大谷翔平の父親がイケメン!身長と職業経歴や父の3つの教えが素敵!

大谷翔平の父親がイケメン!身長と職業経歴や父の3つの教えが素敵
大谷翔平さんの父親のイケメン画像と身長や職業の詳しい経歴をお伝えします!

日本が誇るスーパースター、大谷翔平さんの父親はどんな人なのか気になります。

ニュースで拝見するたびに、若々しくてイケメンの父親だなぁと。

大谷翔平さんの父親も野球人生なんだろうと経歴などをあれこれと調べてみました。

大谷翔平さんをスーパースターにした、「父の教え」もカッコいいので、まとめてご紹介します。

大谷翔平の父親は高身長のイケメン

大谷翔平さんの父親は、「大谷徹」さん。

大谷翔平の父親は高身長のイケメン

おっと、いきなりハードボイルドなカッコいい画像です。

おとなりは、家ではいっさい夫婦ケンカをしない(外ではわかりませんが…)綺麗な奥様の加代子さん。

グラサンをするとチョイとヤバい系で加代子さんのボディーガード?てな風貌です。

メガネをはずすと、このとおりの超イケメン父さんなのです。

大谷翔平の父親のイケメン笑顔

笑顔が爽やかでステキですね。

でもって、大谷翔平さんの体格がガッシリしていて身長も高いので父親の身長を気にする人が多いとか。

大谷翔平さんの父親の身長は182センチだそうです。

大谷翔平さんとのツーショットだと、身長が低そうに見えてしまいますが想像通り高身長でした。

大谷翔平と父親がイケメン

ちなみに、母親の加代子さんも身長170センチと両親そろって身長が高く、なるほど大谷翔平さんも192センチに育つわけです。

でも、幼児期は大谷翔平さんは意外とおチビさんだったそうです。

大谷翔平の兄弟

まぁ、上のお兄さんとは7歳も年が離れてますから…それにしても大谷翔平さんは食が細かったために、ホットプレートを使って楽しい食卓で、いっぱい食べてもらう工夫をしていたそうです。

大谷翔平の父親の職業と経歴・プロフィール

大谷翔平さんの父親の職業や経歴、プロフィールについて詳しくご紹介します。

大谷翔平の父親のプロフィール

大谷翔平の父親の職業と経歴・プロフィール

  • 名前:大谷徹
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:岩手県北上市和賀町
  • 身長:182センチ

父親、徹さんの経歴

  • 中学時代に陸上から野球に転向
  • 岩手県立黒沢尻工業高等学校・野球部(外野手)
  • 三菱重工横浜野球部所属
  • 1986年・三菱重工横浜野バドミントン部の加代子さんと結婚
  • 1991年・自動車ボディーメーカーに転職
  • 1993年・地元の岩手県奥州市に移住

大谷翔平さんの父親は、岩手県北上市和賀町に2人兄妹の長男として生まれています。

中学のときに父に勧められて野球を始めるも、坊主になるのが嫌で陸上部に所属しておりチョイとオチャメな中学生時代だったようです。

スポーツ万能な徹さんは、100m走や、走高跳、そして砲丸投の3競技で県大会入賞の実績を残すほどの強者でした。

正確の優しい徹さんは、勝つか負けるかの優劣に嫌気がさし、中学2年でチームプレーの野球部に転部。

すると、メキメキと頭角をあらわし、エース兼4番打者として活躍し、県内の野球強豪高校からも注目される存在になっています。

中学卒業後は、甲子園出場を目指して岩手県立黒沢尻工業高等学校に進学しています。

陸上で鍛えた俊足を生かし、外野手として「1番、3番,5番」打者として活躍しましたが、残念ながら、甲子園大会に出場することはかないませんでした。

高校を卒業してから、三菱重工横浜野球部から選抜を受けて地元の岩手県を離れ、三菱重工横浜入社して野球部に所属しています。

三菱重工横浜野球部でも、外野手として主力選手として活躍し、6年目の24歳のときに現役引退をしています。

大谷翔平の父親は加代子と結婚

大谷翔平さんの父親は、1986年に三菱重工横浜野球部を引退し、同年の冬に交際していた同社バドミントン部の加代子さんと結婚をしています。

大谷翔平の父親は加代子と結婚

1991年に長男の龍太さんの誕生を機に「トヨタ自動車東日本」に転職しており、第2子の長女誕生後の1993年7月に地元の岩手県奥州市に移住を決意しています。

父親の徹さんが地元の岩手県に戻った理由は、結婚して子供が誕生したことで、アットホームを手に入れたくなったことと、子供に野球をさせるなら田舎のほうが環境がいいと考えたからだそうです。

そして、1994年に世紀のワールドプレーヤー大谷翔平さんが誕生するのです。

長男の龍太さんが野球を始めたときには24時間交代勤務で、母親も内職状態の大忙し…

ほとんど協力できなかったことが心残りだったこともあり、大谷翔平さんが小学2年生のときに「水沢リトル」の野球チームに入ったことをキッカケにチームのコーチを買って出で、監督も務るようになっています。

大谷翔平さんの父親は、現在でも第2の翔平を育てるべく、地元岩手の少年野球チームの「金ケ崎リトルシニア」で監督を務めています。

よほど、長男の龍太さんに野球を教えてあげることができなかったことが悔しかったのでしょう、後に母親が、あるインタビューで大谷翔平さんはと兄と7歳年が離れているので、「家族全員で大事にしすぎちゃった」っておっしゃってました。

この「大事にしすぎちゃった」という言葉には単に甘やかしたということではなく深~い意味があるのです。

大谷翔平の「父の教え」が素敵!

大谷翔平の父親はアットホームも手に入れて、子供の野球のために地元、岩手県に移住し大谷翔平さんに最大の野球人生と教訓を与えています。

大谷翔平の父の教えが素敵

中でも有名なのが、大谷翔平さんの「父の教え」でしょうね。

ご存じの方も多いと思いますが、どんなことにでも当てはまる名言なので、いまいちど強調して伝えておきたいと思います。

大谷翔平さんの父の教えは以下の3つ。

  1. 大きな声を出して元気よくプレーすること
  2. 一生懸命にキャッチボールを練習すること
  3. 最後まで全力で走ること

どうでしょう…抽象度があってどんなことにも共通する基本的概念だと思えるのです。

大谷翔平さんと父親には、「野球ノート」という日記でアドバイスもしており、ことあるごとに、この3つの教えが書き込まれていたそうです。

大谷翔平の父の3つの教え

1.大きな声を出して元気よくプレーすること:

やみくもに声を出すのではなく、連係プレイを含めた中での確認作業をするために大きな声で確認し合う。

選手間で各打者の打球傾向を確認し合ったり、セーフティバントをされそうだぞ!と言い合ったり、元気よく声を出してコミュニケーションを大事にしてほしい。

2.キャッチボールを一生懸命に練習すること:

キャッチボールでも、自分が狙ったところに投げること。

指にかかった縦回転のスピンが効いたボールを投げるように意識をしながら投げること。

3.一生懸命に走ること:

野球は走るスポーツでもある。

力を抜かずに最後まで全力で走ること。

大谷翔平さんには、この3つの教えを野球ノートを通じて徹底的に教え込んだそうです。

大谷翔平さんの父親が実践してきた野球人生が、野球ノートにはビッシリと詰まっていたことでしょう。

かくして、父の3つの教えを真面目に実行し、ワールドプレーヤー大谷翔平が誕生したのです。

ちなみに、大谷翔平さんは今でも「父の教え」を守ってプレーしているそうですから、底知れぬ父親の厳しさと愛情を感じざるを得ません。

大谷翔平さんいわく…

「3つの教えは基本的なものですが、今でも覚えています。それは、いつどのステージに行っても言われ続けることだと思います。特に全力疾走は、そのこと自体に意味がありますけど、その取り組む姿勢にも大きな意味合いがあると思っています」

「いつ、どのステージに行っても当てはまり、全力疾走は、そのこと自体に意味がある。」と。大谷翔平さんも父親もカッコ良すぎ~!

スーツ姿もカッコいい!大谷翔平のスーツ姿がカッコいい!ブランド名と私服画像もイケメン!

それから、もうひとつ冒頭でもご紹介しましたが、大谷翔平さんの両親は子供の前では夫婦ケンカを絶対にしなかったそうです。

大谷翔平さんのお姉さんもかわいいです!大谷翔平の姉がかわいい!画像と結婚相手の旦那や経歴まとめ!

でもって、大谷翔平さんのお兄さんもイケメンですよ~大谷翔平の兄がイケメン!結婚相手の嫁と子供や経歴!兄弟似てるw

大谷翔平さんの母親も身長が高くて美人です。大谷翔平の母親が美人!バトミントン一筋の経歴と子育て方法が素敵!

ついでに、大谷翔平さんの嫁さんも…大谷翔平の嫁は狩野舞子!結婚の馴れ初めと2人の結婚観が素敵!

今回は、大谷翔平さんの父親のイケメン画像と身長や職業の詳しい経歴と父の教えについてご紹介しました。

大谷翔平さんの関連記事はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました