長山洋子 アイドル時代の歌は人気あったの?ビーナスの評判も調査

演歌歌手の長山洋子さんのアイドル時代が超かわいい!って知ってました?

歌上手、歌唱力バツグンでしたし、当時のヒット曲と言えば「ビーナス」なんですが、かなりヒットしてましたよ。

アイドル時代は超かわいい!ですし、演歌歌手としての今の長山洋子さんは超美人!です。

ということで、1980年代の長山洋子さんのアイドル時代を振り返ってみることにします。

スポンサーリンク

長山洋子さんのかわいいアイドル時代の前にプロフィールと画像からどうぞ

本名:長山洋子
生年月日:1968年1月13日
血液型:AB型
好きなもの:シャンパン
デビュー:84年4月
デビュー曲:春はSA.RA.SA.RA

こちらがアイドル時代の長山洋子さんです。

アイドル時代の長山洋子さん

どうです、めっちゃかわいいと思いませんか?
思わない人はどこかのネジが外れちゃってますよ!ってなぐらいかわいい(笑)

で、こちらが現在の演歌歌手の長山洋子さんです。

演歌歌手の長山洋子さんはきれい

どうですか、可愛いアイドル時代を経て美しく成長してた長山洋子さん、超きれいですよね!

スポンサーリンク

長山洋子さんのアイドル時代の活躍、意外なCM出演も

長山洋子さんはドリフターズの「8時だョ!全員集合」でスカウトされたという説がありますが、さだかではありません。
8時だョ!全員集合を知っている人は少ないかも知れませんが、1980年代当時はゴールデンタイムに放送されていた一番人気のバラエティー番組でした。(私的にはですが…)

長山洋子さんは民謡を歌っていたこともあり、バツグンのコブシころころ歌唱力を活かして演歌歌手でデビューを考えていたそうですが、時代はアイドルブームだったために、路線変更をしてアイドルデビューとなったのです。

意外と知られていないハトヤホテルのCM出演
意外と知られていないかも知れてませんが幼い頃に、こんなCMにも出演しています。
このコマーシャルは年季の入った人には、かなり懐かしいのではないでしょうか?「前はう~み♪後ろはハトヤの大漁苑♪」ですよ(笑)

長山洋子さんのCM

アイドル雑誌MYOJO
「MYOJO」当時は「明星」…懐かしい…この雑誌のインタビューの受け答えで面白いのがあります。食べたいものは?と聞かれて、通っていた学校の近くにあった屋台の愛称そのまんま「しょん〇んラーメン!」と答えたんだそうです。かなり天然のところもあるかもです(笑)

スポンサーリンク

長山洋子さんのアイドル時代に一番ヒットした曲は?

長山洋子さんのアイドル時代にヒットした曲と言えば、なんと言っても「Venus(ビーナス)」ではないでしょうか。

オランダのロックグループ、ショッキング・ブルーが1969年にリリースした曲で、後にバナナラマもカバーをして大ヒットになっています。で日本の長山洋子さんも大ヒットとなったわけですよ。

1986年10月に発売された長山洋子さんのVenus(ビーナス)はオリコンランキング10位、売り上げ枚数16万枚となっています。

かなりノリノリの曲で六本木ナビスコでもかかっていたとかいないとか。ディスコサウンドとしても通用するぐらいノリノリの曲だったんですよ。

他にも

春はSA・RA SA・RA
シャボン
密やかにときめいて・・・
ゴールドウィンド
素顔のままで
雲にのりたい
ヴィーナス
ユア・マイ・ラヴ
悲しき恋人たち
ハートに火をつけて
反逆のヒーロー
ロンリーグットナイト
KOIKO
瞳の中のファーラウェイ
肩幅の未来

ズラッとこんな感じの、いかにもアイドルっぽいタイトルの曲が並びますが長山洋子の「Venus(ビーナス)」をはじめ「ユア・マイ・ラヴ」「悲しき恋人たち」「ハートに火をつけて」「反逆のヒーロー」の5曲はオリコントップ10入りをしています。歌唱力、半端なかったですからね。

1980年当時に活躍していたアイドルをみると、そうそうたる顔ぶれです。まさにアイドル時代真っ盛りといった様相です。

岩崎良美「赤と黒」
鹿取洋子「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」
松田聖子「裸足の季節」
柏原よしえ「№1」
河合奈保子「大きな森の小さなお家」
甲斐智枝美「スタア」
石坂智子「ありがとう」
浜田朱里「さよなら好き」
三原順子「セクシー・ナイト」

スポンサーリンク

昔のアイドル時代だった頃と演歌歌手の今とを比べてみよう

長山洋子さんはアイドル期を過ぎてから、しばらくは女優業としても活躍をしています。

主演作品である「恋子の毎日」という映画をはじめ、テレビドラマでは「三匹が斬る!」「ミニパトより愛をこめて」「誘惑」「素晴しい偶然」「花嫁衣裳は誰が着る」など、多くのドラマに出演しています。

そして、なんと!女優業を経た後に1993年25歳という若さで演歌歌手として再デビューを果たしたのです。

ご本人の長山洋子さんも曲のジャンルが一変することに、かなり心不安もあったことでしょう。世間でも心配の声が多くありましたから。

そんな心配もなんのその!1993年1月発売、初の演歌曲「ひぐらし」は、42.1万枚の大ヒットとなったのです!凄すぎる。

そして、落ち着きと美しさに満ち溢れた現在の演歌歌手の長山洋子さんに至っているのです。

こちらが演歌歌手としての超きれいな長山洋子さんの新曲です。

長山洋子「夜桜ブルース」
タイトルとURLをコピーしました