大谷翔平の年収は72億超え!年俸推移とスポンサー収入で来期100億突破!?

大谷翔平,年収,年俸推移,スポンサー,収入,来期

大谷翔平さんの年収72億円超えと、年俸やスポンサー収入と来期の年収についてご紹介!

大谷翔平さんの年収がついに72億円を超えました!

驚愕の年収の額は72億3700万円也。

天文学的な年収額で、使い切れるのかと…

大谷翔平さんの年収は、年俸とスポンサー収入で、こちらも二刀流となっております。

今回は、大谷翔平さんの年収は72億円超えと、年俸やスポンサー収入と来期の年収をまとめました。

※大谷翔平さんの年収はネット上のニュースなどをもとにしてますので、予めご了承ください。

大谷翔平の年収は72億超え

大谷翔平さんの年収は、日本円にして約72億3700万円です。

ドルの年収は5000万ドル!円安だし凄すぎる…

大谷翔平さんの年収が2023年はとんでもない高額になりました。

大谷翔平さんの年収は、ロサンゼルス・エンゼルスの活躍における年俸と、スポンサー収入の2つの合計となります。

野球も二刀流なら年収も二刀流なのです。

2022年の年俸は550万ドルで日本円にして約8億1000万円でした。

2022年の時点では、年俸よりスポンサー収入のほうが高額だったようです。

ところが、2023年の年俸は3000万ドル、日本円にして44億2500万円で契約に合意しています。

そして、大谷翔平さんには年俸の他にもスポンサー収入がありますので年俸とスポンサー収入を合計すると、年収は約72億3700万円になるのです。

大谷翔平さんの年収をもう少し詳しく見てみましょう。

大谷翔平の年俸推移と高額年収

大谷翔平さんの年収は二刀流、まずは年俸の推移から見てみましょう。

大谷翔平さんの2023年の年俸がついに44億2500万円となりました。

大谷翔平さんが日本ハムファイターズ在籍中の年俸

2013年(19歳)⇒1500万円
2014年 (20歳)⇒3000万円
2015年(21歳)⇒1億円
2016年(22歳)⇒2億円
2017年(23歳)⇒2億7000万円

大谷翔平さんは2013年に日本ハムファイターズにドラフト1位で入団し、2017年まで在籍しました。

日本での年収は、2017年の23歳で2億7000万円が最高額。

日本では、スポンサー収入はありませんでしたので、これが年収額となっています。

ロサンゼルス・エンゼルスに在籍した大谷翔平さんの年俸推移は以下のとおりです。

2018年(24歳)⇒5995万円
2019年(25歳)⇒7205万円
2020年(26歳)⇒7700万円
2021年(27歳)⇒3億3000万円
2022年(28歳)⇒6億3000万円
2023年(29歳)⇒44億2500万円

ロサンゼルス・エンゼルスに在籍した当初は、MLBの25歳ルールによって、年俸がおさえられていたんですね。

2021からは3億3000万円の年俸にアップしていますが、それでも大谷翔平さんの二刀流の活躍からして破格値とされていました。

そしてついに2023年は年俸が44億2500万円で契約に合意したのです。

大谷翔平さんの年俸は2022年から比べて500%以上もアップするという凄すぎる年俸推移となっています。

大谷翔平のスポンサー契約年収が高額

大谷翔平さんの年収は年俸のほかにスポンサー収入があります。

大谷翔平さんのスポンサー年収は約29億円です。

世界のスポーツ&エンターテインメントのマーケティング・プラットホーム「スポンサー・ユナイテッド」が、2022年MLBのスポンサー契約のデータを28日に公表。

大谷翔平さんが17社とパートナーやスポンサーなどの広告契約を結び、最多記録となるだことが明らかになっています。

ちなみに、これまでの最多スポンサー契約はヤンキースのアーロン・ジャッジ選手で13社でしたが大谷翔平さんが軽々抜き去っています。

大谷翔平さんが活躍するにつれ、スポンサー契約も右肩上がりで増え続けています。

最近では2022年8月4日に、ポルシェジャパンと「ポルシェドライビングアスリート」に任命されています。

大谷翔平さんのスポンサー契約には「サポート契約」「パートナーズシップ契約」「アドバイザリー契約」「サプライヤー契約」「アンバサダー契約」などの形態があります。

大谷翔平さんがスポンサー契約をしている企業は分かっているだけでも以下の企業があります。

・JAL
・SAVAS(ザバス)
・HUGOBOSS
・オークリー
・アシックス
・デサント
・セイコー
・ポルシェ
・FTX

米経済誌「フォーブス」によると、大谷翔平さんのスポンサー収入と年俸を合わせた年収総額は5000万ドルで日本円にして約72億3700万円にもなると試算をしています。

つまり、大谷翔平さんのスポンサー契約の年収は、72億3700万円(年収総額)-44億2500万円(年俸)=約29億円となるわけです。

大谷翔平さんの年俸とスポンサー年収のバランスが良くなってきた感じですね。

大谷翔平の年収は100億を超える

大谷翔平さんの年収は72億3700万円。

年俸とスポンサー収入の合計が凄い金額になっています。

2022年の年収から大幅にアップしており、年俸だけでも日本選手の最高額となりました。

さらに、今後の2023年には年収が100億円を突破するという噂もあります。

理由は2023年のシーズンが終わると、移籍先を自由に選べるフリーエージェント(FA)となるからです。

所属先によっては、メガトン級の年俸になると予想されており、それによって年収も軽々100億円超えになると予想されているのです。

恐るべし大谷翔平さんの年収。いったい何に使うのか…使い切れるのか…

高額年収で将来の嫁も大喜び…大谷翔平の嫁は狩野舞子!結婚の馴れ初めと2人の結婚観が素敵!

大谷翔平さんの詳しいスポンサー契約については、こちらでご覧ください…大谷翔平のスポンサー契約企業一覧!収入金額が凄い二刀流!

大谷翔平さんの関連記事はこちらからどうぞ。

今回は、大谷翔平さんの年収は72億円超えと、年俸やスポンサー収入と来期の年収についてお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました