芦田愛菜の年収は5億円超え!ギャラ収入CMトップで手取りも高額!

芦田愛菜,年収,,ギャラ,収入,CM,トップ,手取り,高額

芦田愛菜さんの年収5億超えとギャラ収入の詳細や、手取りの年収についてご紹介!

2022年CM起用社数でトップとなり年収がさらにアップすると話題です。

今までは年収4億円とされていた芦田愛菜さんさんですが、ついに5億円に到達する予想となっています。

芦田愛菜さんのギャラの収入がどれほど凄いのか…

今回は、芦田愛菜さんの年収5億超えとギャラ収入の詳細や、手取りの年収ついてまとめました。

※芦田愛菜さんの年収はネット上の予想をまとめておりますので予めご了承ください。

芦田愛菜の年収は5億円超え!CMランキングトップ

芦田愛菜さんの年収はいったいどれくらいなのか。

芦田愛菜さんの年収は、ついに5億円を超えると予想されています。

理由はCMの起用社数で、ついに17社に増えランキングトップになったからです。

続にいうCM女王の座についた芦田愛菜さん。

これまでの、年収推移をみてみると手取りの年収で以下のようになっています。

2018年→1億5500万円
2019年→1億8千万円
2020年→1億6900万円

これは、芦田愛菜さんの手取りの年収額で、ギャラ収入の合計は毎年4億円をキープしてきたとされていました。

ところが、2022年テレビ放送の調査と測定を行うニホンモニターから、芦田愛菜さんの2022タレントCM起用社数ランキング1位になったことを発表。

なんと、芦田愛菜さんは17社のCMに起用され、初の年間1位に輝いています。

ちなみに2位は16社のCMに起用されている川口春奈さんです。

CM出演17社によって、ギャラが大幅アップとなり、芦田愛菜さんの年収がグイ~ンと伸びて5億円の大台に乗ったいうことですね。

川口春奈さんをおさえてのCMランキング堂々1位の年収額が凄すぎなのでご紹介してまいりましょう。

芦田愛菜の年収は5億円!ギャラ収入が高額

芦田愛菜さんの年収5億円超えのギャラ収入の内訳をサクサクご紹介してまいりましょう。

芦田愛菜のCMの年収とギャラ収入が高額

芦田愛菜さんの年収を大きく支えているのは、なんといってもCMのギャラ収入です。

CMにギャラ収入は、ドラマや映画よりも高額なので1社でも増えると年収が一気に右肩上がりとなります。

芦田愛菜さんのCM1本のギャラ収入はこちらの表に示しているとおり3000万円~3500万円。

芦田愛菜,年収,CM,ギャラ,収入

CM起用ランキング2位の川口春奈さんと同額となっており、トップ女優のギャラ収入であることがわかります。

2022年には17社のCMに起用されており単純計算でも約5億1千万円~6億円のギャラ収入となります。

起用されている会社によってもギャラ収入は異なるりますが、芦田愛菜さんが出演するCMは大手企業ばかり。

最近では、英語力を発揮しての「ECC」や木村拓哉さんとおなじみの『タウンワーク』や『遊戯王ラッシュデュエル』、『Uber Eats』など、大手企業ばかりなのです。

芦田愛菜さんの年収5億円超えも、少なく見積もっての額だと思われます。

映画やドラマの年収とギャラ収入

続いて、芦田愛菜さんの年収を底上げしているのが映画とドラマのギャラ収入です。

芦田愛菜さんのドラマの年収は1000万円を超えているとされていて、直近のドラマでは以下の出演があります。

2018年:花へんろ 特別編「春子の人形」(ヒロイン)
2018年:連続テレビ小説 まんぷく(ナレーション)
2022年:エンディングカット(主演)

芦田愛菜さんのドラマ出演は主演を張ること多く、1話あたり主演で300万円ぐらとされています。

ドラマはもちろんのこと、声優としての出演も多く見えないところで年収アップをしているようです。

芦田愛菜さんの映画の年収は500万円ぐらと予想されています。

直近の映画では2020年の『星の子』で主演、そして2022年にもメタモルフォーゼの縁側で主演を張っています。

芦田愛菜さんの映画1本のギャラ収入は400万円~500万円ぐらいとされており、高額年収を底上げしています。

テレビ番組出円の年収とギャラ収入

芦田愛菜さんの年収では、テレビ出演のギャラ収入も忘れてはいけません。

芦田愛菜さんのテレビ出演の年収は1000万円を超えているとされています。

芦田愛菜さんのテレビ出演のギャラ収入はレギュラー番組で1本70万円ぐらい。

ゲスト出演番組でも1本20万円~30万円といわれています。

レギュラー番組といえば「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」でしょうか。

芦田愛菜さんは、2022年に入り18もの番組に出演をしており、見えるところでもしっかり年収を稼いでおりました。

グッズやカラオケ印税の年収とギャラ収入

芦田愛菜さんのグッズ販売やカラオケの印税も年収アップには欠かせません。

芦田愛菜さんのグッズの売り上げは3000万円を超えてるとされています。

芦田愛菜さんはとにかく多忙…自身がプロデュースしている商品はありませんが、昔からカレンダーの売り上げが好調のようです。

また、「マルマルモリモリ」のカラオケの印税も600万円ぐらいと少額ながら年収に貢献しているようです。

一曲あたりのカラオケの印税は5円程度とされてますので、いかに芦田愛菜さんの歌が歌われているかがわかりますね。

芦田愛菜さんの年収とギャラ収入の詳細を紹介してきましたが、CMの年収だけでも5億1千万円~6億円と高額ですから、ドラマや映画などの年収を加味すると年収5億円は安く見積もりすぎかもしれません。

芦田愛菜んの年収の手取りの金額もきになりますね。

芦田愛菜の手取りと今後の年収

芦田愛菜さんの年収の手取り額は、冒頭でもお伝えしましたが、2020年には1億6900万円となっています。

その後も、芦田愛菜さんの人気は右肩上がりでCM起用でもトップとなり2022年は軽く2億円は突破すると思われます。

CMやドラマ、映画、番組出演の年収はザっと6億円ぐらいになりますので、もし折半だとすると2億円以上の年収の手取りかも知れません。

芦田愛菜さんは現在「ジョビィキッズ」の所属で18歳。

なので年収は親が管理しているそうです。当たり前ですね。

そんな高額年収を叩き出す18歳の芦田愛菜さんですが、2023年には「慶應義塾大学医学部」に進学予定です。

芸能界を引退するのではないか?慶應義塾大学医学部では後半頑張れば芸能活動は続けられる。などと噂されており、大学の進路によっては今後の年収に影響が出てきそうです。

噂では貯金も10億円を超えているとされてますので、そんなにガツガツ稼がなくても良いのかも。

今回は、についてお伝えしました。

 

タイトルとURLをコピーしました