紀平凱成の両親(父親・母親)や兄弟の家族構成と経歴が凄すぎ!

紀平凱成の両親(父親・母親)や兄弟の家族構成と経歴が凄すぎ

絶対音感を持つ紀平凱成(きひら かいる)さんがプロのピアニストとしてデビューしました。

今回は紀平さんの両親の父親と母親のことや兄弟のこと、さらに通っている学校や経歴なども調べました。

スポンサーリンク

ピアニスト紀平凱成の経歴・プロフィール

ピアニストの紀平凱成さんの経歴プロフィールをサクッとご紹介します。

  • 本名:きひらかいる
  • 別名:カイル
  • 生年月日:2001年
  • 年齢:19歳

紀平凱成さんのお名前は「きひら かいる」といいます。全然読めませんでした…

紀平凱成さんがピアノに目覚めたのは、7歳の頃でもともと絶対音感をもっていたために、しょっぱなから才能が爆発します。

一度聞いた音楽は、その場ですぐ弾けてしまう絶対音感と驚きの記憶力だったそうです。まるでストリートピアノ演奏者のようですね。

ピアノの才能のある人ってほ、とんどがそんな感じですよね。

しかし、思春期の頃に聴覚過敏になってしまい外出はもちろんのこと、自分が弾いた音に反応してピアノの練習も大変だったそうです。

そんな苦悩を乗り越えて、紀平凱成さんの場合は別格です。ロンドンのトリニティガレッジ大学から賞を受ける程に成長をとげます。

"No Tears Forever" -short version- composed by Kyle KIHIRA 紀平凱成(カイル)

先日もテレビ出演で生演奏をしてくれていましたが感極まって顎には楽譜にはないアドリブでピアノを完璧に弾くほどの凄さです。

一回一回の演奏に、まるで音に命を吹き込んでいるかのような演奏法で現在はプロのピアニストとして活躍中です。

スポンサーリンク

紀平凱成の経歴が凄すぎる!

紀平凱成の経歴が凄い
紀平凱成さんの凄すぎる賞歴をご紹介します。

  • 東京大学・日本財団が進める「異才発掘プロジェクト」第1期ホーム・スカラー
  • 英国トリニティ・カレッジ・ロンドンの上級認定試験に高得点で合格し奨励賞受賞
  • 17歳で同大学のディプロマ取得
  • 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会審査員賞受賞
  • 日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞若干13歳の時に、東京大学と日本財団が進める、人材養成プロジェクト、「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラーの中学生に入りました。

若干13歳の時に、東京大学と日本財団が進める、人材養成プロジェクト、「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラーの中学生に入りました。

16歳にはイギリスの権威ある音楽大学の、トリニティ・カレッジ・ロンドンの上級認定に高得点で合格しています。凄すぎです!

資格取得後も、高い音楽能力と将来性が認められた数人だけに授与される奨励賞も受賞しています。

さらに17歳でトリニティ・カレッジ・ロンドンの学士資格まで取得しました。

紀平凱成さんは、驚くべき才能の持ち主です。 それでいてマジイケメンです。少しシャイですけどw

紀平凱成の両親(父親・母親)兄弟の家族構成について

紀平凱成の両親(父親・母親)兄弟の家族構成について
紀平さんの家族構成は父親、母親の三人家族です。

兄弟はいらっしゃらない1人っ子のようですね。

母親のお名前は「紀平由紀子」さんで、父親のお名前は「紀平延久」さんと言います。画像に関しては一般の方なので控えさせていただきます。

母親の由紀子さんは1971年の生まれで、岐阜県出身です。

大学卒業後にシンガーソングライターを目指していましたが、出産を機に子育てに専念することになり、現在はピアニストとして息子の紀平凱成さんの音楽活動をサポートしています。

父親の延久さんはギターを演奏されるということで、やはり紀平凱成さんは親のDNAを継いでいるようです。

紀平凱成さんは、小学1年生の頃からピアノを始めていて父親の延久さんとセッションをして楽しんでいたそうです。

父親と母親の、お二人とも音楽に携わっていて、紀平凱成さんはDNAを継いだんですね。

紀平凱成さんはプロのピアニストになりましたので、お母様がしっかりマネージメントをしているのです。

スポンサーリンク

【まとめ】紀平凱成の両親(父親・母親)や兄弟の家族構成と経歴

紀平凱成の両親(父親・母親)や兄弟の家族構成と経歴が凄すぎ

まさに鬼才といっても過言ではない、たぐいまれな才能をもった紀平凱成さん。

その才能も両親の協力の元に成り立っていました。

これからも、ピアニストとして活躍することでしょう。

当ブログは紀平凱成さんを応援します。

今回は、紀平凱成さんの、ご両親の父親と母親や兄弟の家族構成と経歴についてご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました