槇原敬之の生い立ち!両親の実家は電気屋で親戚はアノ芸能人だったw

今回は「槇原敬之の生い立ち」と題して槇原敬之さんのご両親と父親のことや実家が電気屋だったことをお届けします。

さらに親戚がアノ有名芸能人だったことについても語ってみます。

スポンサーリンク

槇原敬之の生い立ち!両親は?

槇原敬之さんは1969年5月18日、大阪府高槻市南平台というところのお生まれです、本名は「槇原範之」さんといいます。大阪府高槻市南平台というところは高槻市内の中でも高級住宅地なんだそうです。

槇原敬之さんは、5歳のころからピアノを習っていたそうです。小学校は、高槻市立牧田小学校。この頃から曲作りの才能があったのでしょうか。

大阪府立春日丘高等学校卒業をして3浪の末に青山学院大学第二部文学部英米文学科入学したのですが、音楽活動が忙しくなって、入学後すぐに退学しています。もったいない…とご両親ならつぶやいたでしょうに。

高校在学中の16歳の時に、坂本龍一が当時担当していたNHK-FM放送の番組『サウンドストリート』のデモテープコーナーにも楽曲を応募したそうで、坂本龍一さんからも「良いバランスで仕上がっている。」と褒められたそうです。
そういえば、若い頃はメガネをしていないことも多かったですね。

槇原敬之さんの若い頃

槇原敬之さんの父親とは大変仲が良くて、槇原敬之さんのかけてるメガネをご自慢にしていたそうです。それを知った槇原敬之さん、父親に自分とお揃いのメガネをプレゼントしてあげたんだそうです。とても親孝行さんですね。

槇原敬之さんといえば、おっさんみたいなメガネが…って思ってましたが好んで掛けている理由が分かったような気がしますw

しかしこの落差は何なんですかね。こんな真面目そうな普通の槇原敬之さんが…

槇原敬之の生い立ち・ふざけた顔
どう表現したら良いのやら…非凡な才能を持つ人は見かけも非凡なのかもw

槇原敬之の生い立ち・真面目な顔
槇原敬之さんの実家ってどこなのでしょうか。気になりますね。どおやらご商売をされているようです。

スポンサーリンク

槇原敬之の生い立ち!親(両親)の実家は電気屋

槇原さんの実家は高槻市内で街の電気屋さんを経営しています。

実家からは少し離れた場所に店舗があって、お父様が個人経営なので町の電気屋さんといったところなんでしょうか?どんなものを扱っているのか気になりますw

場所も大体わかっていますが、町の電気屋さんにご迷惑をおかけしますので、今回は伏せておきますが、こちらが父様のお写真です。

やはり親子…そっくりですね!自慢のメガネもw

槇原敬之の両親

槇原敬之さんの年収が気になる方は、こちらでチェックしてください。
▼▼▼
槇原敬之の年収!高額収入のギャラやと印税は2度の逮捕で稼ぎがゼロ?

槇原さんはも電気屋の仕事を手伝っていて、夏場のクーラーを汗だくになって取り付けていたそうですよ。

「まだ生きてるよ」の歌詞に「うちだって電気やだ!(まいどあり!)」ってのが、そのくだりのようですw

良く槇原敬之さんのファンも訪れるらしくて、評判の良い電気屋さんだそうです。

最近は大型店舗に押されて、めっきり町の電気屋さんが姿を消してきてますが、今でも営業しているということは評判が良いという証拠ですね。

お約束のように店内には槇原敬之さんの写真やポスターが飾ってあるらしいです。親ばかw

スポンサーリンク

槇原敬之の生い立ち!親(両親)の実家は電気屋で親戚は芸能人w

驚いたことに槙原敬之さんと、あのローリー寺西はいとこ同士なんだそうです。顔も系統も全然違いますけどw

ただミュージシャンという点では一致してますね。そして、お二人とも人気者です!

槇原敬之のご両親は元々、ROLLY家と共同で電気屋さんを営んでいたので、現在の場所に独立するまでローリー寺西さんのご両親と一緒に働いていたんだそうです。

その頃は、槇原敬之さんとROLLY寺西さんは兄弟のように過ごしていたそうです。大人になっても仲の良いお二人ですもんね。

清原紀之さんの生い立ちが何となく、解明しました。

槇原敬之さん関連の記事

おわり。thank you for reading.

タイトルとURLをコピーしました