林家三平がつまらなすぎる?評判悪くて笑点の視聴率が低いって本当?

林家三平がつまらなすぎる?評判悪くて笑点の視聴率が低いって本当?

笑点の最近の視聴率って15.2%とか16.5%なんですね。昔はもっと良かったように思えるのですが…

今回は、林家三平がつまらなすぎる!林家三平さんの笑点の回答が酷い!と批判を浴びたとの世間の評判などをまとめました。
スポンサーリンク

つまらなすぎると批判を浴びた林家三平の経歴・プロフィール

林家三平さんの経歴・プロフィールをサクッとご紹介しますね。

林家三平さんの経歴やプロフィール

  • 本名 海老名 泰助(えびな たいすけ)
  • 生年月日 1970年12月11日
  • 年齢:47歳
  • 身長:166cm
  • 血液型:A型
  • 星座:いて座
  • 出身地:東京都台東区
  • 出身校:東京都立竹台高等学校→中央大学経済学部国際経済学科中退
  • 父親:林家三平
  • 母親:海老名香葉子
  • 趣味:映画鑑賞 釣り ゲーム チェロ
  • 特技:スノーモービル 琵琶 サックス 少林寺拳法

林家三平さんは、初代の林家三平と海老名香葉子の末子の次男として1970年12月11日に誕生しています。

ほ~、趣味に少林寺拳法とありますが、私も少林寺拳法三段位なので林家三平さんがどのぐらいの腕前なのか気になります。

前名の林家いっ平を名乗った後の2009年に初代の林家三平を襲名しています。初代の林家三平さんは「昭和の爆笑王」として大人気の落語家でしたね。

師匠は、かつての笑点メンバーだった、元気いっぱいの林家こん平さんなのです。

マルチな落語家さんで、芸能キャスターとしての活躍もおなじみですね。お父さんの初代林家三平さんよりも、かなりのイケメンかと…奥様の国分佐智子さんも、お綺麗ですね。なのにつまらなすぎるとは、いったいどういうことでしょうか…?

スポンサーリンク

林家三平がつまらなすぎる?笑点の回答が酷くて視聴率がヤバいって本当?

2020年2月現在の笑点の視聴率は大体15%前後だそうです。この数字はちょっと少ないかなぁと感じますね。

最近は私も笑点を、見る暇がなくなってしまったのと、ちょっとつまらなくなったかなぁ…と。

2016年5月にメンバーが一新する前は毎週のように見ていました。サザエさんのような感覚で笑点を見ないと一週間が終わった気がしないんですよね。なので、視聴率もそれなりに高いのかなぁと思っていましたが違ったみたいです…

で、ネットで調べてみると、出てきたのが、「林家三平がつまらなすぎる」というキーワードです。

2016年6月のネットニュースには、まず、春風亭昇太さんの司会ぶりについてふれていました。

前任の歌丸師匠と比べて…

「進行のテンポが早すぎる。」

「もともと毒舌キャラじゃないこともあり、確かに回答者へのイジリも少ない。」

「ポンポンと矢継ぎ早に当てていくスタイルと、以前の笑点のノリが違い過ぎて年配視聴者がついていけない。」

などのような世間の評判を伝えていました。「つまらない」と書かれていないのが救いです。

ちなみに、新たな大喜利の司会者は6代目の三遊亭円楽さんが有力候補だったのですが、自分が抜けると回答者がすごく軽くてくだらない、単なるバラエティになってつまなくなると、日本テレビの上層部に説得されたそうです。

さらに笑点の新メンバーの林家三平さんがつまらなすぎることに関して、最近のSNS上のコメントを見てみますと…

林家三平さんが、つまらないと手厳しいご意見もございます…

それから、最近の外出自粛を反映してか無観客状態になって、つまらなさが顕著になったという人もいらっしゃいまして…

さらに、過去をさかのぼって見てみますと…

「三平の嫁ネタはホント~につまらない!」

「最悪!まさに名前だけの人選でつまらなすぎる」

「つまらなすぎて、今後観なくなる理由の一つになるかも」

と、ネット上には、「つまらなすぎる」と、かなり手厳しい批判的な評判が多いことを伝えていました。

ネットに書き込まれるということは、高齢者よりも若い視聴者の声だということが考えらるので、今後の視聴者となる若者が笑点から離れてしまうのではないか?とも書かれていました。

初代の林家三平さんが、昭和の爆笑王と異名もつほどの面白い落語家さんだったので、ついつい比べてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

林家三平がつまらなすぎる?世間の評判と今後の視聴率

林家三平さんがつまらなすぎるかどうかは置いておいて…笑点の歴代視聴率を見てみますと…

  • 2016年5月29日 28.1%
  • 2009年11月1日 27.1%
  • 2010年3月7日 25.4%
  • 2006年2月12日 24.5%
  • 2003年2月16日 24.4%

調べたところでは、2016年の新体制以降は、あまりパッとしない状況だったみたいです。

2019年11月17日放送の平均視聴率が11・3%だったそうで…かなり悪い数字のような…

ところが、2020年3月1日放送の平均視聴率が16.5%と上昇したことから、回復傾向の兆しではないかとの報道がされていました。

で、現在の視聴率はといいますと、2021年3月7日放送の平均世帯視聴率が14.8%だそうです。

一週間前の視聴率は15.1%で、0.3ポイント減っておりますが、まずまずの水準をキープしているようです。。

ちなみに、林家三平さんが大喜利新メンバーとしてお披露目されて、林家たい平さんが「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーを務めることが公開された2016年5月29日に、最高視聴率の28.1%を出しています。

番組の若返りを図るため、春風亭昇太さんを司会者に抜擢した頃から視聴率が下がり傾向にあったので、今回のアップは大変喜ばしいことです。きっと、若くてかわいい嫁のせいだろうか…春風亭昇太の結婚した嫁がかわいい!画像や仕事と実家や自宅も豪華!

大喜利のメンバーがもようやく視聴率の皆さんと溶け込み始めたのではないでしょうか。

林家三平さんも「つまらなすぎる」と批判を浴びないように、今後の活躍も期待したいところです。

今回は、林家三平がつまらなすぎることに関して笑点の視聴率や世間の評判などをお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました