ホアキンフェニックスがジョーカーで減量したダイエット方法が凄すぎ!(画像)

アメリカの俳優ホアキンフェニックスさんが人気コミックキャラクター、バットマンの宿敵ジョーカーを演じる映画「ジョーカー」で大減量24㎏という超過酷なダイエットをしたことが話題になっています。

これまでのアメコミ原作の映画とはガラリと変えて心優しい青年が、なぜ悪のカリスマ・ジョーカーに生まれ変わったのかを人間のドラマとして映し出してます。

今回は映画の役作りで大減量24㎏という超過酷なダイエット法を行った理由と方法について語ってみたいと思います。

映画「ジョーカー」を観る楽しむ方法として心にお留ください。

ホアキンフェニックスがジョーカー役をするために減量する必要性はがあったのか?

都会の片隅でコメディアンを夢見て生きる孤独な男主人公、アーサー・フレック(ジョーカー)。

年老いた母親の面倒を見ながら、ピエロメイクの大道芸人で命を繋いていた彼は、驚くほどやせっぽっち!街のヤンキーたちにもいとも簡単に袋叩きにされてしまうほどの貧弱さ!

この役をホアキンフェニックスがやるには、どうしたって痩せなきゃできません。

ホアキンフェニックスにとって今回の「ジョーカー」は大きな挑戦とも言っていましたから、相当自分に変革をもたらし深く掘り下げる必要があったのでしょう。でなきゃ24㎏のダイエットなんて無理でしょうからね。

冷蔵庫の中身をすべて引きずり出して、中へと入っちゃうシーンなんかもアドリブらしいですから、もう感情というか魂が移入しちゃっているのではないでしょうかw

ご本人いわく

目の前に知らない世界が広がるのは、俳優冥利に尽きるね。映画を見る魅力もそこにあると思うから。そう考えれば、ジョーカーほど最高なキャラクターはいないよ。何て言えばいいんだろう? もう「驚きと興奮」という言葉に尽きるね。

だそうです。

こちらが大減量、ダイエット前とダイエット後の画像です。凄まじい俳優魂が伝わってきますよ、ほれ。

ホアキンフェニックスがジョーカー役で減量23㎏!過酷ダイエット法画像

ホアキンフェニックスがジョーカー役で減量した過酷なリンゴダイエット法とは

ホアキンフェニックスがジョーカー役を演じるために行ったダイエット法とは、何と!1日にリンゴ1個ダイエットです!って良く生命を維持できたものだと思いますよ…

スタッフはムチャな方法で痩せるのには反対で医師の管理下で段階的に痩せて欲しかったらしいのですがホアキンフェニックスは受け入れず1日にリンゴ1個というダイエットに挑戦したんだそうなのです。って正気ですか?と。

それでもドレッシング抜きのサラダを食べるときもあったらしいですけど、基本的にリンゴだけだったのそうです。これはもう自己責任ということで片付けるしかなかったみたいですね。まぁクランクインから逆算してこうするしかなかったのかも知れませんが…

スクリーンの中では、あばら骨が浮き出ていますからね、良くここまでホアキンが役作りのために減量(ダイエット)を行ったものだと感心します。

当然、医師の管理の元で行ったそうですが、24キロって人相が全く変わってしまいますね。普段のホアキンと全然違いますよ。でも減量してもやっぱりイケメンですね。

何度か同じ医師の管理下でダイエットと行っているそうですが、まさか大減量のダイエットが趣味じゃないでしょうねw ちなみに撮影後は体重を戻したそうですよ。

で、大減量ダイエットの期間ですが約4ヶ月だったそうです。4か月24キロってことは1ヶ月6㎏の減量ですが、週にすると1週間約1.5㎏ですよ。これねぇ、かなりキツですよ!

スポンサーリンク

ホアキンフェニックスは役にのめり込むタイプで有名だった

ホアキン・フェニックスといえば、役作りにのめり込むことで知られているので監督も不安だったらしいです。

自分自身を傷つけてしまうのではないかと思っていたそうです。

映画『ジョーカー』本予告【HD】2019年10月4日(金)公開

撮影時にはいろいろなダイエットにまつわる逸話があるらしいのですが、無理な減量ダイエットのおかげで筋肉がまったくない状態だったから体を張る演技をするときは不安で仕方がなかったそうです。

裏道でなにかを蹴るシーンでは足を痛めて、地面に倒れこんでしまった一幕も。なんと!そのシーンは映画にそのまま残してあるってさ、チェックしてみよう!なぜかと言うとケガをしたからワンテイクしか撮れなかったってことですw

さあ!皆さんもここまで役作りに徹した魅力あるジョーカー君を見に行こうではあーりませんか。

タイトルとURLをコピーしました