wrestle-1が活動休止!カズ・ハヤシや各選手のコメントまとめ

wrestle-1が活動休止で武藤敬司引退か?各選手のコメントまとめ

WRESTLE-1が休止することになりました。まさか倒産?とビックリ!

武藤敬司さんは引退するのでしょうか?

スポンサーリンク

WRESTLE-1活動休止の理由は?まさか倒産じゃない?

2013年に旗揚げしたWRESTLE-1。当初から経営手腕を心配している声もありましたが、創設してから7年目にして無期限の活動休止を発表しました。

武藤敬司会長自ら、休止理由は、赤字体質を脱却できなかったためと語っています。

また、赤字体質のまま、オーナーからも補填してもらいながらの運営だったようで、これ以上迷惑をかけられないとの判断で活動休止の決断を下したということです。

「自分自身の実力不足なのか…悔やまれる。」ともおっしゃっていました。

経営面で言えば、集客力をもつ選手を育成していくことが、利益を上げる上で必須でしょうから、それをオーナーさんに補填してもらいながら活動を続けていたようですので、ある程度は覚悟をしていたのではないでしょうか。

人気の低迷については明らかではありませんが、長年プロレスファンをしている者からすると、選手らの実力の低さも否めないといいます。(もちろん全力で挑んでいるに決まっていますが)

コアなプロレスファンは試合展開や技のキレなどでトレーニング不足などを見抜いてしまっていたのかもしれません。

wrestle-1が活動休止で武藤敬司引退か?各選手のコメントまとめ

wrestle-1が活動休止で武藤敬司は引退する?その後の契約って?

wrestle-1が活動休止にともない、武藤敬司さんは引退するのでしょうか?

2019年の夏ごろのインタビューでは武藤敬司さん自ら「引退?今はないよ」と力強くおっしゃっておりました。

武藤敬司さんは当面、2020年4月1日からアメリカで仕事をすることが決まっているそうです。

昨年から決まっていたことで、契約もすでに結んでいるそうです。

2020年3月15日の試合がWRESTLE-1としての武藤敬司さん最後の戦いとなります。

日本で試合が見れるのも、もしかしたら3月15日以降は当分ないかもしれませんね。さよならムーンサルトプレス…

スポンサーリンク

wrestle-1が活動休止に対して、各選手のコメントは?

WRESTLE-1には、武藤敬司さんをはじめ、カズ・ハヤシさん、近藤修司さん、KAIさん、SANADAさん、大和ヒロシさん、征矢学さん、アンディ・ウーさん、稲葉大樹さん、土肥孝司さん、立花誠吾さん、頓所隼さんなどが所属しています。

志を一つにして頑張ってこられた彼らの直近のコメントを集めてみました。

カズ・ハヤシのコメント

4月1日でレッスルワン活動休止になります。
力及ばずすいません。
今までレッスルワンを支えて頂いた皆様ありがとうございました。

近藤修司のコメント

新型コロナが怖くてジムに行きたくても行けない!
そんな方は、他人との接触が少ないパーソナルトレーニングはいかがでしょうか?

wrestle-1休止については触れていませんでした。

大和ヒロシのコメント

色んなことを
思い出しますよね。旗揚げ戦。
合同練習。
プロレス総合学院。
撃弾☆ボディプレス。
プロモーター兼営業部長として
事務所や車中で寝泊まりした日々。
本当に命懸けで私は毎日闘ってました。
その場所もあと約1ヶ月。
せめて悔いなく、残りの全試合を闘い抜いて下さい。
スポンサーリンク

KAIのコメント

本日の会見で
WRESTLE-1の無期限活動休止が発表されました。
今日の今日のことで、いまは言葉がないのが正直なところです。まだ頭の整理もつかない、こんな状況ですが明日はWRESTLE SOULを控えています。
とにかく!明日は、精一杯、全力で頑張ります.

征矢学のコメント

コメントいただいた皆さんへ
まだ今日で休止になる訳ではないのでどうか、4月1日までは明るく、レッスルワンらしさを見ててくださいませ!!
よろしくお願いします。レッスルワン活動休止。
悔しい思いが強いですが…
4月1日までは全力でレッスルワン所属として観に来てくださるファンの皆さんにレッスルワンらしいレッスルワンを。批判覚悟で言います、今興行が困難な状態ですが残りの限られた興行は出来る限りやらせて欲しい…。

立花誠吾のコメント

4月1日の後楽園大会をもってWRESTLE−1は活動休止。
団体には感謝しかねぇ。
ありがとうございました。
所属としての試合最後まで変わらず全力で舎弟どもに魅せるぞこの野郎!
まずは明日の道場マッチ。
観に来いよこの野郎!!!

頓所隼のコメント

色々な想いはあるけど俺たちのプロレスを見届けてください最後まで全力で突っ走ります。

カズ・ハヤシさん、近藤修司さん、征矢学さん、河野真幸さんら武藤敬司さんが社長だった旧全日本プロレスから流れてきた選手ですし、実力、人気もありますので、どこの団体でもやっていけると思います。

しかし、稲葉大樹さんや芦野さんのようにW-1生え抜きの選手らは、今後、新天地を見つけるのは大変だと思われますが、頑張っていただきたい気持ちでいっぱいです。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました