渋野日向子と野沢春日の年収が違いすぎ!賞金収入と給料の比較が凄い!

渋野日向子と野沢春日の年収が違いすぎ!賞金収入と給料の比較が凄い

スマイルシンデレラの渋野日向子さんと野沢春日アナが交際していると世間では大騒ぎとなっています。

ふと、渋野日向子さんと野沢春日さんの年収が気になる私。

今回は、渋野日向子さんと野沢春日アナの年収が違いすぎて、比較が凄かったことをまとめました。

お二人の年収を比較するという、おせっかいな内容ですが、お楽しみください。

して、違いすぎる!賞金収入と給料の比較が凄い!

渋野日向子の年収は?

渋野日向子の年収はいくらなのでしょうか。

渋野日向子さんの澁野日向子さんはプロゴルフプレーヤーなので主な年収の源はツアーの賞金金額とスポンサーの契約料や CM 出演のギャラなどになります。

2020年は、スポーツ選手の長者番付の第2位になって、推定年収は4億3000万円という金額がニュースなどで、取り上げられておりました。

ちなみに1位は大阪テニスプレイヤーの大坂なおみさんの40億円で、1位と2位の間がかなり開いてますね。

2021年も調子は右肩上がり調子も上々なので年収も2020年と同じぐらいの額になるのではないでしょうか。

4億3000万円という年収額は、スポンサー契約や、その他のCM出演、各種番組の出演料などを加味しての年収でしょうね。

あくまでも推測になりますが、2021年の推定年収も4億円は軽く超えそうですね。

ということで、推定年収額は4億円ぐらいと覚えておきましょう。

野沢春日の年収は?

さてさて、お次は渋野日向子さんとの交際が発覚した野沢春日さんの年収はどのくらいになるのでしょうか。

野沢春日さんは、テレビ東京のアナウンサーでして、ネット上で、あるて度の予想年収が公開されております。

その情報をその情報によりますとアナウンサーの基本年収額は1200万円~1500万円の間となっていて、給料はおよそ約80万円ほどです。

少しざっくりとした金額になりますが、この辺は学歴や所属部署によって年収額が左右されるので仕方ありませんね。

それから、キー局各社でも当然違ってくるでしょうから、おおむね1200万円~1500万円の間なんだぁ。程度に思っておきましょう。

で、野沢春日さんは、明治大学国際日本学部の出身ですので、アナウンサーとしての資質も十分すぎることと、2013年の入社で、2021年現在は31歳の油が乗りきっている状態です。

その事を考えると、先程お伝えした1200万円~1500万円の年収額の1500万円クラスになっていると思われます。

あくまで推定年収なので、野沢春日さんの年収額はだいたい1500万年ぐらいなんだぁ、程度に考えて覚えておきましょう。

ちなみに、フリーアナウンサーになると、皆さん2000万円を超えて来るそうです。まあそのぐらいの見込みがあるから皆さんフリーアナになるんでしょうけど…

野沢春日さんも渋野日向子さんと結婚したら、普通にフリーアナになっても、楽勝で食べていけそうです。渋野日向子さんの稼ぎ半端じゃないですからね。

渋野日向子と野沢春日の年収差が凄い

ちょっと改めて最後に分かってはいるもののしぶのひなこさんと野沢春日さんの年収差をサクッとお伝えしておきましょう。

渋野日向子さんの推定年収は4億円。

そして、野沢春日さんの推定年収額は1500万円。

渋野日向子さんと野沢春日さんの年収差は、3憶8千500万円と驚くほどの差がありました。

逆に、お2人が結婚して年収額を合わせても、4億1500万円と、そんなに変わらないということでもあります。恐るべし渋野日向子さんの年収額…

ということは、よこしまな考えですが…方になりますが渋野日向子さんと野沢春日さんが結婚することになれば、野沢春日さんが玉の輿に乗ったということになりますね。

最後はちょっとよこしまな考えになりましたが、お二人の結婚報道が待ち遠しい今日この頃です。

今回は、渋野日向子さんと野沢春日アナの年収が違いすぎて、比較が凄かったことについてご紹介しました。

渋野日向子さんの学歴や私服のかわいい画像もアップしてますので是非ご覧ください。
▼▼▼
渋野日向子の私服画像がかわいい!スタイルいい普段着ドレス姿が素敵!
▼▼▼
渋野日向子の学歴!大学に進学しない理由と監督の名言エピソード!

今年は、松山英樹さんがマスターズを制覇した記念すべき年となりましたね。松山英樹さんは課題だったパターを専属コーチと猛特訓したそうです。

このパターが松山英樹さんが、マスターズで優勝を飾ったパター、スコッティキャメロンの『ニューポート2』です。

このパターで、松山英樹さんの勝負運にあやかりたいですね。私もスコッティキャメロンのオールドタイプを使っていますが、安心感がありますよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。当ブログは渋野日向子さんと野沢春日さんを応援します。

タイトルとURLをコピーしました