kokiの演技は上手い?演技力とゴリ押し計画や牛首村の興行収入!

牛首村の興行収入は?Kokiの演技力とゴリ押し女優計画がヤバい
Kokiさんの演技は上手いのか…演技力の評判や力のゴリ押しや牛首村の興行収入予想についてまとめました!

いきなりKokiさんが映画『牛首村』の初主演に抜擢されたことで話題となっていますが、気になるのがKokiさんの演技が上手いのか、演技力と映画の興行収入でしょうか。

映画のストーリーのさることながら、興行収入はさまざまな要因がありますが主演の演技力が一番なのかなぁって思います。

Koki主演の牛首村の興行収入は村シリーズ最高額?

Kokiさんが主演を務める映画は、清水崇監督監督の村シリーズ『牛首村』です。

気になる、『牛首村』の興行収益ですが、まだ公開されておりませんのでどれくらいまで伸びるのかは今のところはゼロ円となっております。

ちなみに前作の村シリーズはといいますと…

2020年2月に公開された『犬鳴村』が興行収入14億円。

2021年2月公開の『樹海村』は約6億円となっています。

『樹海村』に関しては、自粛が続く中での興行収入ではまずまず健闘した収入額となっています。

ちなみに清水崇監督監督は、米国では『THE JUON/呪怨』を120億円以上の大ヒット作品ししている実績があり「牛首村」も海外リメイクを視野にいれているそうです。

なるほど、Kokiさんが主演に抜擢されればアジア圏では爆発的な人気となるでしょうね。

Kokiさんは、主演に選ばれた喜びをインスタで以下のようにコメントしています。

「この度、清水崇監督の村シリーズ第三弾となる『牛首村』に出演させて頂くことになりました」

「この様な素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝しています」

「いただいた役と向き合いながら、清水監督からの言葉をしっかり聞き、一生懸命頑張りたいと思います」

「いつも応援して下さっている皆さん、これからも温かく見守っていて下さい!」

とファンに向けて発信しています。

Koki主演の牛首村の興行収入は村シリーズ最高額?

Kokiさんのインスタは、個人の情報発信というより営業色が強いとされており、今回の発信も主演の喜びととともに当然ながら、いち早い映画の番宣となっております。

『牛首村』の目玉は、なんといってもKokiさんが主演という話題性が大きいことから、興行収入も前作よりも高額になることが期待されているようです。

牛首村のKoki主演はゴリ押しで女優計画進行中

『牛首村』のKokiさん主演はゴリ押しに関しては、Kokiさんのデビュー当時よりもっぱらの噂になっており今では慣れっこにすらなっている感もあります。

牛首村のKoki主演はゴリ押しで女優計画進行中

Kokiさんをプロモーションしているのは、母親の工藤静香さんですが芸能生活も長く木村拓哉さんと結婚して子供ができてからは、子供の英才教育をはじめ全てのプロモーションを行っています。

映画『牛首村』でもちょっとゴリ押し感が出てると話題となっているようです。

kokiさんは『牛首村』のクランクアップにインタビューで下記のようにコメントしています。

出演が決まったときについて、「まず家族に相談しました。やっぱりお父さんとお母さんにいろいろなアドバイスを聞いて、本当に毎日のようにお父さんに聞いていたのですが、撮影のときのエピソードだったり、お父さんが心がけてることとか、印象に残っている言葉とかをすごく聞いてました」

「台本の裏側にお父さんにメッセージを書いてもらって、1日が始まる前に必ず見て自分に言い聞かせて現場に入っていました。そこには、『Enjoy and do your best!』と書いてあって、それを自分に言い聞かせて(撮影を)始めていました」

引用元:ヤフーニュース

このコメントから、ヤフコメでは…女優デビューにしていきなり主演というのが凄いという評判に加えて…

ここでも父親の影をチラつかせ、親がゴリ押ししているばかりではなく、kokiさんも親の利用方法をよく知っているようだ。

みたいなことが書き込まれてました。

まぁ、家族がプロダクションみたいなものですから…

Kokiさんと、姉のcocomiさんのプロモーションのために個人事務の株式会社PURPLE(パープル)も立ち上げており強力にバックアップを行ってきました。工藤静香の事務所パープルの場所はどこ?活動内容と所属タレント!

