関口宏の嫁の現在は病気?自宅も療養生活で移動!昔の可愛い画像と経歴も

関口宏の嫁の現在は病気?自宅も療養生活で移動!昔の可愛い画像と経歴

関口宏さんの嫁の現在は病気で自宅を移動したことや、昔のかわいいい画像と経歴をご紹介!

関口宏さんの嫁は、元歌手の西田佐知子さんですが現在はどうしているのでしょうか。

体調を崩して、自宅まで移動したそうですが現在はどうなのでしょう。

今回は、関口宏の嫁の現在は病気自宅を移動したことや、昔のかわいいい画像と経歴をまとめました。

関口宏の嫁の経歴・プロフィール

関口宏さんの嫁、西田佐知子さんの経歴・プロフィールからサクッとご紹介します。

本名:関口佐智子(せきぐち さちこ)

愛称:さっちん

生年月日:1939年1月9日

出身地:大阪府大阪市城東区

血液型:B型

活動内容:元歌手、作詞家

関口宏さんの嫁は、帝国女子高等学校(現:大阪国際滝井高等学校)を中退後に「西田佐智子」の芸名で歌手デビューをしています。

嫁の代表作には「アカシアの雨がやむとき」はがあり、1960年の世相を表現するテーマ曲のようにヒットをしています。

ニュース映像のBGMで使用されていたことから、昭和を代表する国民的歌手としてもしられていました。

関口宏の嫁、西田佐知子の昔の画像がかわいい!馴れ初めも

関口宏さんの嫁はの昔の画像がかわいいです。

歌も上手で国民的アイドルでしたが、ルックスもこのとおり。

西田佐知子,昔,かわいい

引用元:Twitter

当時は、カバー曲の「コーヒールンバ」も流行っていて、ジャズ出身だった嫁のアンニュイとした声質に人気がありました。

どんだけ昔かというと、横に石原裕次郎のLPレコードジャケが並んでいた時代です…古!

そんな、かわいい嫁と関口宏さんが結婚したのは、1971年3月24日。

ふたりが交際するきっかけは、1970年に放送が開始された『ラブラブショー』のお見合い番組で出会ったことがキッカケです。

番組で、本当にお見合いをして結婚したカップルとして話題となりました。

関口宏さんも真面目な性格ですから、わき目も触れず嫁一筋!おしどり夫婦ぶりは現在も続いています。

関口宏の嫁の現在は病気?自宅も療養生活で移動

関口宏さんと嫁の現在はどうなんでしょう。

2017年4月に女性誌が関口宏さんの嫁が体調を崩していることを報じていました。

2017年待つごろから、妻がずっと寝込んでいたそうです。

それから1年後、週刊女性が関口宏さんは、愛する嫁のために自宅移動をしたことを報じました。

関口宏さんの嫁は、約1年寝込んでしまい、改善が見られないことから自宅を引き払って引っ越しをしています。

自宅の場所は、医療施設が隣接している都心のマンションです。

住み慣れた家を離れ、嫁の身体を最優先にした引っ越しの決断で、嫁への愛情が深いことがよ~くわかいります。

関口宏さん夫婦は、1985年に世田谷区の一等地に内に545平方メートルという広い家を建てています。

地下1階にはカラオケルーム完備した地上2階の豪邸でした。

現在は、マンション生活で関口さんも外食の回数が増えたそうで少々心配ですね。

報道インタビューでは関口宏さんいわく、嫁の現在は、身体を壊していた時期はありましたが、今は元気ですとコメントしてました。

息子の知宏さんと一緒に住んでいるという噂もありましたが、現在でもおしどり夫婦ぶりは健在のようです。

関口宏の息子(知宏)が結婚した嫁は?現在の仕事と自宅が素敵!

今回は、関口宏の嫁の現在は病気自宅を移動したことや、昔のかわいいい画像と経歴をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました