小室眞子と佳代は不仲!不信感の脅迫真相と過去の事件も酷い!

小室眞子,佳代,不仲,不信感,脅迫,真相,事件

小室眞子さんと小室佳代さんは不仲で不信感の真相と過去の事件についてご紹介!

小室眞子さんと佳代さんは不仲で、結婚前から不信感があったようです。

小室圭さんと交際中には、実の母親より慕っていたとされていた佳代さんとどんな不仲になる出来事があったのか。

今回は、小室眞子さんと小室佳代さんは不仲で不信感の真相と過去の事件についてまとめました。

小室眞子と佳代が現在は不仲

小室眞子さんと佳代さんが現在不仲について。

前代未聞の駆け落ち婚をした小室眞子さんと小室圭さん。

いまは、ニューヨーカーとなり旦那の弁護士待ち状態ではるものの夫婦仲良く暮らしているようです。

嫁の眞子さんも小室圭さんの3度目の司法試験の結果が待ち遠しいところでしょうが、女性自身から『眞子さん 佳代さんのNY移住再浮上に拒否反応…関係悪化させた姑の“背信行為”』という驚きの報道。

2012年6月に、大学で旦那の小室圭さんナンパされて、2017年9月3日の結婚会見。

そして様々な問題を抱えたまま前代未聞の駆け落ち婚でニューヨーカー。

小室眞子さんは、日本にいる間、実の母親の紀子さまではなく旦那の母親、小室佳代さんを慕ってることが連日のように報道されていました。

当時、秋篠宮さまも、多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないとしていたので、頼れる人は小室佳代さんだけだったのかもしれません。

ところが、小室佳代さんには、お金絡みの詐欺疑惑がいくつも持ち上がっており、なぜ小室佳代さんに頼るのか誰もが不思議に思っていたことでしょう。

小室眞子と佳代は不仲!不信感の脅迫真相

佳代さんを慕っていた小室眞子さんでしたが、本当のところは不仲で不信感があることがささやかれ始めています。

小室眞子さんが結婚で揉めていた時期に秋篠宮家に対して脅迫じみたことを行っていたとする報道が女性自身からされています。

「’21年6月、『週刊文春WOMAN 2021夏号』に佳代さんの肉声が掲載されたことです。

《お相手の方が息子のことを信じて、愛してくださっていることに》など、まるで眞子さんの気持ちを代弁しているような内容でした。

それだけでも前代未聞ですが、自分の置かれている苦境について、《いつ死んでもいいと思うこともありました。明日死のう、と。今だってそう思うことはあります》などと語っています。この言葉は、結婚に消極的な秋篠宮ご夫妻への脅迫ともとられかねないものでした。

引用元:女性自身

もともと、小室眞子さんが小室圭さんと結婚したら母親の佳代さんもニューヨークの郊外に住む予定でした。

ところが、まさかの小室圭さんの司法試験不合格で、佳代さんの渡米移住はが頓挫しています。

で、小室圭さんが3度目の司法試験に合格すると佳代さんの移住計画が、また動きだすことになるわけですが…

NY在住のジャーナリストによると、佳代さんとの同居に小室眞子さんが猛反対していたというのです。

まさかの、実の母親より慕っていたとされる佳代さんでしたが、なぜ?

2020年12月頃に、佳代さんはアメリカ留学中だった息子のために秋篠宮家に脅迫まがいの働きかけをしたというのです。

脅迫まがいの内容は、「婚約内定会見までしたのだから、結婚を認めてほしい。それができないのであれば、それなりの対応をしてほしい」と。

これは、破局させるのであれば補償を…に近いとして眞子さんも困惑したと秋篠宮家に近い人物が証言しています。

また宮内庁関係者からも、秋篠宮家に金銭的な協力を依頼していたことも報道されていました。

さらに、2021年6月に『週刊文春』で以下のように佳代さんの肉声が掲載。

「お相手の方が息子のことを信じて、愛してくださっていることに」

「いつ死んでもいいと思うこともありました。明日死のう、と。今だってそう思うことはあります」

眞子さんの気持ちを代弁しながら、結婚に消極的だった秋篠宮家への脅迫ともとられかねない内容だったと報じられています。

こうした事情があり、佳代さんとは連絡を取っていないそうです。

小室眞子さんは佳代さんの米国移住には、不信感により拒絶しているとのことでした。

小室佳代の過去の事件も酷い

小室眞子さんと佳代さんは不仲で不信感があるとう現在ですが、佳代さんの過去の事件も凄かったのでサクッとご紹介しておきましょう。

交際相手にブチ切れ慰謝料請求

最新の小室眞子さんと佳代さんが不仲になりそうなことが起きているらしい。

2022年9月に週刊文春より佳代さんが交際している男性にブチ切れて1600万円の支払いを求めたという報道。

1600万円を請求された男性は佳代さんが熱を上げていた彫金師だそうで、以前より交際の噂があった男性。

週刊文春によると、佳代さんと彼氏が仲たがいをして、ブチギレた佳代さんが彫金師の男性に貢いだお金と慰謝料をあわせて1600万円の支払いを求めたそうです。

男性は、あまりの剣幕におびえ、神奈川県内の警察署に駆け込んだそうです…

眞子さんの旦那は今が正念場…司法試験の筆記試験を合格すると人物考査が待っているそうです。

小室眞子さん夫婦に水をさすことにも…小室眞子と佳代は自然と不仲になる感じもしますけど…

遺族年金詐欺疑惑

「文春オンライン」が掲載した佳代さんの驚愕の遺族年金詐欺疑惑。

小室圭さんの母親、佳代さんが元婚約者に、事実婚をして生計を共にしていた事実を周囲には隠して、自殺した前夫の遺族年金を受給し続けていたという酷い内容。

元婚約者が年金受給資格を得た時点で入籍しようと計画していたらしい…

遺族年金は、再婚だけでなく事実婚や内縁関係になった場合でも受給資格を失うので、小室圭さんの母親のケースも詐欺罪が成立する可能性があるそうです。

傷病手当詐欺疑惑

佳代さんは傷病手当詐欺疑惑で騒がれました。

老舗洋菓子店に務めていた佳代さん。その勤務先で、2018年に「適応障害」を理由にして、お店を長期欠勤していた際の療養期間中に傷病手当を不正受給していた疑いが持ち上がっています。

2018年は、ちょうど息子の小室圭さんがアメリカに渡った年でした。

洋菓子店の関係者のによると、2018年の春から19年の秋にかけて、会社が加入する『東京都洋菓子健康保険組合』の傷病手当金の給付を申請し、佳代さんは1年半にわたって休職中の支給を受けていたそうです。

小室佳の母親による労災請求トラブル

2018年の「適応障害」による傷病手当の不正受給疑惑の以前にも佳代は「労災」をめぐって店側とトラブルを起こしていました。

佳代さんは、職場に診断書を持参して『休ませてください』といってきたそうです。

勤務先の近くの整形外科医院で作成された診断書には「アキレス腱断裂」と書かれていたそうです。

しかし、誰もその時の事態を見ていた人がいず、診断書を持ってきた時も、足にギプスはしていたものの、普通に歩いていたと…

店側は6月いっぱいの休職を認めましたが、7月になっても小室圭さんの母親は出勤しないで、しかも無断欠勤だったそうです。

そんなこんなで、小室佳代さんが「詐欺罪」で刑事告発されたこともNEWSポストセブンが報していましたけど、どうなったんだろうか…

皇族の関連記事はこちらからどうぞ。特に眞子様と小室圭さんがらみよ。

今回は、小室眞子さんと小室佳代さんは不仲で不信感の真相と過去の事件についてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました