小室圭と嫁の眞子が不仲?不満は試験失敗と子供や貯金に佳代問題!

小室圭,嫁,眞子,不仲,不満,試験失敗,子供,貯金,佳代,問題

小室圭さんと嫁の眞子さんは不仲で、不満とされる試験失敗と子供や貯金に佳代さん問題などをご紹介!

小室圭さんに嫁の眞子さんが不満で不仲ではないかという噂。

小室圭さんの司法試験も失敗して、子供や貯金に佳代さんの問題などの不満が出てるのではないかということです。

今回は、小室圭さんと嫁の眞子さんは不仲で、不満とされる試験失敗と子供や貯金に佳代さん問題などをまとめました。

小室圭と嫁の眞子が不仲?不満は試験失敗

小室圭さんの嫁、眞子さんの不満と不仲な根本的な理由は、旦那の司法試験の失敗ですよね。

前代未聞の駆け落ち婚といわれた、小室圭さんと眞子さん。

今頃は、小室圭さんがニューヨークの司法試験に合格して弁護士の嫁として、ニューヨーカーを楽しんでいるはずが…まだ合格せず…

小室圭さんも婚約中に「必ず、合格します。大丈夫です」ということで、秋篠宮家と宮内庁は結婚を認めたという経緯もあります。

いちばん、がっかりしているのは弁護士の嫁を確信していた眞子さんでしょうね。

1度目の試験は、結婚問題で集中できなかったと本末転倒な結果に…

2度目の失敗に、世間は冷たい視線…

3度目の正直ということもあるでしょう。しかし、仏の顔も3度までともいいます。

実際に、旦那が昇進するはずができなくて夫婦仲が冷え切ったっていう話は世の中ゴロゴロしてますからね。

さらに、小室圭さんと眞子さんはニューヨーカーになったのはいいけど、自宅は44㎡のワンルームらしい…

どんなに仲の良い夫婦でも、狭い部屋でずっと一緒に暮らしてたら、不満やほころびも出てくるというもの。

夫婦って、結婚して生活を共にしないと相手の分からないことも多いものです。

眞子さん、本当は旦那の、あのポニーテールも気に入っていないのかもしれない。

週刊現代が『逃げ場のないワンルームマンションで小室夫妻が直面する「厳しい現実」と、「冷めていく愛」の行方』

そんなタイトルで、ワンルームでの生活ももう限界か…それでも外に飛び出せばパパラッチがいて逃げ場がみたい。みたいなことも書かれてました…

小室圭さんの嫁、眞子さんの不満と不仲が現実的になってる感じなんでしょうか…

小室圭さんと嫁の眞子さんの不満をもう少し具体的に深掘りしてみます。

小室圭と嫁の眞子が不仲?不満は貯金問題

小室圭さんの嫁、眞子さんの不満で不仲なのは貯金問題もあげられいます。

経済的なストレスですよ~。

結婚した嫁にとって一番のストレスは経済的悪化があげられます。

旦那の小室圭さんが司法試験に合格して、経済的にも裕福になる予定だったはずが、まだ合格してない…

現在の小室圭さんの給与は年に650万円ぐらいらしいのですが、3回目の試験も不合格だった場合には、勤務する法律事務所を解雇されて無職になる可能性もあるって一部の報道にも書かれてました。

今のところ、2人が住んでいる家賃や生活費は、眞子さんが皇族時代に貯めたお金を切り崩しているそうです。

さらに追い打ちかけるのは、昨今の急激な円安とインフレ…貯金が想定外のスピードで目減りしているでしょうね。

金の切れ目が縁の切れ目…眞子さんにはお金の切れ目はなさそうだけど、眞子さんに不満をいだかれ不仲になったら小室圭さん大丈夫かしら…

小室圭と嫁の眞子が不仲?不満は子供が産めない

小室圭と嫁の眞子が不満で不仲な理由に子供が産めないということもあったりしそうです。

嫁の眞子さんは30歳前に結婚することを強く望んでいて、前代未聞の駆け落ち婚…

子供は3人欲しい言ってましたからノンビリ旦那の合格を待っているわけにはいかないのです。

というのも、小室圭さん夫婦と秋篠宮さまとの間で「約束」が交わされていたことが報道されています。

秋篠宮さまから合格するまでは「慎むべきこと」として小室さん夫妻との間で約束のようなものがあると、2022年8月にデイリー新潮が伝えています。

「慎むべきこと」とは子供を作ることのようです。

現在、小室圭さんの不合格により生活費が安定していなため、秋篠宮さまからは、課題をひとつずつ解決して行くようにと小室さんと嫁の眞子さんに伝えられているそうです。

小室圭さんにもプレッシャーで、3人ぐらいは子供が欲しい嫁の眞子さんにとっては不満と不仲になりそうよね。

小室圭と嫁の眞子が不仲?不満はは佳代問題

佳代さん問題も小室圭さんと眞子さんが不満で不仲になりそうなんですよね。

小室圭さんの母親、佳代さんが実は眞子さんと不仲説が出ています。

結婚で揉めていたときに、佳代さんが秋篠宮家に対して脅迫じみたことをしており、佳代さんのニューヨークの移住に猛反対していたことが報道されています。

嫁の眞子さんは、結婚で揉めていたころは、秋篠宮さまも、多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないと公言。

眞子さんは、実の母親の紀子さまではなく旦那の母親である佳代さんを慕っていました。

ところが、小室眞子さんが結婚で揉めていた時期に秋篠宮家に対して脅迫じみたことを行っていたとする報道が女性自身からされています。

「’21年6月、『週刊文春WOMAN 2021夏号』に佳代さんの肉声が掲載されたことです。

《お相手の方が息子のことを信じて、愛してくださっていることに》など、まるで眞子さんの気持ちを代弁しているような内容でした。

それだけでも前代未聞ですが、自分の置かれている苦境について、《いつ死んでもいいと思うこともありました。明日死のう、と。今だってそう思うことはあります》などと語っています。この言葉は、結婚に消極的な秋篠宮ご夫妻への脅迫ともとられかねないものでした。

引用元:女性自身

2020年12月頃に、佳代さんはアメリカ留学中だった息子のために秋篠宮家に脅迫まがいの働きかけをしたというのです。

脅迫まがいの内容は、「婚約内定会見までしたのだから、結婚を認めてほしい。それができないのであれば、それなりの対応をしてほしい」と。

これは、破局させるのであれば補償を…に近いとして眞子さんも困惑したと秋篠宮家に近い人物が証言しています。

また宮内庁関係者からも、秋篠宮家に金銭的な協力を依頼していたことも報道されていました。

さらに、2021年6月に『週刊文春』で以下のように佳代さんの肉声が掲載。

「お相手の方が息子のことを信じて、愛してくださっていることに」

「いつ死んでもいいと思うこともありました。明日死のう、と。今だってそう思うことはあります」

眞子さんの気持ちを代弁しながら、結婚に消極的だった秋篠宮家への脅迫ともとられかねない内容だったと報じられています。

もともと、小室眞子さんが小室圭さんと結婚したら母親の佳代さんもニューヨークの郊外に住む予定でした。

ところが、NY在住のジャーナリストによると、佳代さんとの同居に小室眞子さんが猛反対していたというのです。

こうした事情で、現在は佳代さんとは連絡を取っていないそうです。

小室圭さんが合格すれば、また佳代さんのアメリカ移住計画が再会され、眞子さんの不満と不仲が加速するかもしれません。

アルアルな嫁と姑問題の不満と不仲でしょうか…

小室圭さんの顔がデカいのも不満に思ってたりして…小室圭は顔がでかい!でかすぎは遺伝?バランス変な画像と6頭身が強烈!

皇族の関連記事はこちらからどうぞ。特に眞子様と小室圭さんがらみよ。

今回は、小室圭さんと嫁の眞子さんの不満と不仲について、試験失敗や子供と貯金問題についてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました