華春瑩報道官|若い頃の笑顔(画像)も可愛い!河野さんの妻と比べてみた

河野太郎外相自らセルフィーで撮った華春瑩報道官とのツーショット画像がツイッターで公開され、ちょっとした話題になっています。

華春瑩報道官といえば、ツンツンした厳しいイメージを持っている人も多いと思いますが、可愛いとの声も多く「河野太郎外相は、また自撮り外交?」などという固いことは抜きにして、ここでは華春瑩(か しゅんえい)報道官の魅力について語ってみます。

それにしても河野太郎外相、凄いね~、私はセルフィー使ったことがないんですが(笑)

Sponsored Link

華春瑩(か しゅんえい)報道官の若い頃と今、笑顔は変わらず可愛い

1970年、江蘇省(こうそしょう)生まれの華春瑩さんは、言わずと知れた中国外務省の報道官ですね。

江蘇省といえば、アジアの水の都「東洋のヴェネチア」として有名な都市で知られています。

美味しい食べ物では、えーと、えーと、思い浮かびません(笑)

そんな素敵な所で生まれた華春瑩さんの学生時代はどうだったのでしょうか。

高校時代は、学校内の問題解決のために綿密に準備する子だったそうです。そのころから報道官としての素質があったのでしょうね。

大学時代は、友達からの信頼も厚く、いつも筋の通ったアドバイスを皆にしていたそうです。自分問題はのそっちのけで、4年間の大学生活で一度も恋愛をしたことがないんだそうです。なんとももったいない。

本国での評判も良く、華春瑩のスポークスマンからは政府機関の人としては異例の「萌え女子」とも冠されたほどです。ちなみに「萌え」という言葉、中国では「チャーミングさ」と、とらえているのだそうです。ま、ほぼほぼ合っていると思いますが(笑)

右から2番目の女性が華春瑩報道官です。

華春瑩(か しゅんえい)報道官の若い頃の笑顔1

え、わかりづらいですか?

ではこれなら

華春瑩(か しゅんえい)報道官の若い頃の笑顔2

公職の場で見せる、きびそうな表情を思えば、とても可愛らしい写真に見えるのは私だけでしょうか。若い頃はポッチャリしてたんですね。

華春瑩報道官は可愛いと評判だが世間の印象を調査

さて、巷では華春瑩報道官は可愛いと評判ですが、今回の河野太郎外相とのツーショットと合わせて、世間ではどんな印象なのかを調査してみました。

まとめてみるとこんな感じです。

  • 華春瑩さんは、いつもは厳しい表情だけど、こんな可愛い表情もするのですね。
  • 華春瑩さんの笑顔が撮れるのは河野大臣だけでしょう。
  • プライベートの華春瑩報道官との笑顔のツーショットですが、日中友好効果があるんじゃないでしょうか。
  • え!この方華春瑩報道官なのですか?
    華春瑩報道官を可愛い笑顔にできる河野大臣は凄い!

「外務大臣は軽薄」「香港の連日のデモの最中に自撮り自慢をするとはどうなのでしょうか?」みたいな少数の厳しいつぶやきもありますが、概ね華春瑩報道官の笑顔に良い意味で驚いているものが多かったです。

Sponsored Link

河野さんの妻、典子さんのツーショットと比べてみたけどお二人とも可愛い

河野太郎外相にはお綺麗な妻の典子さんがいらっしゃいますが、こんなツーショット写真をTwitterに出してしまって大丈夫なんでしょうかね?

まあ半分プライベートとはいえ公務的な側面もあるので、さほど問題はならないとは思いますが、パッと見は何ともスキャンダラスな感じゃないですか。

妻である典子さんは、外資系の銀行に勤めていたという話もありますし、お堅い感じもしますしね。

ま、そんな勝手な想像をしつつ華春瑩報道官と妻の典子さんとのツーショットを見てみましょう。

河野太郎外相と奥様のツーショット

こちらが華春瑩報道官とのツーショット

河野太郎外相と華春瑩報道官のツーショット

河野さんご夫婦は大変仲が良いので華春瑩報道官とのツーショットは、ちょっと心配ですが、河野さんご自身でTwitterにアップするほどですから大丈夫なのでしょう。

最後に華春瑩さんのお名前を勝手に分析してみました。

→華やか
→季節の春(穏やかで活動時期に入るさま)
→瑩らか(あきらか)

さすが、名は体を表しますね。

タイトルとURLをコピーしました