2024年イトーヨーカ堂 閉店店舗リスト一覧!26店舗はいつまで営業?

※本ページはプロモーションが含まれています

2024年,イトーヨーカ堂,閉店,店舗,リスト,一覧,26店舗,いつまで,営業

2024年のイトーヨーカ堂閉店店舗リスト一覧と、閉店する26店舗はいつまで営業するのかご紹介します。

全国展開するイトーヨーカ堂が経営不振で閉店する店舗が増えてきました…

イトーヨーカ堂では。経営不振が続いていて、セブン&アイがアパレル事業から撤退を決めており、

2026年の2月末までに店舗を93店舗まで減らす計画を進めています。

ということは、全国119店舗から93店舗ということで、26店舗が閉店になるということでしょうか。

また、イトーヨーカ堂では、2024年が1月から転職の支援などをおこなう制度で、45歳以上の正社員を対象に早期の退職者を募るということです。

今回は、愛されてきたイトーヨーカ堂のどこの店舗が閉店するのか、閉店店舗リスト一覧をまとめました。

【2024年最新】イトーヨーカ堂閉店店舗リスト一覧!

現在のイトーヨーカ堂の数は以下の119店舗です。

都道府県 イトーヨーカ堂の店舗数
北海道 6
青森県 4
岩手県 1
宮城県 2
福島県 2
茨城県 1
栃木県 1
埼玉県 19
千葉県 16
東京都 26
神奈川県 29
新潟県 1
山梨県 1
長野県 2
岐阜県 1
静岡県 2
愛知県 4
大阪府 4
兵庫県 3

以下が閉店・閉店予定を予定しているイトーヨーカ堂です。

閉店店舗の情報が入り次第、随時リストを更新いたします。

北海道

イトーヨーカドー 帯広店

住所:〒080-0831
北海道帯広市稲田町南8線西10-1

【閉店のお知らせ】
6月30日(日)をもちまして
閉店させていただくことになりました。
地域の皆様の長年のご愛顧に
心から御礼申し上げます。
閉店まで従業員一同、心を込めて営業してまいります。
何卒よろしくお願いいたします。

青森県

イトーヨーカドー 五所川原店

住所:〒037-0004
青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1

【閉店のお知らせ】
2024年3月31日(日)をもちまして
閉店させていただくことになりました。
地域の皆様の長年のご愛顧に
心から御礼申し上げます。
閉店まで従業員一同、心を込めて営業してまいります。
何卒よろしくお願いいたします。

福島県

イトーヨーカドー 福島店

住所:〒960-8068
福島県福島市太田町13-4

【閉店のお知らせ】
2024年5月6日(月)をもちまして
閉店させていただくことになりました。
地域の皆様の長年のご愛顧に
心から御礼申し上げます。
閉店まで従業員一同、心を込めて営業してまいります。
何卒よろしくお願いいたします。

宮城県

イトーヨーカドー アリオ仙台泉店

住所:〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-5-1

【閉店のお知らせ】
皆様に親しまれてまいりました
イトーヨーカドーアリオ仙台泉店は
1月31日(水)をもちまして閉店させて頂きます。
長い間のご愛顧、誠にありがとうございました。

なお、当店にてお買い求めいただいた
商品についてのお問い合わせは
2月4日(日)まで当店で承ります。
2月5日(月)以降のお問い合わせ先は下記にて承ります。

イトーヨーカ堂の閉店に伴い本社も移動予定

イトーヨーカ堂では、現在、親会社のセブン&アイ・ホールディングスと同じ場所にある東京・千代田区の本社を、2024年の夏までに「東京都 品川区」に移転する計画だそうです。

移転することで、オフィス賃料を削減するのが狙いです。

イトーヨーカ堂の閉店情報の詳細

日本の小売業界における大きな変化として、セブン&アイ・ホールディングス傘下のスーパーマーケットチェーン、イトーヨーカ堂が注目を集めています。

同社は経営不振の影響を受け、早期退職の募集を開始したことが明らかになりました。

この動きは、イトーヨーカ堂にとって大きな転換期であると言えるでしょう。

早期退職制度の導入

イトーヨーカ堂は、45歳以上の正社員を対象に早期退職者の募集を開始しました。この制度は、退職金の割り増しや転職支援などを含むもので、経営合理化の一環として取り入れられました。早期退職の募集は1月から開始され、2月末まで続けられる予定です。

本社の移転計画

また、イトーヨーカ堂は経費削減のため、今年の夏までに東京・千代田区から品川区へ本社を移転する計画を進めています。この移転により、オフィスの賃料削減が見込まれます。

店舗数の削減

セブン&アイ・ホールディングスは、イトーヨーカ堂の店舗数をピーク時の半分である93店舗まで減らす計画を立てています。この計画は、2026年2月末までに実施される予定で、経営の効率化を図るものです。

従業員の再就職支援

特に注目すべきは、福島市にあるイトーヨーカドーが2024年5月に閉店することを受けた従業員の再就職支援策です。約200人の従業員の再就職が課題とされており、ハローワーク福島には特別相談窓口が開設されました。このような支援策は、従業員にとって大きな安心材料となることでしょう。

地域住民の反応

地域住民からは、閉店を惜しむ声が多数寄せられています。長年にわたり地元住民に親しまれてきたイトーヨーカ堂の閉店は、多くの人にとって大きな損失であり、様々な思い出と共に惜しまれています。

経済的背景と今後の展望

このような閉店や早期退職の募集は、小売業界における厳しい経済状況を反映しています。特に、地方店舗の縮小や首都圏への集約は、都市部と地方部の間の経済格差を示すものと言えるでしょう。今後、イトーヨーカ堂やセブン&アイ・ホールディングスは、このような状況を乗り越え、新たなビジネスモデルを構築していくことが求められます。

イトーヨーカ堂の閉店や従業員の早期退職募集は、小売業界の変化の一例に過ぎません。このような動きは、業界全体の構造変化を示唆しており、消費者、従業員、そして地域社会にとって、新たな対応策を考えるきっかけとなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました