさビーフのキャラクター変更で味や値段容量が変わるのか調べました。

わさビーフの味は変わるのか?

わさビーフのキャラクター変更で味は変わります。変身ですよ~。ワクワク!

変更点は下記の通りです。

  • 現行品をベースにわさび感をアップ
  • わさびのシャープな刺激感を表現
  • キレの良い後味

わさび感をアップだなんて、早く食べたいです~。キレの良い後味ってどんな感じなんだろかw

わさビーフの値段と容量は変わるのか?

わさビーフのキャラクター変更しても値段と容量は変わりませんでした。

今まで通り、標準小売価格130円で内容量 は55gです。

味がおいしくなって値段と容量はそのままだなんて、嬉しいですね~。

スポンサーリンク

わさビーフがリニューアルした理由は?

わさビーフがリニューアルした理由はなぜでしょうか。

わさビーフは1987年に誕生した山芳製菓が発売したロングセラーポテトチップスですね。超おいしいのです。

わさびの刺激とビーフの旨みが組み合わさった、濃厚な味わいが特徴で大人気です。

実はわさビーフは消費者のしこうに合わせてデザインと味の改良を行っているんですね~。

でもって、今回は約3年ぶりのリニューアルとなるそうです。

わさビーフのキャラクター変更理由

どこのお菓子メーカーもそうですが、時代時代のニーズに合わせて味やデザインを変更しているのです。

逆に頑固一徹全く味を変えないお菓子もあると思いますが、 時代に合わせた味付けやデザインの変更は長く愛されるるための戦略でもあるわけです。

お菓子も時代の波に乗るのが大切なんですね。

食べる我々にとっても美味しく変化してくれるのは嬉しいことです。

スポンサーリンク

わさビーフのキャラクターも「わさぎゅ~」に変更!豚か牛かで炎上w

わさビーフのキャラクターには名前があって、以前は「わさっち」と名付けられていました。

今回のリニューアルでは、キャラクター名が「わさっち」から「わさぎゅ~」に変更になります。

リニューアルした新商品は、お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さん運営するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」のメンバーと共同開発をしています。

メインキャラクターや、新パッケージのデザインは、西野亮廣さんが監修したそうです。

以前のキャラクターは33年続いた、白に茶色のブチ模様の牛さんでした。

名前は「わさっち」。2015年にツイッターで行った改名キャンペーンで「わさっち」に決定して以降、公式キャラクターとして親しまれるようになりました。

それが、今回、西野亮廣さんがデザインした緑色の牛のようなキャラクター「わさぎゅ~」へと変更となるのです。

でキャラクター変更の報道ニュースを見ていて、引っかかるのは「緑色の牛のようなキャラクター」と書いてあるんですよね。

牛のようなって…おいおい牛じゃないのかい!?と…

これが、 SNS 上でこれ牛じゃなくて豚なんじゃないの?と炎上していますw

今回は、わさビーフのキャラクター変更理由と味や値段、容量についてご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました