秋野暢子の若い頃がかわいい!昔と今をアイドル時代の画像で振り返る

秋野暢子,若い頃,かわいい,昔と今,アイドル時代,画像

秋野暢子の若い頃がかわいいアイドル時代の画像をご紹介!

秋野暢子の若い頃がかわいいです。

今でも綺麗な秋野暢子さんですが、昔はアイドルと肩を並べあうほどの可愛らしさでした。

そういえば歌手としてもデビューしてたっけ。

今回は、秋野暢子さんの若い頃がかわいいアイドル時代の画像をまとめました。

秋野暢子の若い頃のかわいい画像

さっそく秋野暢子さんの若い頃のかわいい画像を見てまいりましょう。

秋野暢子さんがデビューしたころの画像で、かわいいですね~。

秋野暢子さんは、大阪府の出身で、四天王寺高等学校卒業後、三船プロダクションに所属をしています。

現在は60歳代となりましたから、所属事務所もプロダクションも…

三船プロダクション

田中プロモーション

アクターズプロモーション

ジェイ・ツー

カフナロック

しまだプロダクション

このように、多くのプロダクションを経て今の女優秋野暢子さんとして完成しているのです。

秋野暢子さんが芝居に興味をもったきっかけは、小学校の学芸会の演劇でした。

芸能界入りをして、1974年にNHK銀河テレビ小説『おおさか・三月・三年』に出演してドラマデビューをしています。

こちらはデビュー4年後「太陽にほえろ」に出演していた秋野暢子さんの若い頃のお顔です。

アイドル級にかわいい。

こちらも、デビューして間もない若い頃の秋野暢子さん。

山口百恵さんと宇津井健さんも若いですね~。

秋野暢子さんの若い頃って、どちらかといえば日本人離れしたハーフっぽい顔立ちでした。

なのに、着物姿もすてきで超かわいいです。

1981年の必殺仕事人シリーズに登場した秋野暢子さんが、すこぶる綺麗です。

こちらの若い頃の和装も恐ろしいほどかわいい。国民的女優と言われるゆえんです。

秋野暢子,若い頃,かわいい

かとおもえば、懐かしい初期のオープンベンツにまたがる秋野暢子さんがカッコかわいい。

こちらのほうが秋野暢子さんぽい感じがしますね。

 秋野暢子の昔は歌手でアイドル

秋野暢子さんは女優としてデビューをして数々のドラマや映画に出演をし国民的女優に変身をとげる秋野暢子さん。

本格的に女優活動を開始してから山口百恵さんと『赤い運命』で共演してから、アイドルの仲間入りをした感がありました。

ドラマでは、チョイ憎まれ役を演じていましたが、それはそれ…一味違う秋野暢子さんのファンが激増しております。

でもって、秋野暢子さんは歌手としても活動をスタートしています。

こひらが、秋野暢子さんのデビュー曲の「愛はみなし児」…タイトルが昔っぽくていい感じ。

歌手としてデビューしてからは、ドラマや映画の意外にも、バラエティ番組などにも多数出演して今ではシリアスな役から、バラエティーまで何でもこなす大女優となっております。

秋野暢子は今でもかわいい

秋野暢子さんは大阪の出身なので、バラエティー番組などでは関西弁になることが多く、そこらあたりもかわいい魅力。

そんなかわいい秋野暢子さんは1983年にTBSテレビのプロデューサー、田代冬彦さんと結婚をしています。

1993年12月に長女が誕生しており、娘さんも秋野暢子さんの若い頃ににてかわいいのです。

少しふっくらした顔の輪郭とか目鼻立ちも母親の若い頃にそっくりです。

ご主人の田代冬彦さんとは2001年に離婚をしており娘さんと2人家族になっています。

今でも、SNS上では秋野暢子さんが綺麗、かわいいと話題になることが多く、昔と全然変わってないとろころが素敵です。

2022年7月4日には食道がんになったことを所属事務所を通じて報道されましたが、早く回復して欲しいですね。

今回は、秋野暢子さんの若い頃がかわいいアイドル時代の画像をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました