高橋一生と飯豊まりえの年収の違い!ギャラ収入の格差は玉の輿?

※本ページはプロモーションが含まれています

高橋一生,飯豊まりえ,年収,違い,ギャラ,収入,格差

高橋一生さんと嫁の飯豊まりえさんの年収の違いについてギャラ収入の格差をご紹介!

高橋一生と飯豊まりえの年収の違いが知りたいですね。

おそらく旦那の高橋一生さんのほうが高額だとは予想しますが…

今回は、高橋一生さんと嫁の飯豊まりえさんの年収の違いについてギャラ収入の格差をまとめました。

※高橋一生さんと飯豊まりえさんの年収は、ネット上の予想金額をまとめておりますので予めご了承ください。

高橋一生の年収!CMのギャラ収入が高額

まずは、誰もが気になる高橋一生さんの年収から。

高橋一生さんの年収は、約3億円と予想されています。

大手のCMやドラマで引っ張りだこですから、年収3億円ぐらいは行ってそうですね。

高橋一生さんの年収を支えているのは以下のギャラ収入です。

  • CM出演料
  • ドラマ出演
  • 映画出演
  • テレビ出演料

もう少し細かく年収について見てみましょう。

CMの年収とギャラ収入について

高橋一生さんの主なCM出演は以下のとおりですが、2022年以降はあまりCMには起用されていないようです。結婚が響いているのでしょうか。

  • ヒマワリ(Kracie)
  • アキュビュー(Johnson)
  • 氷結(KIRIN)
  • エスニックしゃぶしゃぶ(ミツカン)
  • ナイーブ(Kracie)
  • 損保ジャパン自動車保険(損保ジャパン)
  • インビジブル(TBS)
  • リクルートエージェント(Recruit Agent)

どのCMも大手企業ばかりで、年収のほとんどはCMのギャラ収入がしめているとされています。

ちなみに、CMのギャラ収入は、「固定型」契約期間あり。と「変動型」の一本あたりのギャラ収入の二つがあります。

高橋一生さんの場合は、どちらの契約もしているとされており、CMだけで2億5000万円以上の年収があるとされています。

ドラマ出演の年収とギャラ収入

高橋一生さんの年収で次に金額が大きいのは、ドラマ出演のギャラ収入です。

高橋一生さんは2022年に以下のドラマに出演。

  • 「インビジブル」
  • 「雪国 -SNOW COUNTRY-」
  • 「恋せぬふたり」

2023年には、「6秒間の軌跡?花火師・望月星太郎の憂鬱」

2024年には「ブラック・ジャック」に出演。

高橋一生さんクラスですと、一本のドラマで、1500万円~2000万円ぐらいのギャラ収入とされており、一流の役者である証となっています。

また、舞台でも活躍をしており、2023年には『兎、波を走る』で主演も張っています。

テレビ出演の年収とギャラ収入

高橋一生さんの出演しているテレビ番組も数多くあり、出演料が少額とはいえ、かなりの年収額となっているようです。

たとえば、レギュラー番組で、1時間あたり20万円~100万円程度。

ゲスト出演であれば、1時間あたり10万円~30万円程度とされており、こちらも一流俳優のギャラ設定となっています。

まとめますと、高橋一生さんの年収は

  • CM出演料:約2億5000万円超え
  • ドラマ出演料:約5000万円
  • 映画出演料:約500万円
  • テレビ出演料:約225万円

ギャラ収入を合計すると約3億円程度の年収額となっていると予想されているのです。

飯豊まりえ

さて、続いては嫁の飯豊まりえさんの年収です。

飯豊まりえさんの年収は約1億円程度と予想されています。

おっと、年収も年の差ほの開きがあるようですが、旦那の高橋一生さんの年収が高額すぎるんですね。

飯豊まりえさんの年収も決して少ないわけではありません。

飯豊まりえさんの主な年収を支えているギャラ収入は以下のとおりです。

  • CM出演
  • 映画とドラマ出演
  • テレビ出演

少し詳しく年収内訳を見てみましょう。

映画とドラマ出演の年収とギャラ収入

飯豊まりえさんが2022年に出演した代表作のドラマには以下のとおりです。

  • 「岸辺露伴は動かない」
  • 「オクトー~感情捜査官心野朱梨~」
  • 「ちむどんどん」
  • 「恋なんて、本気でやってどうするの?」
  • 何曜日に生まれたの
  • 万博の太陽

飯豊まりえさんのドラマ出演のギャラ収入は、一話あたり100万円~200万円とされています。

主演俳優の場合は10話で1000万円から2000万円とされていて、視聴率もまずまずの数字が出ているようです。

映画の年収やギャラ収入については、通常一本あたり300万円程度とされていますが、主演を張れば1000万円を超えることもあります。

2023年には、「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」ではヒロインも務めており、今後の年収アップにつながるとされています。

テレビ出演の年収とギャラ収入

飯豊まりえさんのテレビ出演を調べてみると、以下のようなゴールデンタイムの番組が多いですね。

「家、ついて行ってイイですか?」
「ZIP!」
「王様のブランチ」
「土曜はナニする!?」
「ヒルナンデス!」
「SHOWチャンネル」
「行列のできる相談所」
「THE MUSIC DAY 2022」
「VS魂」
「お願い!ランキング」
「火曜は全力!華大さんと千鳥くん」
「ネプリーグ」
「あいつ今何してる?」
「有吉ゼミ」など

飯豊まりえさんは、年間40本以上の番組出演をこなしており、一番組あたりのギャラを10万円程度としても、かなりの年収額となることがわかります。

まとめますと、飯豊まりえさんの年収は「CM出演」「映画とドラマ出演」「テレビ出演」のギャラ収入合計で約1億円に達していると予想されています。

高橋一生と飯豊まりえの年収の違い

高橋一生さんの年収と嫁の飯豊まりえさんの年収をまとめますと、

高橋一生さんの年収は約3億円

嫁の飯豊まりえさんの年収は約1億円 

年収では高橋一生さんが嫁の3倍の年収があるようです。

いちおう、玉の輿という形ですが、それにしても飯豊まりえさんの年収1億円というのも凄い金額です。

といいつつ、年齢も17歳の格差がありますから、ちょうど良いバランスなのかも知れませんね。

今回は、高橋一生さんと嫁の飯豊まりえさんの年収の違いについてギャラ収入の格差についてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました