濱田マリ 若い頃の歌手の人気は?モダンチョキチョキズバンドも調べてみた

女優、タレントの濱田マリさんが歌手だったのは知っていましたか?

若い世代の人は、お分かりにならないと思いますがその昔、濱田マリさんはモダンチョキチョキズというバンドのボーカル兼ギターだったことがあります。

今回は、濱田マリさんが歌手として歌っていたモダンチョキチョキズバンドの頃にタイムスリップして、濱田マリさんの魅力を探ってみたいと思います。

Sponsored Link

濱田マリの若い頃の画像が可愛い!プロフィール

まずは、濱田マリさんがどんな女性なのか、プロフィールと簡単な活動を見てみましょう。

名前:濱田マリ(ハマダ マリ)
生年月日:1968年12月27日
星座:やぎ座
血液型:B型
身長:152cm
出身地:兵庫
ジャンル:女優 、声優・ナレーター 、歌手・アーティスト、司会者・MC

濱田マリさんは映画にも多数出演していて「血と骨」(2004年公開)の映画では北野武と共演し、破滅へと向かわせる愛人となり、後妻となる役を演じ女優としての貫禄ぶりを世間に知らしめています。

2016年以降には映画「14の夜」で母親役を演じています。その後、第136回直木賞候補の貫井徳郎原作小説の「愚行録」にも出演しています。

ドラマでは「恋のバカンス」(1997年)では明石家さんまさんと共演もしていて、その外にも「お熱いのがお好き?」「アンフェア」(1998年)にも出演しています。

ナレーターとしては、テレビ朝日の「あしたまにあ~な」、「お願い!ランキング」やNHKの「妄想二ホン料理」などのナレーションは良く知られているところです。

とても個性的に見えますが、何というか大物女優って器用といいますか、どんな役でもオールマイティにこなしてしまうんですよね。

若い頃からの特徴ある声は今でも健在で、様々なテレビ番組のナレーターとして活躍されていますので、顔は分からなくても一度は声を聞いたことがあるのではないでしょうか。

Sponsored Link

濱田マリは歌手でモダンチョキチョキズバンドのボーカル

「あーたーまージャングル、グルグルグルグル×3だよ~ん♪」とか流行りましたよ。

当時は、かなり奇抜な衣装でJ-POPというよりは、おちゃらけバンドみたいな存在でしたが、ボーカルの濱田マリさんの声が、とても個性的で不思議な魅力がありましたね。時代を経た今聴いても、やはり見入ってしまいます。

YouTubeで動画を探してみたのですが、残念ながらオフィシャルなでは見つかりませんでした。
こちらがその頃の濱田マリさんです。

若い頃の歌手だった濱田マリ

このモダンチョキチョキズですが、なんとメンバーが200人位いたそうです。「くらい」って何なのよ?って感じですが、濱田マリさんご本人が言っていたことのようなので、メンバーの把握は、かなり適当だったようです。

ライブの前列で踊っていたファンが、いつの間にかメンバーになっていたなんてこともある位ですからW。中でも名物パフォーマーのヌルピョンさんって人が有名でしたね。今はタイ料理のお店のオーナーみたいですけど。

こんな適当な大所帯で、ギャラなんかでもめなかったんでしょうかね??

モダンチョキチョキズのメンバーを全員把握するのは無理なので、主だったところの芳垣安洋(ドラムス)、梶野秀樹(ベース)、内橋和久(ギター)の3人をご紹介してみます。

芳垣安洋さんは、モダンチョキチョキズに参加した後にメジャーデビューをして蜷川幸雄や文学座などの演劇や、映画の音楽制作も手掛けながら、現在も精力的に活動を続けています。

梶野秀樹さんは、CBSソニーからデビューをした後にモダンチョキチョキズや、その他にも小泉今日子さん、松浦亜弥さん、中澤裕子さん、吉澤ひとみさん等ののサポートを行っていたベイシスとさんです。

内橋和久さんは、かなり独創的な世界観を持ったギタリストでゴダンという音を作り出すギターを使って即興家としても知られています。

「ジャングル日和」「自転車に乗って、」「天体観測」など、数々のヒット曲で人気を集めたモダンチョキチョキズですが、なんといっても濱田マリさんの存在が半端なく大きかったように思えます。だって当時、他のバックメンバーなんて何一つ記憶にありませんしw

濱田マリのご家族について、娘さんは謎

さて、濱田マリさんのご家族についても少し触れておきましょう。

濱田マリさんは1996年に「SOFT BALLE」というバンドメンバーの藤井麻輝さんと結婚をしています。しかし残念ながら2005年に離婚してしています。

現在、藤井麻輝さんは元SOFT BALLETの森岡賢とminus(-)というユニットを組んで精力的に活動をしていて、今年の5月には東京は渋谷ストリームホールで藤井麻輝のデビュー30周年を記念した「ddd ~MAKI FUJII DEBUT 30TH ANNIVERSARY~」ライブを行っています。

お子様については、娘さんがひとりいらっしゃいますが情報はいっさい公開されていないため、ネット上で噂されている学校名の情報などは信頼性に欠けていると思います。

以上、濱田マリがモダンチョキチョキズバンドのボーカルとして歌っていた頃を思い出しながら、懐かしみながらお伝えしてみました。

タイトルとURLをコピーしました