Kokiさんに関しては、2018年7月、ファッション誌「ELLE JAPON」15歳でモデルとしてデビューを果たし、日本人初、最年少でブルガリ(BVLGARI)のアンバサダーに就任するなど、モデルのプロモーションが中心でした。
姉のcocomiさんも、2020年3月にファッション雑誌『VOGUE JAPAN』の表紙でモデルデビューをした後、2021年6月公開のアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で声優デビューのプロモーションも行っています。

姉のcocomiさんが2021年6月公開のアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で声優デビューしておりますが、フライデーデジタルの報道によりますと、明石家さんまさんがプロデューサーを務めていることで抜擢されたことが書かれております。

明石家さんまさんと木村拓哉さんが仲が良いことはご存じの方も多いとおもいますが、SMAPの解散騒動のときにも、ジャニーズ事務所に残った木村さんを擁護をし、私生活でも親しいことからCocomiさんを声優に抜擢したとワイドショー関係者がコメントしていす。

こうした背景を考えると、工藤静香さんが無理にゴリ押ししなくてもチョットお願い!っていうだけで主演が回ってきそうにも思えたりします…

Kokiさんはモデルとして華々しくデビューしたものの、世間の評判をみても勢いがイマイチなところがあるようですので、今作の『牛首村』の出来次第では、女優の道が新たに増えることになります。

とはいえ、ゴリ押しだけでは女優としても成功はしないでしょうし、Kokiさんの演技力が試される映画となることは間違いないでしょうね。

Kokiの演技は上手い?演技力の評判や監督の評価は?

Kokiさんの演技力が話題になっていますが、こればかりは映画が公開されてみないと未知数ですね。

ただ、Kokiさん映画初主演となるため、各メディアも演技の上手い下手には興味があるようです。

ただ最も心配されるのが、Koki,の演技力だろう。未経験のためまだ何とも言えないが、業界では今から「本当に大丈夫?」という声が噴出しているのだ。

引用元:東スポ

業界でもKokiさんの演技力が心配されているそいうです。

俳優経験ゼロでいきなりの主演抜擢ですから無理もない…

さらに、イベント関係者によると、Kokiさんはインターナショナルスクール育ちで英語は得意ですが日本語の活舌がイマイチでセリフも棒読みなんだとか…

「イベントなんかでは司会者との受け答えもなく、一方的に用意されたセリフをただただ一生懸命に言っているという印象。そのセリフも抑揚なく、単に棒読みでしたからね」(イベント関係者)

引用元:東スポ

セリフが棒読みになってしまうのは、日本語に触れてきた機会が少ないからと、そもそも論になっているみたい。

で、日本語のセリフ回しが得意じゃないから、ホラー映画を選んだのでは?との見方をされているようです。

『牛首村』のクランクアップ後のインタビューでも、まだ公開前なために演技力について突っ込んだコメントがされていません。

ただ、kokiさん本人のお話しだと、清水監督から「感情の持っていき方が、すごくカッコよかった」と言われてたとコメントしてました。

監督が演技の上手さを評価するまえに、自分から演技力をアピールするとこはブランディングがさすがです。

まぁ、監督も公開前だと周りの共演者にも気をつかうでしょうし、kokiさんの演技力については牛首村の公開後、世間の評判を見てでしょうね。

で、SNS上で調べてみると、確かにKokiさんがセルフの少ないホラー映画を選んだ理由に納得している人がいるみたいです。

ただ、Kokiさんの演技力を心配しているのは業界人達のご意見で、SNS上ではKokiさんの芝居がどこまで凄いのか、演技力に期待をしている人達で溢れています。

早く、興行収入がどれぐらいになるのか知りたいですね。

今回は、牛首村の興行収入がどこまで伸びるのか、Kokiさんの演技力のゴリ押しや今後の女優計画についてご紹介しました。

工藤静香さん一家の関連記事はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました