黒木瞳は性格極悪の悪さ!評判が悪い最悪な言動と娘のイジメも酷い!

黒木瞳,性格,極悪,悪さ,評判,最悪,悪い,娘,いじめ,酷い

黒木瞳さんの性格が極悪の悪さにつて、評判が悪い最悪なわがままな言動や娘のいじめもご紹介!

黒木瞳さんの性格を調べてみると、「性格 極悪 悪さ」などと、性格が悪いキーワードがズラリと並んでいてビックリ。

中には評判が悪いことまで報道されていて、さらにビックリ。

わがままで極悪級な評判や性格が悪そうな言動がいろいろと書いてあった…

おまけに、黒木瞳さんの娘までいじめで話題となったらしい…

今回は、黒木瞳さんの性格が極悪の悪さにつて、評判が悪い最悪なわがままな言動や娘のいじめなどをまとめました。

さっそく、報道に載っていた性格が極悪そうに悪い評判などから紹介していきましょう。

黒木瞳の性格が極悪…ホテルの悪評

黒木瞳さんの性格が極悪といわれているホテルの悪評から。

黒木瞳さんの性格を調べてみると「東スポ」の記事が真っ先にでてきます。

題して『黒木瞳ホテルで大ひんしゅく悪評』という何とも酷そうな記事…ってこんな性格が悪そうな記事を書いて大丈夫なのか…

少し前の、2016年の出来事らしい。

映画「嫌な女」で初監督を務めた黒木瞳さんがホテル業界で悪い評判になっているとのこと。

「評判は最悪です。黒木さんが都内の高級ホテルに泊まった時、レストランにはコース料理しかないのに『アラカルトが食べたいの!』『これとこれだけ持ってきて!!』とわがまま放題。『すいません…コース料理しかないので』と何度言われても折れず、『料理長を呼んで!』と強引にアラカルトを注文し、食べていた。そのホテルでは“要注意人物”としてブラックリスト入りしてます」(ホテル業界関係者)

引用元:東スポ

黒木瞳さんの評判は最悪で、コース料理を無視して、これが食べたいとわがまま放題…

ホテル側も丁重に説明するも、強引にわがままを通してしまい、そこのホテルでは「要注意人物」に指定されているとのこと…

記事の内容が本当のことだとすれば、黒木瞳さんの性格悪い感じ…性格が極悪の悪さと言われても無理もない感じ。

映画「嫌な女」では、先輩風を吹かせまくって映画のタイトル通り「嫌な女」と言われていたそうです…

昔から黒木瞳さんに悪女の役が似合うのは、芝居ではなく本性だからなの…?といったネットの評判や反応もあったりして。

黒木瞳のガン無視が性格極悪の悪さ

黒木瞳さんは、別のホテルでも性格の悪さを見せていたそうです。

黒木瞳さんは女優だとばれないようにホテルのレストランでもハットを被っていたそうです。

まぁ、帽子やハットにサングラス…女優アルアルですよね。

でも、黒木瞳さんは特大のハットをかぶってレストランに登場したと…

特大ハットって、俗にいう女優ハットでしょ…かえって「私は女優です」って、目だったりすると思うのですが…

ヤリすぎ感な黒木瞳さん、あんのじょうホテルレストランのスタッフに、「マナー違反なので、脱いでいただけませんか」と言われたそうです。

ホテルのグレードによっては当然のことですね。

ホテルレストランのスタッフなので、当然丁寧に注意するわけですが、黒木瞳さんはガン無視だったそうです。

このガン無視も本当のことだとすると、私が想像していた黒木瞳さんの性格とは全く別者…性格極悪そうな悪さ?

黒木瞳の性格が極悪の悪さ…オフィス稲垣独立騒動

黒木瞳さんの性格が極悪の悪さは、オフィス稲垣独立騒動が一番酷そうな内容ですかね。

黒木瞳さんは元タカラジェンヌで1985年に宝塚を退団しています。

黒木瞳さんの映画主演デビュー作は、1986年『化身』。

実はこの映画のころから、いきなりの露出全開で、宝塚の歴史や品位を落としたとして非難されていたこともあります。

芸能活動の幅を広げようとしていた黒木瞳さんは、ある知人女性が設立した事務所でマネジメント活動をしていました。

調べてみると、その事務所は「オフィス稲垣」といって「稲垣しず」さんという社長。

1998年に黒木瞳さんのマネージメントオフィスとして設立されています。

黒木瞳さんと稲垣しずさんは20年以上のパートナーだったそうですが、稲垣しずさんは急になくなったそうです。

黒木瞳さん以外には、眞野裕子さん、齊木由香さん、純名りささん、津田三七子さんらが在籍しておりました。

黒木瞳さんは、さっさと個人事務所を設立してしまい、残された他の所属タレントではその事務所を立て直せず、2011年に事務所は廃業となっています…

こうした黒木瞳さんの行いは、芸能界で義理も人情もないと悪評になっていたそうです。

黒木瞳さんの性格が極悪の悪さ?ネット上に「性格極悪」「性格悪い」「評判悪い」と連呼されている理由みたい。

黒木瞳の娘の性格も極悪…いじめが酷い

黒木瞳さんの性格を調べていたら、なんと娘のいじめ問題も出てきました。

あらあら、娘がいじめにあっているのかと思いきや、娘がいじめをしていたと…親子して性格悪いの?

黒木瞳さんは1991年に一般男性と結婚して、1998年に38歳のときに長女の萌子さんを出産しています。

黒木瞳さんの娘が通うのは芸能人御用達の青山学院。

そこで黒木瞳さんの娘が驚きのいじめ騒動を起こしていたことが発覚しています。

2012年8月に、二年生のA子さんが、数人のいじめグループによって、校内のトイレに追い込まれ衣服を剥ぎ取られて携帯のカメラで撮影されたというショッキングな報道。

で、イジメの主犯格は黒木瞳の娘と噂になっています。

マスコミも主犯格を特定しなかった理由は、事件当時黒木瞳さんの旦那は、電通の幹部に出世しており配慮をしたためだと言われています。

そして、学校側も黒木の娘ら加害者の3人の女子生徒を停学処分にしています。

さらに、あろうことか被害者のAさんも騒動を起こしたという理由で3日間の停学処分を受けたそうです。

学校側は、あくまで「いじめは無かった」とのスタンスを崩さなかったそうですが…闇が深そうだね。

黒木瞳の娘はいじめ事件後に、ニューヨークのセレブ学校に転学し母の後を追って、宝塚音楽学校への入学を目指しています。

ところが、いじめ騒動により、海外留学を余儀なくされたことで、2014年の宝塚受験ができなくなってしまったということです。

性格が悪い因果応報というべきか…親子で性格悪い?とSNSではつぶやかれていることもあるようです。

今回は、黒木瞳さんの性格が極悪の悪さにつて、評判が悪い最悪なわがままな言動や娘のいじめについてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました