望海風斗の結婚した旦那は誰?彼氏ができない理由と結婚観がヤバい!

望海風斗,結婚,旦那,誰,彼氏,できない理由,結婚観

望海風斗さんは結婚して旦那がいらっしゃるのでしょうか。

宝塚を退団したので、実は結婚して既に旦那がいるのでは?とふと思ったりするのです。

今回は、望海風斗さんの結婚した旦那や彼氏ができない理由と結婚観についてまとめました。
スポンサーリンク

望海風斗の経歴・プロフィール

望海風斗さんの経歴・プロフィールをサクッとご紹介しておきます。

望海風斗,結婚,旦那,誰

  • 芸名:望海風斗(のぞみ ふうと)家族会議で決定
  • 本名:大門紋子(おおかど あやこ)
  • 愛称:だいもん
  • 生年月日:983年10月19日
  • 出身地:神奈川県横浜市出身
  • 身長 169㎝
  • 血液型 A型
  • 出身校 法政大学女子高等学校
  • 芸名の由来 本人と家族で考えた
  • 宝塚音楽学校入学:2001年
  • 宝塚歌劇入団:2003年
  • 宝塚歌劇団退団:2021年
  • 所属事務所:なり(フリー)

望海風斗さんは、ご存じ宝塚歌劇団に2003年、89期生として入団し、ボーイッシュなイケメンとして絶大な人気を誇るトップスターでした。

特に、花組に配属されてからの活躍はめざましく、「太王四神記」や、「外伝ベルサイユのばら」「虞美人」などで大活躍。

2014年には、明日海りおさんや、蘭乃はなさんとトップコンビ大劇場「エリザベート」で、人気が爆発して、雪組へと組替えもしております。

宝塚のトップスターを続けてきた望海風斗でしたが、2021年4月11日、「fff/シルクロード」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団しております。

現在は、フリーとなり芸能活動に邁進しております。

スポンサーリンク

望海風斗の結婚した旦那は誰?彼氏ができない理由も

望海風斗さんが宝塚を退団したとなると、気になるのはが結婚や旦那の存在ですね。

望海風斗,結婚,旦那,誰,彼氏,できない理由

結論としては、望海風斗さんは結婚はせずに旦那もいらっしゃいません。

望海風斗さんは宝塚歌劇団を退団したばかりですので、もしや既に結婚して旦那がいるのでは?と思っていたのですが残念です。

宝塚歌劇団は、恋愛禁止で彼氏を作るのはダメなの?とジャニーズ事務のような暗黙のルールがあると思われている方もいらっしゃると思います。

<実は、宝塚歌劇団は恋愛は禁止されておらず、現に彼氏を作って結婚している元花組トップスターの春野寿美礼さんも現役時代から交際されておりましたし、彼氏を作ることは禁止されておりません。

しかし、彼氏や結婚を公開することは皆無のせかなのが宝塚歌劇団でもあります。

熱愛交際や彼氏の存在をおおやけにしてしまったら…なんとなく想像ができますね…カラジェンヌの男役に熱狂しているファンからしますと、彼氏が出来たなんてことを公開したら、一気にファン熱が冷めてしまいます。

さらに、彼氏を公開したことで、人気が下がってしまう可能性もあるのです。

このような理由から、宝塚歌劇団の団員は交際している彼氏がいても、結婚をして旦那がいたとしても、公開することはあり得ないといえるのです。

芸能界と少し違った彼氏に対する存在感があるのでした。

場合によっては、彼氏ではなく彼女が出来たとしても、特有のジェラシー問題となりそれはそれで良くない結果となるわけです。

しかしながら、望海風斗さんは2021年に宝塚歌劇団を退団して芸能活動をしており男優ではなくなりました。しがらみから解放された望海風斗さんに彼氏や結婚した旦那の存在を疑っても不思議ではないのです。

スポンサーリンク

望海風斗の結婚観!彼氏は作らない?

望海風斗さんに彼氏や結婚した旦那もいないとするならば、せめて結婚観を知りたいですね。

望海風斗,結婚観,彼氏

望海風斗さんの結婚観について、調べてみたら宝塚の退団会見の際に以下のようなコメントをしています。

「宝塚は私の全てでした。明日からの人生が全く想像つきません。それくらい人生を懸けていた場所でした」と。

先ほどご紹介した、宝塚特有の彼氏の存在を公開しないことと照らし合わせると、望海風斗さんは人生を懸けていた場所であったことから、ストイックに彼氏すら作らなかったと考えられます。

さらに、現在の結婚観については、「今のところ寿の予定はありません」とキッパリとおっしゃっておりました。

ただですね、彼氏を通り越し「寿の予定はありません」と結婚にまで飛躍しているので、もしかすると退団したことで、彼氏ができたとも思ったり思わなかったりするのでした。

今回は、望海風斗さんの結婚した旦那や彼氏ができない理由と結婚観についてについてご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。当ブログは望海風斗さんを応援します。

タイトルとURLをコピーしました