悠仁さまの彼女は?嫁の候補殺到にモテモテで本人より親が熱かった!

悠仁さまの彼女は?嫁の候補殺到にモテモテで本人より親が熱かった

悠仁さまの彼女や、嫁の候補が殺到してモテモテで、彼女本人より親が熱かったことをご紹介します!

悠仁さまの彼女が気になる年頃になってきました。

昨今では、民間出身の彼女ができても驚かない時代になりましたしね。

美智子さまをはじめ、雅子さまや悠仁さまの母親、紀子さまも民間の出身ですし、守備範囲もひろくなったってもんです…

眞子さまは前代未聞の結婚になっちゃったけど、民間出身の女性でも悠仁さまの彼女になりうる可能性はあるわけです。

悠仁さまの彼女や、嫁の候補が殺到してモテモテで、彼女本人より親が熱い事態についてまとめました。

悠仁さまの彼女や嫁のハードルが高すぎる

悠仁さまの彼女や結婚については様々な憶測が流れていますので、そのあたりをサクッとご紹介しておきましょう。

悠仁さまの彼女は誰になるのか、悠仁さまの彼女になるには少々ハードルが高くなってるみたい。

理由は、国民が熱狂?した眞子さまの前代未聞の結婚…

悠仁さまは、皇族の宿命についてどんな思いを感じたのでしょうか。

高校から大学に進学して彼女ができ、普通の交際ができるのか、世間が心配するところでしょう。

現行法では、悠仁さまが独身のままだと皇位継承者は途絶えてしまうといわれています。

さらに特別な自由があれば、悠仁さまが皇位を継承しないまま、皇籍離脱する可能性もあるみたい…

前代未聞の結婚をしちゃった姉の眞子さんが皇室を離れたことで、つまりは悠仁さまの結婚相手は皇室に入ることになって、ハードルがかなり高そうです。

おまけに、眞子さんも結婚によって複雑性のPTSDになっちゃって、今後の悠仁さまの恋愛に影響が出るのではと心配されてるみたいよね。

身長もグッと伸びてイケメンになったっていうのに彼女になる女性はかなりの覚悟がいる感じ。

ちょっと前までは、学校でモテモテで悠仁さま争奪戦だったっていうのに…

悠仁さまがモテモテ!彼女より親が熱い

悠仁さまの彼女作りは、今後慎重になってくる気配ですよね。

そんな中、以前は悠仁さまがモテモテで彼女候補が多かったことでホットになってもらいましょう。

悠仁さまは、お茶の水女子大学付属小学校に入学。

皇族としてはじめての学習院以外の学校で彼女出現の期待も膨らみそうです…

愛子さまも小学校3年生で彼氏が表れてますからね。愛子様の彼氏は造船会社で画像はジャニーズWESTに似てるイケメン!

でね、悠仁さまは友達から「ひさひと」呼ばわりされてて、フレンドリーこの上ないと。

悠仁さまは、クラスの女子からも人気者で「お妃さまになりたい!」って彼女志願する女子たちがたくさんいたそうです。

この頃は、前代未聞の結婚騒ぎもありませんし…女子なら一度はシンデレラガールを夢見るものです。

悠仁さまの彼女→嫁となれば本物のシンデレラですしね。

でもって、彼女になりたい女子が多いのもさることながら、彼女本人より親のほうが熱くなってたらしい…

「子供たちがあまりにそんな話をするので、保護者同士の会話でも、“あそこのお嬢さん、本気でお妃を目指すって言ってるらしいわよ”といった話題で持ちきりなんです(笑い)。“なんとかうちの子はお近づきになれないものかしら”という親御さんもいるそうです」

母親の紀子さまも民間出身ですからね、悠仁さまの彼女はうちの子よ!ってな熱いバトルだったんでしょうね。

そりゃ、誰でも悠仁さまの彼女→結婚なんて黄金街道を夢見るでしょうね。当時は…

雅子さまや、紀子さまも民間出身だし皇室も夢物語じゃなくなってますしね。

ところが、現在では眞子さんと小室圭さんの結婚で、彼女選びにも慎重にならざるを得ない状況でしょうか…

悠仁さまに彼女ができる可能性

悠仁さまに彼女ができる可能性についてですが、そりゃ彼女ができそうともっぱらの噂です。

眞子さんも一般人と結婚してますし…

佳子さまも昔から熱愛の噂がありますし…佳子さまの元彼は2人!現在のイケメン彼氏と結婚できない理由が悲しい

あ、佳子さまが結婚して皇族女子辞めちゃうと悠仁さまの彼女のハードルがまた一段と高くなっちゃうんだったね。

でもさ、なんとなく父親の秋篠宮さまと紀子さまのような素敵な学生時代を過ごすして彼女ができそうな気がしませんか…

こんな感じで。

悠仁さまに彼女ができる可能性

最近は身長も伸びたし、父親を超えるイケメンに育ってるみたいだからシレっと彼女の報道がされたりしてね。悠仁さまの身長が伸びた!低い時の比較と現在の身長!遺伝で将来長身

愛子さまの彼氏もイケメンらしいよ…愛子様の彼氏は造船会社で画像はジャニーズWESTに似てるイケメン!

今回は、悠仁さまの彼女や、嫁の候補が殺到でモテモテだったことをご紹介しました。

皇族の関連記事はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました