氷川きよしのジェンダーレスいつから?昔から現在の画像変化まとめ!

氷川きよしのジェンダーレスいつから?昔から現在の画像変化まとめ

氷川きよしさんのジェンダーレスはいつから始まったのでしょうか?

男らしく演歌を歌っていた頃から、ビジュアル系へ、そしてジェンダーレスをカミングアウトして現在に至った氷川きよしさんの進化は凄いものがあります。

今回は、氷川きよしのジェンダーレスいつからなのか、昔から現在の女性化までの変化の過程を画像とともにまとめました。

氷川きよしはジェンダーレス!定義とは

そんな氷川きよしさんが、ジェンダーレスをカミングアウトしましたが、そもそもジェンダーレスを詳しく知らない人のためにサクッとご紹介しておきますね。

ジェンダーレスとは、簡単に言うと以下のように「男女の性別の差をなくそう」って思考のことです。

ジェンダーって、社会の中で期待されるその男女の「らしい」振る舞いのことで、自分自身が認識している性別のことです。

例えば、日本では女性はメイクをすることは当たり前っぽいですし、男性はスーツパンツス姿が当たり前の社会になっていますよね。

また、容姿や洋服だけじゃなくて、しぐさが「男らしい」、「女らしい」っていうのもありますよね。これって「一種の暗黙の了解」だったりするわけです。

さらに、言葉遣いも同様で、「ですわ」とかだと女性らしいし「俺は」とかだと男性ですよね。え、私は違う?それもそれで…

この、社会的な常識のような暗黙の了解と違った思考、つまりレスすることが「ジェンダーレス」というものです。

簡単に言えば、暗黙の了解っぽい男女の概念をなくすことをジェンダーレスの思考のことなのですね。

氷川きよしさんは1977年9月6日、福岡県は福岡市南区のご出身で、本名は山田清志(やまだ きよし)さんとかなり男らしい感じがしますが、ジェンダーレスになっていく過程が気になりますね。

氷川きよしのジェンダーレスはいつから?昔から現在の画像変化

氷川きよしさんのジェンダーレスはいつからなのでしょうか、昔から現在の変化を画像とともにお伝えします。

デビュー当時はジェンダーレスじゃない

氷川きよしさんは、デビュー当時は、ジェンダーレスなんて、みじんも感じられないほどの男らしい演歌歌手でした。

時は2000年、氷川きよしさんが23歳です。「箱根八里の半次郎」でデビューして、レコード大賞、新人賞を総なめにして、NHKの紅白歌合戦にも初出場を果たした頃はまだイケメンな演歌歌手でした。

本名は山田清志(やまだ きよし)さんにふさわいい。

氷川きよし,演歌時代

氷川きよしさん、デビュー当時はイケメン演歌歌手でキリッとした男前ですね。そういえば、吉川晃司さんもビジュアル系になる前は演歌っぽい曲を歌っていたってましたね。

氷川きよしさんの演歌の代表曲といえばデビュー曲の「箱根八里の半次郎」をはじめ以下のヒット曲がありますが全て男丸出しの曲ばかりでした。

きよしのドドンパ
初恋列車
一剣
きよしのズンドコ節
きよしのソーラン節
勝負の花道

2004年「きよしのドドンパ」、2005年「初恋列車」、2006年「一剣」と続けざまに日本レコード大賞を受賞し、歴代4人目のレコード大賞3冠となるほどの男っぷりでしたが、次第に変化が見られるようになります。

男性との熱愛報道

氷川きよしさんが、ジェンダーレスがいつからなのか、思い起こせば風間トオルさんの男性との熱愛報道がされたあたりからだと思います。

この頃は、氷川きよしのジェンダーレスだったなんて誰もが思わなかったので、世間の誰もが目ん玉をひんむいてニュースに見入ったのではないでしょうか。

こんな感じで。

氷川きよし,女性化, 驚き

冗談はさておき、氷川きよしさんの熱愛のお相手は「スクールウォーズ」で人気だった松村雄基さんでした。

俳優の風間トオルさんの誕生日パーティーでからのお付き合いだそうで、氷川きよしさんの事務所側からは事実を否定したものの、密会写真までスクープされてしまい熱愛関係が明らかになってしまったのです。

この報道以来、SNS上では氷川きよしさんは「オカマ?」や「ゲイ?」などととんでもない噂がされておりました。

氷川きよしさがビジュアル系に

氷川きよしさんがジェンダーレスをカミングアウトする前に、ビジュアル系に変身しております。

氷川きよし,ビジュアル系,女性化

演歌歌手の氷川きよしとしてイメージが固まっていく中、ビジュアル系に変化するために、さまざまな葛藤があったようです。

違う歌も歌いたい願望

氷川きよしさんがデビューする際にプロデューサーから「馬鹿にされればされるほど、世間から顔と名前を覚えてもらえる」との理由から「箱根八里の半次郎」を歌うことになったそうです。

そして、演歌でデビューをしてヒットに恵まれたので、演歌の道を進むことになっただけ。と、たまたま演歌歌手になっってしまったことを打ち明けています。
つねに「心の中には違う歌も歌いたいという願望はあった」と話していたことからも、今になって考えてみると、この頃からジェンダーレス化は進行していたようです。

氷川きよしさんのジェンダーレスは進化の過程というよりは、本来の自分に戻りたかったと言った方が正しいのかもしれませんん。

それを証拠に11月18日に行われたシングルCD「大丈夫・最上の船頭」の発売イベントで、ご本人も「本来の自分に戻りました」と発言しています。

このようにして、演歌歌手氷川きよしさんはヴィジュアル系に変身をとげて、本格的なジェンダーレスへの道が開けることになったのです。

喉の変化も女性化の理由

喉の変化も氷川きよしさんのジェンダーレスを後押ししたと言われています。

氷川きよしさんは、2014年の日本武道館で記念コンサートの後に喉のポリープ除去手術を受けています。

手術をしてからは、元の高音も出るようになってきたので、「演歌以外にもロックやポップスなど、歌う幅が広がりました」と喉の変化も自分を変えた要因だったことを明らかにしています。

声の変化もジェンダーレスになる要因だったとは意外ですが、確かに高音が出ないドスの効いた声のビジュアル系なんて様になりませんからねw

氷川きよしがジェンダーレスをカミングアウト!

氷川きよしさんは、あまりにも美しいビジュアル系!

世間が噂する「オカマ」だの「ゲイ」だのをものともせず、一気に飛び越えて、女性化を加速することになります。

今度の女性化は「またたま売れたのが演歌だったから」ではなく、自分の意思で将来を見据えたものだったのです。

そして、ついに氷川きよしさんは自分を取り戻すべく完全女性化を目指していきます。

こちらの動画は昨年12月に行われた「氷川きよしスペシャル・コンサート2018 きよしこの夜 Vol.18」のもので、アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌である「限界突破×サバイバー」の熱唱動画です。

初のアニメタイアップ曲でしたが、これが大ヒット!氷川きよしさんのイメージを題名どおり、限界突破して女性化したという訳です。

 

氷川きよしさんて、こんなに高音が出るお方だったのですね♪凄すぎる!もはや敵なしじゃないでしょうか。

そして、ついに氷川きよしさんは「週刊新潮」のインタビューで、ジェンダーレスであることをカミングアウトしたのです。

すね毛まで剃った!

氷川きよしさん、歌以外で女性化をいかんなく発揮してくれています。ジェンダーレス丸出しです。

氷川きよし,きーちゃん,始球式

氷川きよしさん2019年8月8日に、ヤクルト対阪神戦で始球式をしたのですが、スネ毛もすっかり剃っての始球式だったんですよ。もうねぇテュルテュル!←表現がなんですが…

これには、また度肝を抜かれたって感じでした。それにしても投げ方が女性的に思えるのは私だけでしょうか…

ご本人は「新曲歌う時のトークみたいに緊張しちゃって…」て言ってましたね。4年連続の始球式なので年々上手になってきてることも自慢げに話してましたよ。来年もスネ毛なしでお願いします。

氷川きよしは料理上手

氷川きよしさんの女性化は、外見だけじゃなくて料理上手にも現れています。

仕事が終わるのが遅くても帰ってから、ちゃんと作っているそうです。

作っているときは無心になれるそうで、それによってリセットしているのだとか。一日中作っていても苦にならないらしいので根っからのお料理好きで、ジェンダーレスの思考回路になっています。

【まとめ】氷川きよしはトランスジェンダー

自分を取り戻すためにジェンダーレスになったきーちゃんは、今後もトランスジェンダーとして、いっそう女性化が進化することでしょう。

【まとめ】氷川きよしはトランスジェンダー
氷川きよしさんが、ますます女性化すると、また男性との噂とかも出てくるかもしれませんね…

演歌歌手のからを破り、ひとりの歌手アーティストでありたいと実行した氷川きよしさん。ある意味革命的とすら思いますね。

これからも氷川きよしさんのジェンダーレスとしての進化から目が離せませんね。

最近は、中山咲月さんもジェンダーレスをカミングアウトして話題になってます。中山咲月はいつから変わった?ジェンダーレスのきっかけとかっこいい画像!

今回は、氷川きよしのジェンダーレスいつからなのか、昔から現在の女性化までの変化の過程を画像とともにお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました